アダプタータンパク質とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アダプタータンパク質の意味・解説 

アダプタータンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/30 23:30 UTC 版)

アダプタータンパク質:Adaptor Protein)とはシグナル伝達に関与するタンパク質の一種である。アダプター分子:Adaptor Molecule)とも呼ばれる。アダプタータンパク質自体は基本的に酵素活性を有していないが(一部例外あり)、他のタンパク質との結合に関与するドメインを複数有しており、SH2ドメインロイシンジッパーZnフィンガーなどの構造がその例である。アダプタータンパク質はこれらの構造を介してシグナル伝達分子と結合し、そのリクルートを行うと共に、受容体とシグナル伝達分子の会合を仲介する役割を持ち、チロシンキナーゼや酵素などのシグナル伝達分子を受容体の近くに集めることでシグナル伝達分子の活性化を促進させている。




「アダプタータンパク質」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アダプタータンパク質」の関連用語

アダプタータンパク質のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アダプタータンパク質のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアダプタータンパク質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS