う歯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > > う歯の意味・解説 

う歯(うし)

虫歯のこと。

う蝕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/13 03:34 UTC 版)

(う歯 から転送)

う蝕(齲蝕・うしょく)とは、口腔内の細菌糖質から作ったによって、歯質が脱灰されて起こる、の実質欠損のことである。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕された歯は、う歯(一般的には虫歯)と呼ぶ。う蝕が進行して歯に穴ができていることが目に見えてわかる状態になった場合、その穴をう窩と呼ぶ。


  1. ^ Ole Fejerskov, Edwina Kidd 『デンタルカリエス原著第2版』 高橋信博、恵比須繁之訳、医歯薬出版、2013年、v。ISBN 978-4263444023
  2. ^ Ross et al., p. 453
  3. ^ British Nutrition Foundation
  4. ^ Bengt Olof Hansson, Dan Ericson 『Karies: sjukdom och hål』 Gothia Förlag AB、2008年。73頁。ISBN 978-91-7205-611-4
  5. ^ 平成11年歯科疾患実態調査の概要厚生労働省
  6. ^ 平成17年歯科疾患実態調査結果について (厚生労働省)
  7. ^ オゾンによるう蝕治療(2008 issue 1, -)Minds医療情報サービス
  8. ^ Burt Eklund Dentistry, dental practice and the community 1999 ISBN 978-0721673097
  9. ^ Coronal caries in the primary and permanent dentition of children and adolescents 1-17 years of age: United States 1988-1991. Journal of Dental Research 1996; 75(special issue) PMID 8594087
  10. ^ Edelstein The medical management of dental caries 1994 PMID 8294673
  11. ^ Vargas CM Sociodemographic distribution of pediatric dental caries: NHANES III, 1988−1994. J Am Dent Accos 1998 PMID 9766104
  12. ^ Pitts NB. Risk assessment and caries prediction. J Dent Assoc 1998;62; 762-70 PMID 9847880
  13. ^ 米国におけるう蝕の予防とコントロールのためのフッ化物応用に関する推奨 p.10 ISBN 978-4896051797 Recommendations for Using Fluoride to Prevent and Control Dental Caries in the United States
  14. ^ a b c d e Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases 2003
  15. ^ 『唾液-歯と口腔の健康』 医歯薬出版、1998年1月。ISBN 978-4263453889
  16. ^ Clarke NG, Fanning EA. "Plaque pH and calcium sucrose phosphate: a telemetric study" Aust Dent J 16(1), 1971 Feb, pp13-6. PMID 5279872
  17. ^ 小児と思春期のう蝕予防のためのフッ化物配合歯磨剤(2008 issue 1, -)Minds医療情報サービス
  18. ^ Fluoride and different vehicles to provide fluoridefor Prevention or Control of Dental Caries (マルメ大学)
  19. ^ 稲葉大輔、小松久憲 『初期う蝕のマネージメント-う蝕を進行させないために』クインテッセンス出版、2004年8月。ISBN 978-4874178140。16頁。
  20. ^ Comments on the WHO Draft Guideline: Sugars intake for adults and children 2014年、ロンドン大学名誉教授 WPT James氏ら
  21. ^ フッ素毒警告ネットワーク
  22. ^ 『フッ化物と口腔保健-WHOのフッ化物応用と口腔保健に関する新しい見解』高江洲義矩監修、1995年、ISBN 9784870781153
  23. ^ 「フッ素洗口で口腔・咽頭ガンなどの危険」『食品と暮らしの安全』2003年12月1日、通巻176号、p20
  24. ^ 発がん性評価Group3分類(国際がん研究機関)
  25. ^ sealant A.D.A.
  26. ^ 虫歯を劇的に減らす方法を調査せよ(特命リサーチ)日本テレビ
  27. ^ 東京予防歯科研究会
  28. ^ Moynihan, P. J.; Kelly, S. A. M. (2013). “Effect on Caries of Restricting Sugars Intake: Systematic Review to Inform WHO Guidelines”. Journal of Dental Research 93 (1): 8–18. doi:10.1177/0022034513508954. ISSN 0022-0345. 
  29. ^ WHO opens public consultation on draft sugars guideline (世界保健機関)
  30. ^ 米満正美、小林清吾、宮﨑秀夫、ほか 『新予防歯科学3版-上』 医歯薬出版、2003年11月。ISBN 978-4263455678。67頁。
  31. ^ Neff D. "Acid production from different carbohydrate sources in human plaque in situ." Caries Res. 1(1), 1967, pp78-87. PMID 5228899.
  32. ^ a b c ペル アクセルソン 『う蝕の診断とリスク予測:実践編』 クインテッセンス出版、2003年6月。71頁。ISBN 978-4874177709
  33. ^ ペル アクセルソン 『う蝕の診断とリスク予測:実践編』 クインテッセンス出版、2003年6月。91頁。ISBN 978-4874177709
  34. ^ Jensen ME, Wefel JS. "Effects of processed cheese on human plaque pH and demineralization and remineralization" Am J Dent 3(5), 1990 Oct, pp217-23. PMID 2076251
  35. ^ Kashket S, DePaola DP. "Cheese consumption and the development and progression of dental caries" Nutr Rev. 60(4), 2002 Apr, pp97-103. PMID 12002685
  36. ^ 『唾液-歯と口腔の健康』 医歯薬出版、1998年1月。ISBN 978-4263453889。104頁。
  37. ^ Edgar WM. "Sugar substitutes, chewing gum and dental caries-a review" Br Dent J 184(1), 1998 Jan 10, pp29-32. PMID 9479811.
  38. ^ ペル アクセルソン 『う蝕の診断とリスク予測:実践編』 クインテッセンス出版、2003年6月。ISBN 978-4874177709
  39. ^ 稲葉大輔、小松久憲 『初期う蝕のマネージメント-う蝕を進行させないために』クインテッセンス出版、2004年8月。ISBN 978-4874178140。15頁。
  40. ^ 健康日本21
  41. ^ European Academy of Paediatric Dentistry ヨーロッパ小児歯科医師会
  42. ^ American Dental Association アメリカ歯科医師会
  43. ^ 食べもの文化編集部『清涼飲料上手な飲み方選び方』芽ばえ社、2003年4月。ISBN 978-4895792677
  44. ^ 『唾液-歯と口腔の健康』 医歯薬出版、1998年1月。ISBN 978-4263453889。94-96頁。
  45. ^ a b 甲原玄秋、堀江弘 「清涼飲料水がおよぼす歯の脱灰作用」『千葉医学雑誌』77(3)、2001年6月1日、145-149頁。
  46. ^ 。西口栄子ほか 「清涼飲料水によるエナメル質の脱灰」『口腔衛生学会雑誌』45(3)、1995年7月30日、314-321頁。
  47. ^ トゥースフレンドリー協会
  48. ^ 姫野かつよ・竹内正敏『歯科臨床におけるガム徹底活用法』2015年。
  49. ^ a b c d e Epidemiology of Dental Caries U.I.C.
  50. ^ ベルンワード・W・ワインバーガー 『概説 ピエール・フォシャール 歯科外科医 近代歯科医学の端緒、最初の歯科医学書および200年前の歯科医に関する論述』 訳 高山直秀、時空出版、東京都文京区2015年11月15日(原著1941年)、50頁(日本語)。ISBN 978-4-88267-062-9NCID BB20208297
  51. ^ On the Bacterial Factor in the Ætiology of Dental Caries
  52. ^ 野生の動物も歯が命
  53. ^ カリンズ森林保護区におけるチンパンジーの歯周疾病







う歯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

う歯に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「う歯」の関連用語

う歯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

発表会

足の関節

唐草桜紋図鐔

AZワゴン Custom Style

高野山奥之院の杉と線香

Passat

西海国立公園

流し雛





う歯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2017 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのう蝕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS