タスポニーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > 球技 > タスポニーの意味・解説 

タスポニー

歴史と沿革

タスポニーは、名古屋YMCAスタッフ山口栄三氏(1953~)が、米国リハビリスポンジボールスポーツ応用し、1981年考案したニュースポーツです。スポンジボールを使って素手テニスのように打ち合ったのがタスポニーの始まりです。考案いち早く普及組織として日本タスポニー普及協会(現日本タスポニー協会前身)が設立され、指導者養成講習会競技大会開催し、現在も日々継続発展努めています。

最近ではタスポニーボールでさまざまな運動を楽しむ、スポンジボールフィットネスの普及通じ健康体力づくりにも力を入れています。また、高齢者や子ども向けにはタスポニーに比べコートが狭くネット高め設定されたシルバータスポニーを考案し、老若男女楽しめるスポーツとして進化をしています。

1996年に第50全国レクリエーション大会の種目となり、名古屋市全国大会開催されました。その後全国スポーツ・レクリエーション祭フリー参加種目として、1998年岐阜県垂井町で、また2001年には三重県四日市市でタスポニー大会開催しました。2004年には、全国スポーツ・レクリエーション祭~ふくい~において、福井県上中町での開催予定されています。

現在、東海地区中心に全国で約1万人の愛好者がタスポニーを楽しんでいます。また日本タスポニー協会公認指導者150名が各地普及活動を展開しています。海外向けて1982年米国1988年韓国紹介。そして2000年にはタイ・バンコクでの普及講習会開催着々とタスポニーの普及活動を展開しています。


特徴

8m×4.11mのコート内で70cmのネットを挟んで、直径17cm、重さ約50gのスポンジボール素手テニスのように打ち合います。ドライブサーブ、カットサーブ、ボレースマッシュロブなど、迫力ある技を使うことができ、相対するプレーヤーとのラリー通して得点を競います。

タスポニーは
(1)スポンジボール使用のため安全
(2)広いスペースいらない
(3)簡単にゲーム楽しめる
(4)適度な運動量である
(5)道具少なくてできる(ラケット不要
(6)左右の手を使うのでバランスよい発達期待できる
などの特徴あります


競技方法・ルール

ボールをワンバウンドさせ、サーブ手首より先の手を使って相手サービスコート打球し、その後はやはり手首より先の左右の手使いワンバウンドかノーバウンドボール打ち合い得点を競います。

競技人数
得点

フォルト
オーバーネット打球ネット越え前に打つ
タッチ・ザ・ネット/ネット身体の一部触れ
ダブルタッチ/味方同士連続して打球する
ドリブル同一プレイヤーが2回連続ボール触れ
ホールディングボールをつかむ、ボールをすくう
ダブルハンド/両手ボール打球する
ビサインドハンド/手の平手の甲以外で打球する

ゲーム
1試合は3ゲーム制で2ゲーム先取制(ただし、得点数、ゲーム数は大会競技会内容性格に応じて柔軟的に対応して無理なく開催できます


参照リンク:

日本タスポニー協会
http://www.taspony.com/


タスポニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/11 23:59 UTC 版)

タスポニー(TASPONY)は、愛知県名古屋市で考案されたニュースポーツで、基本的なルールはテニスに似ている。テニスボールの代わりに直径17cm、重さ約50gのスポンジボールを手で打ち合う球技である。




「タスポニー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タスポニー」の関連用語

タスポニーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

合気道

水上スキー

武術太極拳

馬術

サイクルフィギュア

トスベースボール

ボッチャ

ローンボウルス





タスポニーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタスポニー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS