富川の磨崖仏とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 大津歴史事典 > 富川の磨崖仏の意味・解説 

富川の磨崖仏

読み方とみかわのまがいぶつ

大石富川町山中の高さ30メートルはあろうかという大岩壁に刻まれる。阿弥陀三尊不動明王からなり鎌倉時代の作。中央の阿弥陀如来坐像は像高約6メートルあるが、その耳もとから鉱水流れているため「耳だれ不動」と呼ばれ、耳の病気効き目があるとされる市指定文化財

交通アクセス

JR石山駅から京阪バス大石方面行鹿跳橋下車、東へ徒歩40

富川の磨崖仏





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

富川の磨崖仏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

重ね石

義仲寺

野神祭り

瀬田廃寺

志賀の大仏

石山貝塚

香の里史料館

富川の磨崖仏





富川の磨崖仏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY

©2017 Weblio RSS