スシ債とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > スシ債の意味・解説 

スシ債


ユーロ債

(スシ債 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 08:23 UTC 版)

ユーロ債(ユーロさい、Eurobond)とは、


注釈

  1. ^ 1992年11月までに協会の会員はイギリスのグローバル・マスター・リパーチャス・アグリーメント(GMRA)というレポ取引の基本契約書を利用できるようになっていた[22]。マルチディーラーシステムについて。ISMAの他13の証券会社が出資していたCoredealは、もともとユーロ債の取引システムを提供することをめざしていたが、方針を転換し、欧州諸国の国債も対象にふくめた[23]。2001-2年にCoredealはEuroMTSと合併してCoredealMTSとなった。EuroMTSというマルチディーラーシステムは、(LTCMがイタリア国債でレポ借入れをしていた)1998年にMTS Groupが設立した子会社で、欧州諸国のベンチマーク債をあつかっていた[23]。親会社のMTSは、欧米の主要金融機関が資本参加して、1988年イタリア大蔵省と共同で国債の売買システムを開発したが、通貨統合の準備が進む過程に成果を示しており、発行残高の巨額であるイタリア国債の利回りをドイツやフランスの国債利回りに収斂するように低下させた(コンバージェンス・プレイ)[23]
    2017年12月現在、MTS Groupの株主は次のとおり。ローマ信用共同組合(Banca di Credito Cooperativo di Roma)、ベルルスコーニのメディア銀行(Banca Mediolanum)、バリとソンドリオの庶民銀行、セラ銀行(Banca Sella Group)、バークレイズBNPパリバイタリア証券取引所、カリスプ・セネサ(Cassa di Risparmio di Cesena)、カリム銀行(Banca Carim)、シティバンクヨーロッパ、シティグループグローバルマーケッツ、コメルツ銀行クレディ・アグリコルクレディ・スイスドイツ銀行HSBCフランス、インテーザ・サンパオロJPモルガン証券、メリルリンチ国際銀行、ナティクシスソシエテ・ジェネラルUBS[24]
  2. ^ ソブリン危機が中心。ユーロ市場が傍流。以下は後者の実態。主にデリバティブのため時価会計が諸国で採用されていたが、それを前提に変動利付債を国債でヘッジできていた。そのヘッジ手段がソブリン危機により使えなくなり、ヘッジをデリバティブに頼ることとなった。ヘッジコストが惜しければ、それこそLIBORを不正操作するしかなかった。

出典

  1. ^ a b c d 菅原歩 「ユーロ債市場の形成とS・G・ウォーバーグ商会、1963-1968年(1)」 経済論叢 170(3), 251-264, 2002-09
  2. ^ 菅原歩 「ユーロ債市場の形成とS・G・ウォーバーグ商会、1963-1968年(2)」 経済論叢 171(1), 18-33, 2003-01
  3. ^ Chris O'Malley, Bonds without Borders: A History of the Eurobond Market, John Wiley & Sons, 2014, p.47.
  4. ^ 関下稔・奥田宏 『多国籍企業とドル体制』 有斐閣 1985年 21-24頁
  5. ^ International Banking, A Supplement to a Compendium of Papers Prepared for the Fine Study, Staff Report of the Committee on Banking, Currency and House of Representatives, May 1976, pp.79.
  6. ^ 奥田宏司 『ドル体制と国際通貨』 ミネルヴァ書房 1996年 17頁
  7. ^ International Banking, A Supplement to a Compendium of Papers Prepared for the Fine Study, Staff Report of the Committee on Banking, Currency and House of Representatives, May 1976, pp.174-175.
  8. ^ a b 神野光指郎 「1980年代における国際金融仲介ネットワークの再編」 福岡大学商学論叢 第48巻4号 2004年3月 513-555頁
  9. ^ D. C. Corner, D. C. Stafford, Open-end Investment Fund, Avalon Publishing, 1977, p.74.
  10. ^ Chris O'Malley, Bonds without Borders: A History of the Eurobond Market, John Wiley & Sons, 2014, p.43.
  11. ^ 島崎久彌 「円の国際的役割」 商経論叢 34(1), 1998年9月 表31
  12. ^ 神野光指郎 「グローバル・トレーディングと金融機関の国際競争(1) 発行市場の性格に規定されるユーロ債流通市場の構造」 福岡大学商学論叢 55(2/3), 69-113, 2010-12
  13. ^ a b c Masao Nakamura, Changing Corporate Governance Practices in China and Japan, Springer, 2008, p.131, Table 7.4 Ownership patterns: Japanese listed firms
  14. ^ a b c d e f g h 財界金融月報 第645巻 2006年1月 22-23頁 「非居住者ユーロ円債」
  15. ^ 盧群 『中国対外債務』 勁草書房 1996年 145頁
  16. ^ a b 伊藤元重 『ゼミナール国際経済入門』 日本経済新聞出版社 2005年 204頁
  17. ^ Ivan T. Berend and Tibor Iván Berend, From the Soviet Bloc to the European Union: The Economic and Social Transformation of Central and Eastern Europe Since 1973, Cambridge University Press, 2009, p.111.
  18. ^ Juan-Carlos Garcia, Alfredo M Viegas, Rodrigo Quintanilla, Latin American Eurobonds: The Quest for Relative Value, Salomon Brothers, 1993.
  19. ^ a b Inés Bustillo and Helvia Velloso, Bond markets for Latin American debt in the 1990s, UN, Santiago, Chile, November 2000, pp.13-14.
  20. ^ WSJ, "The Specter of Eurobond Default", April 22, 1999.
  21. ^ Chris O'Malley, Bonds without Borders: A History of the Eurobond Market, John Wiley & Sons, 2014, p.173.
  22. ^ Bonds without Borders: A History of the Eurobond Market, p.131.
  23. ^ a b c 落合大輔 「欧州でも本格化する債券の電子取引」 野村資本市場研究所 2000年
  24. ^ London Stock Exchange group, MTS Shareholders, December 2017
  25. ^ Alexander Davidson, How the Global Financial Markets Really Work: The Definitive Guide to Understanding International Investment and Money Flows, Kogan Page Publishers, 2009, p.65.
  26. ^ 林 冠汝 「2008年の世界金融危機以降の台湾と日本の経済・貿易関係の動向から 両国金融市場での交流・協力を見る」 表19 日本における外国債券の発行状況 2001年-2010年 1-8月 名城アジア研究 Vol.3 No.1 2012年3月
  27. ^ Fabio Bassan and Carlo D. Mottura, From Saviour to Guarantor: EU Member States’ Economic Intervention During the Financial Crisis, Springer, 2015, p.51.
  28. ^ Carlo Cottarelli and Martine Guerguil, Designing a European Fiscal Union: Lessons from the Experience of Fiscal Federations, Routledge, 2014, Table 6.2 Lending programs
  29. ^ ロイター ECBの無制限債券買い入れ、欧州司法裁法務官「条件付き合法」 2015年1月14日
  30. ^ OECD, United Nations Economic Commission for Africa, The Mutual Review of Development Effectiveness in Africa 2014 Promise and Performance: Promise and Performance, OECD Publishing, 2014, p.41.
  31. ^ TheAfricaReport, "IMF warns African countries over Eurobond borrowing", 21 October 2014, Retrieved 6 May 2018.
  32. ^ John W Harbeson,Donald Ro, Africa in World Politics: Constructing Political and Economic Order, Routledge, 2018, Table 3.1 Eurobond Issuance




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スシ債」の関連用語

スシ債のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スシ債のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーロ債 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS