さすればとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > さすればの意味・解説 

さ すれ ば [2] 【然すれば】

接続
そうであるから。だから。 「鎮台を焼払ふ。-曲者は床の下で焼死仕舞ふだらう/鉄仮面 涙香
それならば。 「計(たく)みには有ぬか、-此儘に捨置き難し鉄仮面 涙香

摩れば、擦れば

読み方:さすれば

ラ行五段活用動詞摩る」「擦る」の仮定形である「摩れ」「擦れ」に、接続助詞「ば」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さすれば」の関連用語

さすればのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さすればのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS