木画とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 木画の意味・解説 

もく が -ぐわ [0] 【木画】

工芸品家具などの表面装飾法の一。木象眼用いて絵のように文様を表したもの。もくえ。

木画

読み方:モクガ(mokuga)

木絵ともいい、木象嵌一種


木画

名称: 木画
ふりがな もくが
芸能工芸区分 工芸技術
種別 木竹
選択年月日 1957.03.30(昭和32.03.30)
選択要件
備考
解説文:  木画【もくが】の技法は、奈良期の代表的木工品の加飾技術である。正倉院宝物紫檀木画双六局【したんもくがすごろくきょく】は、各種素材巧みに組合わせた木画の文様を、素地【そじ】全面にあしらった繊細華麗遺作である。奈良以降加飾の趣は簡素な美を求めて和様化し、舶載用材入手が困難となって、技法はしだい衰運傾き江戸期に入ると、僅かに琴や筝【そう】などの楽器装飾利用された。技法は、紫檀黒檀こくたん】、花櫚【かりん】、黄楊【つげ】、象牙、染角【そめつの】など、色や材質異な素材を、木口断面文様構成されるように棒状組合わせ、これを輪切りにして得た同一単位文様を、木工品の素地に嵌【は】め込むものである文様には、主として市松いちまつ】、矢筈【やはず】風の緻密な幾何文と、花鳥を表わした絵画文の二様がある。いわゆる小田原湯本細工称する寄木細工よせぎざいく】は、木画の系統を引く一技法考えられる
工芸技術のほかの用語一覧
手漉和紙(てすきわし):  程村紙  土佐典具帖紙
木竹工:  唐木技法  木画
染織:  かっぺた織  黄八丈  広瀬絣

木画

読み方:モッコク(mokkoku)

ツバキ科常緑高木園芸植物

学名 Ternstroemia gymnantheria





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「木画」の関連用語

木画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カランコエ・ツビフローラ

タスポニー

docomo SMART series P-09A

ブラックライト

グラシリス

大型化学車

FACOM 9450

ニシキリュウグウウミウシ





木画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS