キャプテン・キッドとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 漫画作品 き > キャプテン・キッドの意味・解説 

ウィリアム・キッド

(キャプテン・キッド から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/15 17:21 UTC 版)

ウィリアム・キッド

ウィリアム・キッドWilliam Kidd1645年?[1]/ 1655年ごろ[2] - 1701年5月23日[3])は、スコットランド生まれの私掠船海賊船の船長キャプテン・キッドの別名が広く知られている。

生涯

前半生

キッドが記録に現れ始めるのは、彼が50歳を越える頃である[4]

キッドは、スコットランドのグリーノック[注 1]長老派牧師の息子として生まれた[6][2]。彼は少年期をスコットランドで過ごしたあと、アメリカへ渡った[7]。アメリカに来た後の人生は分かっていないが、船乗りとして生活していた、もしくは、西インド諸島で非合法活動を行っていた物と思われる[8][注 2]

その後、彼はブリガンティン船ブレスト・ウィリアム号[注 3]を指揮して西インド諸島で私掠行為を行って名をはせていた[2]1691年、キッドはロバート・カリファド英語版[注 4]率いる反乱者たちによってアンティグアに置き去りにされた[2]

その出来事の後キッドは再び海に出ていき、アメリカ植民地を襲うフランス船を拿捕して、ニューヨーク植民地議会から表彰された上で特別褒賞として150ポンドを受け取った[14]。それによりキッドの名はニューヨーク外のアメリカ植民地などにも知れ渡っていった[14]。それから彼は、ニューヨーク市でセアラ・オートと言う美女と結婚した[2]。その後商人になった[15]

私掠船の船長として

アドヴェンチャー・ギャレー号の航路

1695年、キッドは私掠免許を得るための活動をするためにロンドンに向かった[15]。当時のアメリカ植民地は、イギリスの法律によって困窮していたため、インド洋などに略奪に向かう海賊たちを援助していた[16][注 5] 。植民地は、海賊たちが略奪してきた財宝などを売却する場所となり、北アメリカには海賊たちが集まった[17]。それらの行為についてはイギリス政府も関知していたが、世界各地で戦争をしていたため対処できる状態ではなかった[18]。その為、海賊退治を私掠船にまかせることにした[18]

海賊退治を任されたベロモント伯リチャード・コート[注 6]ジョン・サマーズ卿に紹介されたオーフォード伯エドマンド・ラッセルロムニ伯ヘンリー・シドニーシュルーズベリ公チャールズ・トールボット、ロンドンの大商人エドマンド・ハリソンなどと共に海賊退治の準備を行った[20]。ロンドンにいたベロモント伯は私掠船に必要となる船舶や船長などを探していたところキッドの知り合いのロバート・リヴィングストン大佐に出会った[21]。大佐は、ベロモント伯が私掠船長を探していることを知ると彼にキッドを紹介した[21]

そこでキッド自身に海賊たちについての詳しい知識があったため、ベラモント伯に政府の船の指揮官にするようにという提案を出してもらえた[22]。しかし理由は不明ながら、この提案は受け入れられなかった[22]。これを聞いたベラモント伯はキッドに船長を務めさせるために新しい船を自身の資金を使って建造し、委任状も自身で手に入れた[22]アドヴェンチャー・ギャレー号英語版[注 7]は、287トンの船体で、34門の大砲と150人の乗員を持つ船であった[24](キッド自身も、アドヴェンチャー・ギャレー号の建造費用6000ポンドの内600ポンドを支払っていた[25])。キッドは海賊を捕らえていいという権限と[注 8]、その過程で出会ったフランス船も拿捕していいという権限を手にいれた[27]

1696年3月1日、キッド船長の冒険号は、テムズ川近辺にてイギリス海軍の強制徴募を受けた[28]。これによりキッド船長たちは、19日間にわたってこの地に留められた[28]。1696年5月、プリムスを出発した[29]。大西洋でいくつかの小さな船を襲った後、彼はニューヨークに向かった[30]。この地で襲った船の略奪品を売却したり強制徴収によって削減された冒険号のクルーを補充したりした[30]9月7日にこの地を発った[30]

その後マデイラ島に行ってワインや必需品を、ボナヴィスタでは塩を、セントヤーゴ島では食糧を積み込んだ[31]。そして1696年9月、海賊たちの巣窟マダガスカルを目指した[32]。そして1697年2月、マダガスカルに到着した[31]。しかし海賊たちは略奪に出ていて島にはいなかったためにマラバー海岸に向かい、6月に到着したがここでも成果はなかった[31]

海賊として

その後、キッドは紅海のバブの小島(ペリム島)に到着して、海賊行為を行うことを乗組員に伝えた[33]。乗組員に反対者はいなかった[33]。キッドはイギリスとオランダの護衛艦に守られた船を発見して、それを襲った[34]。しかしキッドの船は護衛艦に勝てず撤退した[34][注 9]。その後海賊稼業を続けることにしたキッドは、マラバー海岸に行き小型船を襲ったがこの船は財宝を積んでいなかったためコーヒーと胡椒を略奪した後に船を解放した[34]

キッドはウィリアム・ムアという船員との間で口論となり、鉄で補強されたバケツでムアを殴りつけて、殺害した[36][37]。この事件を機にキッドは本格的に海賊行為を行っていくことになる[37]

1698年2月、キッドは総額71万ポンドの財宝を積んだケダー・マーチャント号英語版(Quedah Merchant)を発見し、略奪した[38]。キッドは、フランス国旗を揚げて接近した[39]

マダガスカルでの出来事

キッドはアドヴェンチャーギャレー号とケダー・マーチャント号を率いてサント・マリー島に到達する。この地で彼はかつてキッドの下で副船長として働いていたが、船を盗み海賊として活動しているロバート・カリファド(Robert Culliford)と彼が略奪したモカ号(Mocha Frigate)に出会う[40]。そこで彼らはボンブー酒英語版を飲み交わし、互いに物品を送りあった[41][注 10]本来海賊退治のために派遣されたキッドはこの地で海賊を助けてしまった[41]。しかしキッド船長自身はこの話を否定している[41]。彼によれば、彼はセント・メアリ島到着時にカリファド一味を発見したので、海賊退治のために彼らを拘束することを決めた[40]。キッドは乗員に船を捕らえるように指令を出したが、クルーたちはその命令を聞かなかった[40]。そこでキッド船長は乗組員たちにケダー・マーチァント号の略奪品を分け与えた[40]。しかし配当金を得た乗員のほとんどが謀反を起こし、カリファドに合流してしまった[40]。そして、18人の船員しかキッドの元に残らなかった[43]

追われるキッド船長

キッドは、喜望峰を回るための風を5か月間待った。損壊していたアドヴェンチャー・ギャリー号を破棄しケダー・マーチャント号に乗り換えカリブ海に向かった[44]。西インド諸島のアングイラ島で自分が「東インドの疫病神」と言われていることを知ったキッドは、ベラモントの手を借りようとした[44][45]。彼はベラモントに連絡が取れるまでセント・トマス島の宿屋に泊まろうとしたが、お尋ね者であることを理由に宿泊を拒否された[44]エスパニョラ島の南東部の海岸にある川でケダー・マーチャント号を破棄した[44]。船体が大きすぎて目立ってしまうからだった[44]。その代わり財宝の一郎はスループ船に移され、残りはキッドが安全な状況になるまで見張りを立てて置かれた[44]。国王は、喜望峰東部からソコトラ島コーモリン岬までの海域で行われた海賊行為に対しては、1699年4月末までに自首すれはどんな罪であろうとその罪を免除するという布告を出した[46]。だだし、キッドとエイヴリー英語版だけは例外だった[46]ロング・アイランドに到着したキッドは、ベラモントに会うためボストンに行った(この時ベラモントは、キッドを誘き寄せるため偽物の歓迎の手紙を書いた)[44]。ボストンに着いたキッドはベラモントに裏切られ逮捕された[47]1700年4月、キッドはイギリスに連行された[48]

裁判

縛り首になったキッド船長『海賊自身の書』より[49]

彼には自分の容疑をはらす機会は一度もなかったし、裁判が不利になるように検察や弁護側は行動した[50]。最終的に、彼は5つの海賊行為と殺人の罪で死刑となった[50]

遺体はタールを塗られ、散り散りにならないように鉄の輪をはめられた上で鉄の檻に入れられた[51]。海賊を志す者に対する警告としてテムズ川の絞首台に数年間放置された[52]。死後、彼を称えるバラッドが多数制作され、その一部は動画投稿サイトYouTubeで試聴可能である[53][54]

政争に巻き込まれた説

一般にはキッドは貴族らスポンサーを騙して出資を募り、それを元手に海賊行為を行っていたとされる。だが、ミュージアム・オブ・ロンドン・ドックランズで開催されている「海賊 キャプテン・キッド物語」では、キッドは富裕層の対立に巻き込まれたという見方を示している[55]。それによればキッドの怪しい事業はスポンサーの意思によるもので、それによって利益を脅かされると考えた東インド会社が裏で糸を引いてキッドを犯罪者に仕立て上げたという[56]。実際、キッドの裁判では彼の無実を示す証拠が紛失し、有利な証拠の提出が禁じられていた[57]

フィクションと財宝伝説

キッドは、逮捕される前にガーディナー島英語版に財宝を埋蔵した[58]。現在でもその島に財宝が埋蔵されているとする人もいるが、財宝はベラモントの部下によって発見されている[59][注 11]。前述のようにキッドの財宝は発見されているが、その財宝が人々の予想に反してたったの約1万ポンドほどの価値しかなかったので、当時の人々はまだ発見されていない財宝(最低でも5万ポンド分)がどこかにあるはずと推測した[62]。後にニューイングランドの入り江や小湾、アメリカの東海岸、西インド諸島の島々などが候補地とされ、隠し財宝の金額も増えていった[62]。さらに時代が下がると日本の南西諸島、アメリカの太平洋岸、フィリピンなどキッド自身が足を延ばしていない場所も隠し財宝の候補地に加えられた[62][注 12]

エドガー・アラン・ポーの『黄金虫』とロバート・ルイス・スティーヴンソンの『宝島』のうち前者は、キッドの財宝自体が登場し、後者に登場する「フリント船長の財宝」はキッドの財宝を想定した物と思われる[64]。米インディアナ大学のチームによって、ドミニカ共和国カタリナ島英語版近海で、クェダ・マーチャント号とみられる船が発見された[65]。そしてアドベンチャー・ギャリー号についても、サント・マリー島の近くの海底で財宝とともに発見したとバリー・クリフォード英語版が発表した[66]。しかしユネスコは後にこの主張を否定した[67]

日本トカラ列島に浮かぶ宝島も、キッドが財宝を隠したという言い伝えが残っている[68]


1983年コーク・グラハム英語版とリチャード・ナイトは、キャプテン・キッドの埋蔵財宝を探索しにベトナムフーコック島に行った。ナイトとグラハムらは捕らえられて、ベトナムの領土への不法入国で有罪となり、それぞれに10,000ドルの罰金が科された。罰金を支払うまでの11週間、彼らは収監されていた。[69] 

脚註

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 一説には、スコットランドの東部ダンディー ともいわれる[5]
  2. ^ アメリカでキッドは自身の出身地をイングランドだと称していた[9]
  3. ^ 「幸福なウィリアム号」と訳される[10]
  4. ^ 他表記:クリフォード[11]、カリフォード[12]。のちに彼はイギリス東インド会社所有の船舶の船長となった後、その船を奪ってからインド洋で海賊行為をするようになった[13]
  5. ^ 当時の植民地総督と海賊との関係性については海賊の黄金時代 #海賊周航カリブ海の海賊 (歴史) #私掠船などを参照。
  6. ^ 他表記:ベラモント伯[15]、リチャード・クート[15]。彼はニューヨーク、ニューイングランドなどの植民地の総督に選ばれた人物である[19]
  7. ^ 「冒険号」と訳される[23]
  8. ^ その委任状にはキャプテン・トマス・テュウ英語版ジョン・アイルランド英語版キャプテン・トマス・ウェーク英語版キャプテン・ウィリアム・メイズ英語版、その他の海賊たちを拿捕する権利を有する旨が記されていた[26]
  9. ^ キッドが襲撃した船の護衛を担っていたセプター号の船長エドワード・バーローの航海日誌には、キッドの船は船団の中央部を通って行ったこと、護衛船が強力だと分かったら攻撃をやめて逃げていったこと、その後キッドはインドへ向かったことなどが記されている[35]
  10. ^ クリフォードは、大量の高価な絹布を、キッドは、贈り物、2丁の銃、錨等をそれぞれ送り合った[42]
  11. ^ ちなみにこの財宝の一部はアン女王の命令によりグリニッジ病院の理事会に渡された[60][61]
  12. ^ キッド自身は、裁判中にガーディナー島以外の場所に財宝を隠したりはしていないと発言している[63]

出典

  1. ^ キッド【William Kidd】 とは2017年2月11日閲覧
  2. ^ a b c d e コーディングリ、(2000)、p313
  3. ^ 増田、(2006)、p118
  4. ^ 別枝、(1965)、p26
  5. ^ 別枝、(1965)、p27
  6. ^ ゴス、(2010)、p18
  7. ^ 別枝、(1965)、p27
  8. ^ 別枝、(1965)、p29
  9. ^ 別枝、(1965)、p27
  10. ^ 別枝、(1965)、p45
  11. ^ 別枝、(1965)、p45
  12. ^ ゴス、(2010)、p21
  13. ^ 別枝、(1965)、p54,p55
  14. ^ a b 別枝、(1965)、p46
  15. ^ a b c d コーディングリ、(2000)、p314
  16. ^ コーディングリ、(2000)、p295
  17. ^ 別枝、(1965)、p48,p52
  18. ^ a b 別枝、(1965)、p56
  19. ^ 別枝、(1965)、p57
  20. ^ 別枝、(1965)、p57,p58
  21. ^ a b 別枝、(1965)、p58,p59
  22. ^ a b c ジョンソン、(2012)、p138~p139
  23. ^ 別枝、(1965)、p67
  24. ^ コーディングリ、(2000)、p316~p317
  25. ^ コーディングリ、(2000)、p315
  26. ^ 別枝、(1965)、p68-p69
  27. ^ コーディングリ、(2000)、p314~318
  28. ^ a b 別枝、(1965)、p75-p77
  29. ^ ジョンソン、(2012)、p141
  30. ^ a b c 別枝、(1965)、p77-p79
  31. ^ a b c ジョンソン、(2012)、p142
  32. ^ コーディングリ、(2000)、p319
  33. ^ a b ジョンソン、(2012)、p143
  34. ^ a b c ジョンソン、(2012)、p144~p145
  35. ^ (ゴス、(2010)、p221~p224)
  36. ^ コーディングリ、(2000)、p320~p321
  37. ^ a b ゴス、(2010)、p20
  38. ^ コーディングリ、(2000)、p320~p321
  39. ^ ジョンソン、(2012)、p147
  40. ^ a b c d e コーディングリ、(2000)、p321
  41. ^ a b c 別枝、(1965)、p125~p127
  42. ^ 別枝、(1965)、p125~p127
  43. ^ コーディングリ、(2000)、p321~p322
  44. ^ a b c d e f g コーディングリ、(2000)、p322~323
  45. ^ ゴス、(2010)、p21
  46. ^ a b ジョンソン、(2012)、p149~150
  47. ^ コーディングリ、(2000)、p323
  48. ^ コーディングリ、(2000)、p324
  49. ^ マーカス・レディカー(著)、和田光弘・小島崇・森丈夫・笹井俊和(訳)『海賊たちの黄金時代:アトランティック・ヒストリーの世界』2014年8月、ミネルヴァ書房、p193
  50. ^ a b コーディングリ、(2000)、p324
  51. ^ コーディングリ、(2000)、p326
  52. ^ コーディングリ、(2000)、p326
  53. ^ ゴス、(2010)、p23
  54. ^ ゴス、(2010)、p239
  55. ^ CNN 2011.06.02「カリブの海賊の背後にエリート貴族」 2011年9月5日閲覧
  56. ^ CNN 2011.06.02「カリブの海賊の背後にエリート貴族」 2011年9月5日閲覧
  57. ^ CNN 2011.06.02「カリブの海賊の背後にエリート貴族」 2011年9月5日閲覧
  58. ^ コーディングリ、(2000)、p323~324
  59. ^ コーディングリ、(2000)、p323~324
  60. ^ コーディングリ、(2000)、p327
  61. ^ 別枝、(1965)、p190
  62. ^ a b c 別枝、(1965)、p13~16
  63. ^ 別枝、(1965)、p14
  64. ^ 別枝、(1965)、p19~21
  65. ^ CNN.co.jp : 海賊キャプテン・キッドの船、残がいを発見か?2017年4月5日閲覧
  66. ^ 海賊キャプテン・キッドの財宝発見か、マダガスカル沖 2015年5月8日配信 2015年5月12日閲覧
  67. ^ 「海賊キッドの沈没船と財宝ではない」ユネスコが否定2017年2月4日閲覧
  68. ^ 宝島について - 十島村役場HP
  69. ^ Branigin, William (1984年5月12日). “Tracking Captain Kidd's Treasure Puts Pair in Vietnamese Captivity”. The Washington Post 

参考文献

  • デイヴィッド・コーディングリ(編)、増田義郎、竹内和世(訳)『図説 海賊大全』東洋書林、2000年
  • チャールズ・ジョンソン(著)、朝比奈一郎(訳)『海賊列伝(下)』中央公論社、2012年
  • フィリップ・ゴス(著)、朝比奈一郎(訳)『海賊の世界史(下)』中央公論社、2010年
  • 増田義郎(著)『図説 海賊』河出書房新社、2006年
  • 別枝達夫(著)『キャプテン・キッド権力と海賊の奇妙な関係』中央公論社、1965年

関連項目


キャプテンキッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/06 01:50 UTC 版)

キャプテンキッド』は、宇野比呂士による日本漫画作品。『マガジンSPECIAL』(講談社)1990年No.5から1991年No.5まで連載後、『週刊少年マガジン』(同)に1991年7月24日号(31号)から1992年5月13日・5月20日合併号(21・22号)まで連載。その後、再び『マガジンSPECIAL』にて1992年No.10から1993年No.10まで連載した。コミック全12巻、ワイド版全10巻。宇野の長編連載の第1作目である。

あらすじ

ブラックライトニング(黒魔剣)と呼ばれる剣を所有する、キッドの愛称を持つ少年が主人公。古代アトランティスの兵器であるマーメイド砲を擁する父から譲り受けた愛船、ドレイク号を操り、仲間の女嫌いの男ジョーカーと、牧師でありながら海賊船に属する男と、父親時代から共に船に乗っていた乗組員達と共に繰り広げる冒険活劇。

ブラックライトニングと対照的な存在である、ドラゴンライトニング(光竜剣)と呼ばれる剣を所有する者と出会い、物語は更にアトランティスにまつわる方向へと進展する。

登場人物

ドレイク号クルー

キャプテンキッド(フランシス・ドレイク・ジュニア)
16歳。海賊船ゴールデン・ドレイクⅡ号の船長で黒魔剣(ブラック・ライトニング)の所有者。左目は失って眼帯をしており顔に大きな傷を持つ。ドレイクが漂流していた赤ん坊のキッドを救助して養子にした。
マリーナ・クレイトー・アトラス
15歳。人魚でアトランティス古王朝末裔の124代王女。秘宝の力で別人格が発現する時がある。
ジョーカー・バラード
17歳。キッドの右腕で元殺し屋。ククリに似たブーメラン剣を二刀流で使う。女性に対しアレルギーがあり、女性に触れると蕁麻疹が出る。イタリア出身。
ハリー・ライム(ハインリヒ・フォン・シュトロハイム)
18歳。牧師の服装をした賞金稼ぎで元貴族。武器はモーゼルM1896だが、長短一対の銀製の剣・聖剣クルセイダーズを上着の下に隠し持っており、剣の腕も立つ。キッドの養父であるキャプテン・ドレイクが父親を殺害した仇だと誤解していたが、殺害犯はドレイクを装った別人であることが判明し、キッドとも和解。キッド達を改心させると称して仲間になる。オーストリア出身。
黄 大仙(ウォン・タイシン)
26歳。香港系中国人でドレイク号メカニック。ケンブリッジ留学中にトラブルに巻き込まれ仲間になった。

ヴィスコンティ財閥

ジョナ・F・ヴィスコンティ大佐
ヴィスコンティ家13代目当主にして私設軍の司令官。アトランティス人の末裔を自称。キッドとは因縁の関係にある男で、光竜剣(ドラゴンライトニング)の所有者。最終決戦でその真の素性が明らかとなる。
ヴィスコンティ伯爵
ヴィスコンティ家先代当主で闇の貿易王。キッドを人質にしてドレイクを殺害しようとするがキッドに倒される。

海賊

キャプテンドレイク(フランシス・ドレイク)
キッドの養父である海賊。元海軍大佐。ヴィスコンティ伯爵の銃撃からキッドを庇って死亡(42歳)。
レッド・スタージェス
19歳。カリブ海賊。キッドに惚れているが時には敵対することもある。

その他

H・O・ロレンス
砂漠の民ペドウィンの族長(シャイフ)。黒魔剣と対になる黄金剣(黄金の牙:ゴールデンタスク)を持ち、巨大なライオンを従えている。初登場時はヴィスコンティの配下だった。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャプテン・キッド」の関連用語

キャプテン・キッドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

上腕骨

渡辺真弓

セプター

天竜奥三河国定公園

伊豆東部火山群

WX320T

PC-6601

4極 i.LINK端子





キャプテン・キッドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィリアム・キッド (改訂履歴)、キャプテンキッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS