ショスタコビッチとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 作曲家 > ショスタコビッチの意味・解説 

ショスタコビッチ 【Dmitrii Dmitrievich Shostakovich】 ○

1906~1975ソ連作曲家社会主義リアリズム立場から再三批判を浴びたが,そのつど作風柔軟に対応させ,スターリン賞受賞した。一五の交響曲オラトリオ森の歌」など多数作品がある。

ショスタコビッチ

名前 Shostakovich

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/05 07:15 UTC 版)

(ショスタコビッチ から転送)

ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチロシア語: Ru-Dmitri Dmitrievich Shostakovich.ogg Дмитрий Дмитриевич Шостакович[ヘルプ/ファイル] ドミートリイ・ドミートリイェヴィチ・シャスタコーヴィチ; ラテン文字転写の例: Dmitrii Dmitrievich Shostakovich, 1906年9月25日ロシア暦9月12日) - 1975年8月9日)は、ソビエト連邦時代の作曲家交響曲弦楽四重奏曲が有名。


  1. ^ a b 音楽学者の千葉潤は、発表以来続いた『ショスタコーヴィチの証言』の真贋論争は現在では偽書でほぼ決着しているとの見解を示している。(千葉潤 『ショスタコーヴィチ』 音楽之友社、2005年。ISBN 4-276-22193-5 181 - 182頁。)
  2. ^ ローレル・フェイ 『ショスタコーヴィチ ある生涯』 アルファベータ、2005年(改訂新版)ISBN 978-4871985345 135頁。
  3. ^ イアン マクドナルド The new Shostakovich p73
  4. ^ エリザベス・ウイルソン『Shostakovich A LIFE Remembered』2006年、ISBN 978-0571220502 225頁。
  5. ^ ヨアヒム ブラン Double meaning of Jewish Element in Domitori Shostakovich1985 p68~80
  6. ^ ヨアヒム ブラン Double meaning of Jewish Element in Domitori Shostakovich1985 p68~80
  7. ^ ティモシー ジャクソン、Ho, Allan B. and Feofanov, (ed.): Shostakovich Reconsidered. Toccata Press 1998.251. ISBN 0-907689-56-6 p618
  8. ^ エリザベス・ウイルソン『Shostakovich A LIFE Remembered』2006年、ISBN 978-0571220502 267頁。
  9. ^ ヨアヒム ブラン Double meaning of Jewish Element in Domitori Shostakovich1985 p78


「ドミートリイ・ショスタコーヴィチ」の続きの解説一覧





ショスタコビッチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ショスタコビッチ」の関連用語

ショスタコビッチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ショスタコビッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドミートリイ・ショスタコーヴィチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS