岡山県 人口

岡山県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/10 15:13 UTC 版)

人口

岡山県の人口は戦後一貫して増加を続け、2005年平成17年)には約195万人に達した。広島市に次いで中国地方第二の都市である岡山市(約70万人)や第三都市の倉敷市(約47万人)を擁している南部は人口増加が堅調だが、吉備高原や中国山地の山々に囲まれた地域では高齢化が進行し人口の減少が顕著になってきている。そのため、県全体では1990年(平成2年)頃から人口はほぼ横ばいであったが東日本大震災以降から移住者の増加で転入超過に転じ[12][13]、NPOが毎年発表している「田舎暮らし希望地域ランキング」にて岡山県が2012年度に2位[14]、2013年度に3位にもランクインしている[15]。これは、男女の初婚年齢が香川県とともに全国屈指の早さとなっている。

岡山県市町村人口増減率分布図(2005年度と2010年度国勢調査から算出)
増加
  0.0 - 2.49 %
減少
  0.0 - 2.5 %
  2.5 - 5.0 %
  5.0 - 7.5 %
  7.5 - 10.0 %
Demography33000.svg
岡山県と全国の年齢別人口分布(2005年) 岡山県の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 岡山県
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
岡山県(に相当する地域)の人口の推移
1970年 1,707,026人
1975年 1,814,305人
1980年 1,871,023人
1985年 1,916,906人
1990年 1,925,877人
1995年 1,950,750人
2000年 1,950,828人
2005年 1,957,264人
2010年 1,945,276人
2015年 1,921,525人
総務省統計局 国勢調査より
岡山県の市町村の人口、面積、人口密度(2017年5月1日)
※自治体の順番は、全国地方公共団体コードの順
市町村 人口 面積 人口密度
1 岡山市 720,837人 789.95km² 913人/km²
2 倉敷市 477,013人 355.63km² 1,341人/km²
3 津山市 102,042人 506.33km² 202人/km²
4 玉野市 59,574人 103.58km² 575人/km²
5 笠岡市 49,107人 136.39km² 360人/km²
6 井原市 40,489人 243.54km² 166人/km²
7 総社市 67,225人 211.90km² 317人/km²
8 高梁市 31,177人 546.99km² 57人/km²
9 新見市 29,759人 793.29km² 38人/km²
10 備前市 34,129人 258.14km² 132人/km²
11 瀬戸内市 36,609人 125.45km² 292人/km²
12 赤磐市 42,958人 209.36km² 205人/km²
13 真庭市 44,976人 828.53km² 54人/km²
14 美作市 27,122人 429.29km² 63人/km²
15 浅口市 33,796人 66.46km² 509人/km²
16 和気町 14,127人 144.21km² 98人/km²
17 早島町 12,258人 7.62km² 1,609人/km²
18 里庄町 11,011人 12.23km² 900人/km²
19 矢掛町 13,839人 90.62km² 153人/km²
20 新庄村 851人 67.11km² 13人/km²
21 鏡野町 12,504人 419.68km² 30人/km²
22 勝央町 11,056人 54.05km² 205人/km²
23 奈義町 5,884人 69.52km² 85人/km²
24 西粟倉村 1,437人 57.97km² 25人/km²
25 久米南町 4,739人 78.65km² 60人/km²
26 美咲町 13,954人 232.17km² 60人/km²
27 吉備中央町 11,666人 268.78km² 43人/km²



[ヘルプ]
  1. ^ 近代の児島湾干拓計画を策定したムルデル:農林水産省 http://www.maff.go.jp/j/nousin/sekkei/museum/m_izin/okayama_02/
  2. ^ 蒜山酪農農業協同組合 http://www.hiruraku.com/
  3. ^ 岡山県産業振興財団 | Facebook https://ja-jp.facebook.com/okayamazaidan/
  4. ^ 「おかやま新エネルギービジョン」の策定について - 岡山県 http://www.pref.okayama.jp/page/detail-98424.html
  5. ^ 大好き「晴れの国岡山」1岡山県のアウトライン(県の概況、シンボルなど)”. 岡山県総合政策局公聴公報課. 2011年7月14日閲覧。
  6. ^ a b 「晴れの国おかやま」が引き続き統計的に裏付けられました”. 岡山県総合政策局統計分析課 (2011年5月26日). 2016年1月30日閲覧。
  7. ^ 真庭市蒜山上長田(標高430m)では、1981年(昭和56年)2月28日に西日本(近畿以西)の平地における最低気温(−20.2℃)を記録したほか、2011年(平成23年)1月には最深積雪137cmを記録した。
  8. ^ 上長田(岡山県) 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値) - 気象庁
  9. ^ 吉備中央町:市町村紹介:工業団地紹介:やっぱり岡山!企業立地ガイド:岡山県産業労働部企業立地推進課を玉野市・倉敷市といった吉備高原を含まない自治体と比較。
  10. ^ 「昔から吉備高原と呼ばれている一角にあり、気候はやや内陸性で県南部と比較して冷涼な地域です。」- 吉備中央町ホームページ
  11. ^ 狩野久「吉備の国づくり」 藤井学・狩野久・竹林栄一・倉地克直・前田昌義『岡山県の歴史』山川出版社 2000年(平成12年) 10 - 11ページ
  12. ^ a b 震災以降、移住先として急浮上した岡山県とは?(上)
  13. ^ a b 震災以降、移住先として急浮上した岡山県とは?(下)
  14. ^ 2012年田舎暮らし希望地域ランキング公開
  15. ^ 2013年田舎暮らし希望地域ランキング公開
  16. ^ 岡山県財政構造改革プラン(素案),財政構造改革について - 岡山県ホームページ
  17. ^ 平成25年 農林水産統計より
  18. ^ a b c 県のプロフィール・統計(岡山県)
  19. ^ 岡山)基準地価、上昇は50地点 昨年より倍増
  20. ^ 分類は、『岡山企業年報』の掲載業種別。
  21. ^ 現・岡山県立高梁高等学校家政科。女学校の前身となる裁縫所においては1881年(明治14年)設立。高梁高校では裁縫所の設立年を創立年としている。なお同地に在する吉備国際大学を筆頭とする学校法人順正学園の運営各校は福西死後の新設校であるため直接の繋がりは無い事に注意。(設立時における間接的な繋がりはあるため、順正学園は福西を準学祖として扱っているが、それに関しては各校の項目を参照)
  22. ^ a b 『福西志計子と順正女学校 -山田方谷・留岡幸助・伊吹岩五郎との交友-』倉田和四生・著、吉備人出版・刊。2006年。ISBN 4-86069-143-1
  23. ^ 現在の山陽学園大学
  24. ^ 現在のノートルダム清心女子大学
  25. ^ ただし、一部地域では、兵庫県サンテレビがケーブルテレビで再送信されているため、事実上茨城県東京都を除く関東広域圏と全く同じになっている。
  26. ^ <飛翔 J元年ファジアーノ>(4)胎動 山陽新聞 2009年2月15日
  27. ^ 日本バレーボールリーグ機構. “チーム沿革”. 2014年6月17日閲覧。
  28. ^ 古くは、アムステルダムオリンピック1928年(昭和3年))の人見絹枝東京オリンピック1964年(昭和39年))の木原美知子などがいる。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岡山県」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

岡山県のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ED311

束石

10t水槽車

フェリーしらかば

マレット パター

高松和紙

ローズウッド

eKスポーツ


岡山県の温泉情報



岡山県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡山県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS