とみくじとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > とみくじの意味・解説 

とみ‐くじ【富×籤】

番号入りや券などを販売し、抽籤(ちゅうせん)など偶然により当籤者決め賞金支払うくじ。江戸時代には、興行主番号入り富札(とみふだ)を売り別に用意した同じ番号木札を箱に入れ、期日に箱の小穴から錐(きり)で木札を突いて当たりを決め賞金支払った。主に寺社修復募集場合許可されて興行主となった。江戸では谷中感応寺湯島天神目黒不動のものを三富といった。富突き福富見徳


とみ‐くじ【富籤】

〔名〕 江戸時代から流行した一種賭博興行興行主富札売り出し、それと同数木札を箱に入れ、所定の日に、箱の小穴から錐(きり)で突き刺し当たり番号をきめ、規定賞金与えた。興行主売上額から、賞金総額必要経費差し引いたもの収得する。多く寺社興行許され修復財源とした。江戸では谷中感応寺湯島天神目黒不動の富が三富と称されて有名であり、京・大坂辺でも盛行した。古くは「富突」「富」などと呼ばれた。万人講

富籤〈東都歳事記〉の画像

落語千両富(1893)〈禽語楼小さん〉「昔は各所千人講鬮(トミクヂ)と云ふ物が流行しました


とみくじ 【富籤】

江戸時代寺社修理まかなうため許された籤で、富札を売って金を集め当り籤賞金出した。江戸谷中感応寺目黒不動滝泉寺)・湯島天神はとくに有名で、「江戸三富」といった。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とみくじ」の関連用語

とみくじのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とみくじのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS