あぶりことは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > あぶりこの意味・解説 

あぶりこ 【焙り籠・炙り子】

竹や金網で作った目のあらい籠(かご)炭火の上をおおい,衣服を乾かしたり,暖めるのに用いる。あぶりかご。
餅などを焼く鉄製の網。

あぶりこ

あぶりこ いろりに置いて、餅などを焼くとき、昭和40年頃まで使用された。餅やきといえば網状のものが、現在ではよく使われるが、本器と同じ形のものが、山梨県長坂町から収集されている。農具や鋸などをつくる鍛冶職の人たちが、仕事の暇をみてつくり歳の市などで売ったという話しもある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あぶりこ」の関連用語

あぶりこのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あぶりこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2020 Weblio RSS