カクテルドレスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > ドレス > カクテルドレスの意味・解説 

カクテルドレス [5] 【cocktail dress】

夕方集まりカクテル-パーティーにふさわしいドレスイブニング-ドレスより略式で,普通丈のものが多い。

カクテルドレス【カクテルドレス】(草花類)

登録番号 第5707号
登録年月日 1997年 7月 28日
農林水産植物の種類 シンビジウム
登録品種の名称及びその読み カクテルドレス
 よみ:カクテルドレス
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅 2002年 7月 29日
品種登録者の名称 松尾
品種登録者の住所 静岡県浜松市白洲町2984番地の1
登録品種の育成をした者の氏名 松尾
登録品種の植物体の特性の概要
 この品種は,購入した「いなさ」のメリクロン苗から発見した変異株であり,花はドーサルセパル及びラテラルセパルが紫ピンク単色ペタル中央リップ同様の浅黄色カルスを有し,ピンク白の地色赤紫斑点と穏紫ピンクのぼかしが入りリップ正三角形ピンク白の地色濃紫赤の斑点及び覆輪が入る中型種である。  型の大きさは中,草姿中間型である。開花球茎正面の形は卵形横断面の形は円形,高さは50mm程度長径は40mm程度である。全体の形は線形先端不等鋭先形,頂点角度は15~30°,先端は30~60°,巻き込み程度は無,長さは65cm程度,幅は20mm程度葉色は緑,葉数は7~9である。 1花茎の花数は11~20,花茎太さは6.5mm程度長さは50cm程度である。咲き型は部分抱え平咲き,横径は 60mm程度,縦径は50mm程度ドーサル・セパル正面の形は長楕円形ラテラル・セパル正面の形は湾曲線形ペタル正面の形は倒卵形である。リップ正面の形は正三角形先端の形は鋭形,横径は25mm程度,縦径は30mm程度周縁反転は小,波打ちは中である。全体的花色系,ドーサルセパル及びラテラルセパル内側花色は紫ピンクJHS カラーチャート9503)の単色ペタル内側花色ピンク白(同 9201)の地色赤紫(同9508)の斑点及び穏紫ピンク(同9712)のぼかしが入りリップ内側ピンク白(同9201)の地色濃紫赤(同9709)の斑点及び覆輪が入る。花の香りは無,開花期は冬である。
登録品種の育成経過概要
 この品種は,出願者が「いなさ」のメリクロン苗フラスコ購入して温室静岡県浜松市)で栽培し,平成2年開花株の中から花色異な個体発見し,以後増殖行いながら特性の調査行い4年にその特性を確認して育成完了したものである。  「いなさ」と比較して,ペタル正面の形が倒卵形であること,ペタル内側赤紫斑点及び穏紫ピンクのぼかしが入ること等で区別性が認められる



カクテルドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/19 08:31 UTC 版)

カクテルドレスは、カクテルパーティーや夕方のフォーマルな集いに着るドレスのことである。






「カクテルドレス」の続きの解説一覧





カクテルドレスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カクテルドレス」の関連用語

カクテルドレスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

前頭骨

デービー

キュロットペチコート

富士箱根伊豆国立公園

ムラサキミノウミウシ

ココヤシ

シュピオ

市町村防災無線システムの整備数





カクテルドレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカクテルドレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS