伊豆の艶歌師とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 伊豆の艶歌師の意味・解説 

伊豆の艶歌師

原題:
製作国:日本
製作年:1952
配給:松竹
スタッフ
監督:西河克己 ニシカワカツミ
製作:久保光三 クボコウゾウ
脚本:久保光三 クボコウゾウ
撮影:高村倉太郎 タカムラクラタロウ
音楽:木下忠司 キノシタタダシ
美術:逆井清一郎 
キャスト(役名
佐田啓二 サダケイジ (艶歌師潤)
幾野道子 イクノミチコ (芸者もとめ)
清水一郎 シミズイチロウ (スイバレの力)
太田恭二 オオタキョウジ (新吉)
鶴田六郎 ツルタロクロウ (ひろし)
久保幸江  (ゆみ子)
小林十九二 コバヤシトクジ (艶歌師親分
折田衣子 オリタキヌコ (美也子)
日夏紀子 ヒナツノリコ (飲屋の女
戸川美子 トガワヨシコ (飲屋の文江)
小園蓉子 コゾノヨウコ (飲屋蝶々
解説
新人起用と、添物級の中篇劇映画の製作をねらった所謂シスター映画第一陣。製作と脚本とは「夢多き頃」「早春二重奏」の久保光三監督は、原、澁谷中村の諸監督助手をつとめ、昨年天然色観光映画日本を見ましょう」を作った西河克己撮影同じく映画撮影に当たった高村倉太郎である。出演者主なものは、「本日休診」の佐田啓二、「紅扇」の幾野道子新人太田恭二折田衣子日夏紀子コロムビア鶴田六郎久保幸江ベテラン小林十九二清水一郎などである。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
伊豆温泉町を流す艶歌師たちの常宿春風という安宿彼等親分飛島経営だったが、実際はスイバレの力という男が縄張りをおさえて、横暴限りをつくしていた。力は土地の売っ子芸者もとめをつけまわしていたがもとめは同じ艶歌師の潤を愛していた。潤は力にたいして弱い仲間をかばってやって皆から親しまれていたが、殊に胸を冒されている相棒の新吉のことを心配していた。その新吉も、愛人江と妹美也子と一緒に住めるようになったが、潤を眼の敵にする力と最後対決を迫られたとき、新吉が重態の体でとび出し来て力を刺殺してしまった。それが新吉の潤への感謝の気持ちだった。新吉の死は、美也子や江には深い悲しみだったが、潤はもとめと新しい生活へ出発し、力のいない春風には明る空気がただようようになったのだった


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伊豆の艶歌師」の関連用語

伊豆の艶歌師のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



伊豆の艶歌師のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS