種田山頭火とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 種田山頭火の意味・解説 

たねださんとうか -さんとうくわ 【種田山頭火】 ○

(1882~1940) 俳人山口県生まれ本名,正一。早大中退。「層雲」に参加荻原井泉水門下出家托鉢生活をしながら自由律による句作をした。句集草木塔」,日記紀行文集「愚を守る」など。

たねださんとうか 【種田山頭火】

近代俳人本名正一。山口県出身早大中退荻原井泉水師事四四歳で禅僧となり、のち西日本行脚しながら独特の句を詠んだ。(一八八二~一九四〇)

種田山頭火

読み方たねだ さんとうか

俳人山口県生。名は正一。早大中退荻原井泉水師事し、俳誌層雲』に俳句発表した。のち尾崎放哉傾倒する。大正十三年仏門入り、庵を結び、また一笠一杖乞食行脚で各地遍歴し、禅味ある自由律の独自な句を残した。友人大山澄太によって遺稿集『愚を守る』『あの山越えて』が出された。昭和15年(1940)歿、58才。

種田山頭火

種田山頭火の俳句

あすはかへらうさくらちるちつてくる
あたたかい白い飯が在る
あるけばかつこういそげばかつこう
あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ
いちにち物いはず波音
うしろ姿の時雨てゆくか
うどん供へて母よ、わたしもいただきまする
おちついて死ねそうな草萌ゆる
けふは凩のはがき一枚
けふもいちにち誰も来なかつたほうたる
ここにかうしてわたしをおいてゐる冬夜
この道しかない春の雪ふる
しぐるるや死なないでゐる
ちんぽこもおそそも湧いてあふるる湯
てふてふうらうら天へ昇るか
てふてふひらひらいらかをこえた
どうしようもないわたしが歩いてゐる
ひとりきいてゐてきつつき
ふくろうはふくろうでわたしはわたしでねむれない
ふくろふはふくろふでわたしはわたしでねむれない
ふるさとの土の底から鉦たたき
へうへうとして水を味はふ
へそが汗ためてゐる
ほうたるこいこいふるさとにきた
ほととぎすあすはあの山こえて行かう
ほろほろ酔うて木の葉ふる
まつすぐな道でさみしい
やつぱり一人がよろしい雑草
やつぱり一人はさみしい枯草
よい道がよい建物へ、焼場です
わかれきた道がまつすぐ
ビルとビルとのすきまから見えて山の青さよ
分け入つても分け入つても青い山
分け入れば水音
咳がやまない背中をたたく手がない
夕立が洗つていつた茄子をもぐ
寝床まで月を入れ寝るとする
投げ出してまだ陽のある脚
捨てきれない荷物のおもさまへうしろ
春の雪ふる女はまことうつくしい
月かげのまんなかをもどる
月夜、あるだけの米をとぐ
朝湯こんこんあふれるまんなかのわたくし
木の葉散る歩きつめる
洗へば大根いよいよ白し
生死の中の雪ふりしきる
病めば梅ぼしのあかさ
石に腰を、墓であつたか
笠にとんぼをとまらせてあるく
笠へぽつとり椿だつた
 

種田山頭火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/17 19:59 UTC 版)

種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年明治15年)12月3日 - 1940年昭和15年)10月11日)は、戦前日本俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人。1925年に熊本市曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一


  1. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』 講談社、1988年、10頁。ISBN 978-4062038843
  2. ^ 光田伸幸 「山頭火年譜の第一項」『種田山頭火ノオト 第一号』 種田山頭火研究会発行、1981年。
  3. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』 講談社、1988年 ISBN 978-4062038843
  4. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』 講談社、1988年、18頁。ISBN 978-4062038843
  5. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』、19頁。
  6. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』、24頁。
  7. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』、31頁。
  8. ^ a b 村上護 『放浪の俳人 山頭火』、43頁。
  9. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』、39頁。
  10. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』、61、62頁。
  11. ^ 村上護 『放浪の俳人 山頭火』、81頁。
  12. ^ 『信州の肖像』 信州の肖像刊行会発行 2012年8月64頁
  13. ^ 『信州の肖像』 信州の肖像刊行会発行 2012年8月64頁 65頁
  14. ^ 尾崎放哉#作家論参照。
  15. ^ ある日、山頭火は九州の海浜の盛り場で酒に酔い、袖を引かれるまま売春宿に上がる。明け方に白粉くさい遊女の布団に寝ている自己の破戒の姿に気がついた彼は、早々に宿を出、強風の吹きすさぶ海浜の街道を辿りながら、この句を作った


「種田山頭火」の続きの解説一覧





種田山頭火と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

種田山頭火に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「種田山頭火」の関連用語

種田山頭火のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

無重力でおきる不思議な現象

コアマモ

中之島

桐紋二引両透図鍔

東山和紙

RF-4E

2000系

デオ800系





種田山頭火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの種田山頭火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS