北海道中央バス 運賃形態

北海道中央バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/25 07:13 UTC 版)

運賃形態

各ターミナルでは乗車券を発売する

2014年(平成26年)4月1日現在[83][84][85]

  • 対キロ運賃初乗り:190円
  • 小樽市内均一区間:220円
  • 札幌市内特殊区間:1区210円、2区240円

札幌市内では札幌市交通局札幌市営地下鉄)との連絡運輸乗継割引)が設定されており、指定路線の指定駅最寄り停留所で乗り継ぐとバス運賃が20円、地下鉄運賃が60円(一部80円)割引となる[86]。バス事業者は札幌市に対し、利用者減少や燃料費高騰を理由にバス分の割引解消を申し入れている[87]

同じく札幌市内では「都心内100円バス」として、指定路線の指定区間で現金支払いに限り運賃を100円とする[88]。開始当初は札幌市が主体であったが各事業者主体となって継続している[89]

乗車カード

詳細は各記事を参照。

以下の磁気カード乗車券は2015年(平成27年)3月31日をもって使用終了となった[91][92]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 後志管内では、函館乗合自動車渡島檜山)や道南乗合自動車胆振日高)へ統合された事業者もあり、支庁区域と統合区域は必ずしも一致しない。
  2. ^ 『東急外史 顔に歴史あり』(沿線新聞社 1982年)第十二話によると、小佐野賢治が北海道交通社長の柴野安三郎と結託して、共同で買い占めにかかっていたとある。柴野は東急に加担したことを周囲から非難されて途中で持株を売却して買い占め戦から降りてしまい、この結果乗っ取り戦は東急側の失敗に終わった。小佐野は手持ちの中央バス株を五島に買い取り請求したが、拒否されたとある。
  3. ^ 『五十年史』 pp. 173 - 174では10社(1994年6月現在)だが、1996年4月と2007年4月に開始した2社を含めた。

出典

  1. ^ 事業所一覧”. 北海道中央バス. 2014年4月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 会社概要”. 北海道中央バス. 2014年4月2日閲覧。
  3. ^ 2013札幌証券取引所単独上場会社IR情報 (PDF)”. 札幌証券取引所. p. 25. 2014年4月2日閲覧。
  4. ^ a b 全国乗合バス事業者の基準適合車両導入状況 (PDF)”. 国土交通省. 2014年4月2日閲覧。
  5. ^ 『二十五年史』 pp. 17 - 18
  6. ^ 『二十五年史』 pp. 26 - 30
  7. ^ 『二十五年史』 p. 30
  8. ^ 『二十五年史』 pp. 36 - 37
  9. ^ 『二十五年史』 p. 68
  10. ^ a b c d 『二十五年史』 p. 67
  11. ^ 『二十五年史』 p. 66
  12. ^ 『二十五年史』 pp. 37 - 38
  13. ^ a b 『二十五年史』 p. 39
  14. ^ 『二十五年史』 p. 36
  15. ^ 『二十五年史』 pp. 40 - 41
  16. ^ a b 『二十五年史』 pp. 40 - 41
  17. ^ 北海道のバス事業の歴史 第4章 - 歴史的な大統合 地区別統合会社”. 北海道バス協会. 2012年3月6日閲覧。
  18. ^ 『二十五年史』 pp. 43 - 44
  19. ^ 『四十年史』 p. 50
  20. ^ 『二十五年史』 p. 45
  21. ^ 『二十五年史』 pp. 45 - 46
  22. ^ 『二十五年史』 p. 46
  23. ^ a b 『二十五年史』 p. 47
  24. ^ 『二十五年史』 p. 49
  25. ^ 『二十五年史』 pp. 49 - 50
  26. ^ 『二十五年史』 pp. 50 - 51
  27. ^ 『二十五年史』 p. 51
  28. ^ 『二十五年史』 pp. 51 - 52
  29. ^ 『二十五年史』 p. 52
  30. ^ 『二十五年史』 pp. 52 - 53
  31. ^ 『二十五年史』 p. 53
  32. ^ a b 『二十五年史』 p. 54
  33. ^ 『二十五年史』 pp. 75 - 80
  34. ^ 『二十五年史』 pp. 82 - 85
  35. ^ 『二十五年史』 p. 85
  36. ^ 『四十年史』 p. 84
  37. ^ 『五十年史』 p. 74
  38. ^ 『五十年史』 p. 75
  39. ^ 『五十年史』 pp. 75 - 76
  40. ^ 『五十年史』 p. 76
  41. ^ 『五十年史』 pp. 76 - 77
  42. ^ 『五十年史』 p. 77
  43. ^ 『五十年史』 p. 78
  44. ^ 『五十年史』 pp. 78 - 79
  45. ^ a b 『二十五年史』 p. 166
  46. ^ 『二十五年史』 p. 167
  47. ^ a b 『五十年史』 p. 80
  48. ^ 『二十五年史』 pp. 167 - 168
  49. ^ 『五十年史』 pp. 80 - 81
  50. ^ 『五十年史』 p. 88
  51. ^ 『二十五年史』 pp. 175 - 176
  52. ^ 『五十年史』 p. 89
  53. ^ 『五十年史』 pp. 94 - 95
  54. ^ 『五十年史』 p. 95
  55. ^ 『五十年史』 pp. 95 - 96
  56. ^ 『五十年史』 p. 102
  57. ^ a b 『五十年史』 p. 115
  58. ^ 『五十年史』 pp. 117 - 119
  59. ^ a b 『五十年史』 p. 497
  60. ^ 『五十年史』 p. 498
  61. ^ a b c 『五十年史』 p. 499
  62. ^ a b 『五十年史』 p. 500
  63. ^ a b 『五十年史』 p. 502
  64. ^ 『五十年史』 p. 507
  65. ^ 『五十年史』 p. 509
  66. ^ 『五十年史』 p. 513
  67. ^ a b c 『五十年史』 p. 514
  68. ^ 『五十年史』 pp. 523 - 524
  69. ^ 『五十年史』 p. 529
  70. ^ 主な災害”. 北海道新聞. 2012年3月6日閲覧。
  71. ^ 連結子会社の合併に関するお知らせ (PDF)”. 北海道中央バス(札幌証券取引所) (2004年1月16日). 2012年3月6日閲覧。
  72. ^ a b 札幌市におけるバスネットワークの変遷 (PDF)”. 札幌市 (2004年1月16日). 2012年3月6日閲覧。
  73. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 事業所一覧 - 北海道中央バス、2015年4月11日閲覧
  74. ^ 当社の機構改革並びに当社及び子会社役員の異動に関するお知らせ (PDF)”. 北海道中央バス(札幌証券取引所) (2014年3月31日). 2014年4月2日閲覧。
  75. ^ 当社の機構改革及び役員の異動に関するお知らせ (PDF)”. 北海道中央バス(札幌証券取引所) (2013年6月27日). 2014年4月2日閲覧。
  76. ^ 『二十五年史』 pp. 135 - 138
  77. ^ 『四十年史』 p. 234
  78. ^ 『四十年史』 pp. 234, 239
  79. ^ 『五十年史』 p. 172
  80. ^ 『五十年史』 pp. 113, 204 - 205
  81. ^ a b 『五十年史』 p. 173
  82. ^ イーグルライナー 5月7日から運行便数が変わります (PDF)”. 北海道中央バス. 2014年5月8日閲覧。
  83. ^ 消費税率引き上げに伴う乗合バス運賃改定の実施について (PDF)”. 北海道中央バス. 2014年4月2日閲覧。
  84. ^ バス運賃改定のお知らせ (PDF)”. 北海道中央バス. 2014年4月2日閲覧。
  85. ^ 一般乗合旅客自動車運送事業の運賃の上限変更認可申請 (PDF)”. 北海道運輸局 (2013年12月18日). 2014年4月2日閲覧。
  86. ^ 地下鉄とバスとの連絡運輸制度 (PDF)”. 札幌市. 2012年3月6日閲覧。
  87. ^ 乗継割引制度の見直しについて (PDF)”. 札幌市交通局 (2010年10月29日). 2012年3月6日閲覧。
  88. ^ 都心内100円バス”. 札幌市. 2012年3月6日閲覧。
  89. ^ 都心内100円バス(札幌市)実証実験の概要(平成13年9月〜12月) (PDF)”. 国土交通省. 2012年3月6日閲覧。
  90. ^ バス・市電でのSAPICAのサービス開始及びSAPICAエリアにおけるKitaca・Suica等の利用サービス開始について (PDF)”. 札幌ICカード協議会 (2013年3月14日). 2016年6月9日閲覧。
  91. ^ a b c 中央バスにおけるSAPICA利用可能エリアの拡大及び中央バスカード・買物回数券の廃止について (PDF)”. 北海道中央バス (2014年3月25日). 2016年6月9日閲覧。
  92. ^ a b 交通局からのお知らせ (PDF)”. 札幌市交通局. 2016年6月9日閲覧。
  93. ^ a b 『五十年史』 p. 496
  94. ^ 一般貸切旅客自動車運送事業における営業区域の弾力的な運用について (PDF)”. 北海道運輸局. 2016年6月30日閲覧。
  95. ^ 貸切バス会社一覧 (PDF)”. 北海道バス協会. 2012年3月6日閲覧。
  96. ^ 『五十年史』 p. 515
  97. ^ 『五十年史』 pp. 186 - 188
  98. ^ 『五十年史』 p. 188
  99. ^ 『五十年史』 pp. 188 - 189
  100. ^ 『五十年史』 p. 190
  101. ^ 『五十年史』 pp. 193 - 194
  102. ^ 『五十年史』 pp. 190 - 191
  103. ^ 『五十年史』 pp. 194 - 195
  104. ^ 『五十年史』 pp. 196 - 197
  105. ^ 『五十年史』 pp. 198 - 199
  106. ^ a b 『五十年史』 p. 200
  107. ^ 『五十年史』 pp. 200 - 202
  108. ^ 『五十年史』 pp. 202 - 204
  109. ^ a b 『五十年史』 p. 206
  110. ^ 『五十年史』 p. 205
  111. ^ 「2階建てバス」の引退について”. 北海道中央バス (2014年3月18日). 2014年4月2日閲覧。
  112. ^ 『五十年史』 pp. 205 - 206
  113. ^ 『五十年史』 pp. 408 - 409
  114. ^ 『五十年史』 p. 411
  115. ^ 『五十年史』 pp. 409, 413 - 414
  116. ^ 『五十年史』 pp. 409, 412 - 413
  117. ^ 『五十年史』 p. 414
  118. ^ 『五十年史』 pp. 414 - 415
  119. ^ 『五十年史』 p. 415
  120. ^ 『五十年史』 p. 408
  121. ^ 『五十年史』 p. 410
  122. ^ a b c 『五十年史』 p. 210
  123. ^ a b 『五十年史』 p. 211
  124. ^ 『五十年史』 pp. 223 - 227
  125. ^ 『四十年史』 pp. 347 - 348
  126. ^ 『五十年史』 p. 520
  127. ^ a b c d e f g グループ会社一覧 - 北海道中央バス、2015年4月11日閲覧







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

北海道中央バスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「北海道中央バス」の関連用語

北海道中央バスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アコム

ボーイング式747-400型

掃海艇「はつしま」型

ストライプビーズ

大谷光瑞

ミセス・マーロック

F1

PC-9801NS





北海道中央バスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北海道中央バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS