高島鞆之助とは?

高島鞆之助 たかしま とものすけ

高島鞆之助の肖像 その1
弘化元年11月9日大正5年1月11日 (1844~1916)

鹿児島生まれ。陸軍軍人。父は鹿児島藩士。藩校造士館に学ぶ。戊辰戦争従軍明治7年(1874)陸軍大佐任官西南戦争では別働第1旅団司令長官16年(1883)陸軍中将17年(1884)子爵24年(1891)第1次松方内閣陸相翌年枢密顧問官28年(1895)台湾副総督第2次伊藤内閣および第2次松方内閣で拓務相と陸相歴任32年(1899)、再び枢密顧問官となり終身その職にあった。

キーワード 陸軍軍人, 政治家

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

高島鞆之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/14 13:50 UTC 版)

高島 鞆之助(たかしま とものすけ、天保15年11月9日1844年12月18日) - 大正5年(1916年1月11日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人政治家。薩摩藩士・高島喜兵衛の四男。は昭光。階級は陸軍中将、位階は正二位、勲等は勲一等、爵位は子爵陸軍大臣拓殖務大臣枢密顧問官等を歴任した。また、現在の追手門学院小学校の前身である、大阪偕行社附属小学校の設立者でもある。当時の自宅は上智大学四谷キャンパスのクルトゥルハイム聖堂として現存。




  1. ^ 『官報』第7180号、明治40年6月7日。
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)16頁
  3. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  5. ^ 『官報』第2388号「叙任及辞令」1891年6月17日。
  6. ^ 『官報』第4022号・付録「辞令」1896年11月24日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 『官報』第1031号「叙任及辞令」1916年1月12日。


「高島鞆之助」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「高島鞆之助」の関連用語

高島鞆之助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

江頭安太郎

小山内薫

高山樗牛

浜口雄幸

中村秋香

徳川慶喜

松岡洋右

成島柳北





高島鞆之助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高島鞆之助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS