リリーフバルブとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > リリーフバルブの意味・解説 

リリーフバルブ

英語 relief valve

余剰燃料空気バイパスさせるために用いられるバルブ例えエンジン潤滑油圧を制御する場合、必要潤滑油量よりオイルポンプ吐出量大きく結果として油圧が高くなるので余剰エンジンオイルオイルパンにもどす。構造スプリングバルブ抑えて、油圧上昇するとスプリング力に抗してレリーフする。開弁圧はスプリング強さバルブの受圧面積で決定される。このほかにもラジエーター圧力キャップ燃料調圧弁もレリーフバルブの一種である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

リリーフバルブ

読み方:リリーフバルブ
【英】:relief valve

リリーフバルブとは、設定圧で自動的開き圧力下げ機能備えバルブ一種圧力開放することから「逃がし弁」、配管が過圧状態になることを避けるために設けることから「安全リリーフバルブ」とも呼ぶ。逆流防止構造をもつため逆止バルブ一種でもある。油空圧制御機器使用し、例え自動車駆動機器油圧系統などで使用されている。
■ 関連技術




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

リリーフバルブに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リリーフバルブ」の関連用語

リリーフバルブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




リリーフバルブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2014 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ

©2014 Weblio RSS