ヤオヨロズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ヤオヨロズの意味・解説 

やお‐よろず〔やほよろづ〕【八百万】

読み方:やおよろず

数の限りなく多いこと。多数。無数。


八百万

読み方:ヤオヨロズ(yaoyorozu

数が非常に多いこと


ヤオヨロズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/03 01:46 UTC 版)

ヤオヨロズ株式会社: YAOYOROZU CO.,LTD.)は、かつて存在した日本アニメ制作会社ジャストプロのアニメーション事業部[3]


注釈

  1. ^ 〜Rice will come again〜(2020年)から企画・原作が8millionに移行。

出典

  1. ^ 『けもフレ』が誕生の話と、つんく♂との驚愕の関係!?”. アニメイトタイムズ (2017年5月2日). 2017年12月28日閲覧。
  2. ^ 寺井禎浩 株式会社ジャストプロ”. Eight プロフィール. 2017年12月28日閲覧。
  3. ^ a b 声優養成機関 ジャストボイス部 - Just Production 株式会社 ジャスト プロ WEBSITE”. ジャストプロ (2017年5月16日). 2017年5月16日閲覧。
  4. ^ 福原慶匡 (2019年12月24日). “ヤオヨロズとジャストプロの関係について教えてください!”. Peing. 2019年12月29日閲覧。
  5. ^ 福原慶匡 (@fukuhara_ystd)の2014年1月15日のツイート
  6. ^ 第3回「CGWORLD AWARDS」の大賞ならびに各部門の最優秀賞を発表! 第3回の大賞に選ばれたのは......!?
  7. ^ @irodori7 (2017年12月28日). "こちらもウチの場合は受賞理由の通り、お客さんの起こした現象への賞と思っております。その上で、書いていただいた日本アニメのガラパゴス感やカモノハシ感は大好きなので、今回恐れ多い…と思う分はその探求を続ける事でお返ししたいです。ありがとうございます。". X(旧Twitter)より。 {{cite web}}: Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)
  8. ^ 解散公告、2020年(令和2年)4月1日付「官報」(号外第68号)89頁。
  9. ^ アニメスタジオのヤオヨロズが解散、8millionと統合…「ケムリクサ」や「けものフレンズ」など手掛ける【追記】”. Social Game Info (2020年4月1日). 2020年4月3日閲覧。


「ヤオヨロズ」の続きの解説一覧

ヤオヨロズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 08:40 UTC 版)

Only Sense Online -オンリーセンス・オンライン-」の記事における「ヤオヨロズ」の解説

ミカヅチ ギルド「ヤオヨロズ」を主宰する女性キャラクターさっぱりした性格棒使い呑兵衛女子力低くギルメンからも「カリスマはあっても色気がない」と評されている。 ラングレイ 生産職男性キャラクターオトナシ 生産職男性キャラクター

※この「ヤオヨロズ」の解説は、「Only Sense Online -オンリーセンス・オンライン-」の解説の一部です。
「ヤオヨロズ」を含む「Only Sense Online -オンリーセンス・オンライン-」の記事については、「Only Sense Online -オンリーセンス・オンライン-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヤオヨロズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヤオヨロズ」の関連用語

ヤオヨロズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤオヨロズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤオヨロズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのOnly Sense Online -オンリーセンス・オンライン- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS