エウブリデスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 外国人名の読み方 > エウブリデスの意味・解説 

エウブリデス


エウブリデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/15 04:53 UTC 版)

エウブリデスギリシア語: Εὑβουλίδης、紀元前4世紀ごろ)はミレトス出身のメガラ学派哲学者で、メガラのエウクレイデスの弟子である。様々なパラドックスを考案したことで知られている。


  1. ^ a b Diogenes Laërtius, ii. 108
  2. ^ Diogenes Laërtius, ii. 109; Athenaeus, vii.; Aristocles, in Eusebius Praeparatio Evangelica xv. 2.
  3. ^ Plutarch, Vit. X Orat.; Apuleius, Orat. de Mag.; Photius Bibliotheca
  4. ^ Diogenes Laërtius, vi. 20. ただしディオゲネスについての著作の作者として vi. 30 では詳細不明のエウブロス (Eubulus) が書かれており、混乱があるかもしれない。
  5. ^ Diogenes Laërtius, ii. 111
  6. ^ Aristotle, Sophistici Elenchi, 24, 25, 22.
  7. ^ Plato, Euthydemus
  8. ^ Aulus Gellius, xviii. 2. 9.
  9. ^ Seneca, Epistles, 45. 8.


「エウブリデス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エウブリデス」の関連用語

エウブリデスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホンドギツネ

地下の水路

ワインの瓶型

アカエイ

絞り包み

三瓶山

めじごて

放射性物質





エウブリデスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエウブリデス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS