21世紀 20世紀における21世紀像

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 21世紀の解説 > 20世紀における21世紀像 

21世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/30 17:58 UTC 版)

20世紀における21世紀像

La Sortie de l'opéra en l'an 2000 (1902)に描かれた空飛ぶ車。

20世紀半ばから後半における21世紀の未来像の定番要素に「テレビ電話」、「壁掛けテレビ」、「立体テレビ」、「電気自動車」、「自動運転車」、「エアカーなど個人用の空飛ぶ乗り物(空飛ぶクルマ)」、「(超高速鉄道としての)リニアモーターカー」、「丸みを帯びた独特なビルディングの形状や上空を通る透明のチューブ」、「宇宙旅行惑星間の移動、月面基地火星への移住、大規模な宇宙開発」、「海底都市」、「一家に一台のコンピュータ家庭用ロボット」などがあった。

21世紀は、20世紀においてはまさに"夢"の時代であった。しかし実際に21世紀に入ってみると、コンピュータと情報通信技術に関しては予想を超える爆発的な進化を遂げた一方、宇宙開発や交通分野ではかつての未来像の多くが未だに実現していない。産業革命以来の環境問題人口爆発・資源不足問題も部分的には改善されたが根本的解決の目処は立っていない。『綻びゆくアメリカ』で著者のジョージ・パッカーは、1973年以降を「明確な未来を描けなくなった時代」とし、2013年までに目覚ましいイノベーションが起こったのはコンピューターと金融の業界だけだったとしている[23]ピーター・ティール率いるファウンダーズ・ファンドは「空飛ぶ車を夢見ていたのに、手にしたのは140文字だ」というマニフェストで現状を表した[23]

21世紀初期における現状

本項目では2020年ごろまでの現状と展望を記述する。

コンピュータ・インターネット

21世紀初頭は、前世紀期末に引き続きIT関連のテクノロジーが高度化してきた時代である。従来からのパソコン携帯電話2010年代前半にフィーチャーフォンからスマートフォンに移行)に加え、2003年ごろからいわゆるデジタル三種の神器デジタルカメラDVDレコーダー薄型テレビ)をはじめ、デジタルメディアプレーヤーなどのデジタル家電機器が浸透した。こうして、2000年代後半においてコンピュータはすでに「一家に一台」から「一人一台」を超え、「一人多数台」のレベルへと移行するまでの普及を遂げた。これらは、「20世紀における21世紀像」を大きく上回る進化を遂げ、個々のコンピュータの性能も1980年代メインフレームを遥かに凌駕しており、情報通信技術による社会の変化は情報革命とも呼ばれる。

また現在においては狩猟社会(Society 1.0)農耕社会(Society 2.0)工業社会(Society 3.0)を超えて情報社会(Society 4.0)となっているほか、仮想空間現実空間を融合させ、広大なネットへのアクセスを可能にすることで、人類の身体的・時間的制約を解除するSociety 5.0とそのためのムーンショット計画を日本が提唱している。

コンピュータを常に身につけて利用するウェアラブルコンピューティングも、2000年代に携帯電話(スマートフォン)や携帯ゲーム機の普及により一般化した。ウェアラブルコンピューティングデバイスとして古くから構想されていたスマートウォッチヘッドマウントディスプレイ1990年代に既に商品化されていたが、本格的な普及が始まるのは2010年代後半に入ってからである。また同時期にはIoTM2M技術が浸透しはじめ、センサと無線接続機能を持つあらゆる製品がインターネットにつながり、相互に情報交換するようになるなど、ユビキタス社会の深化が進みつつある。家電製品や自動車などの組み込みシステムにはリッチなユーザインターフェースグラフィカルユーザインタフェース (GUI) や音声ユーザーインターフェース (VUI) )と無線ネットワーク機能(携帯電話回線への接続や無線PAN機能)が備えられ、スマートフォンなどと連携して動作するようにもなっている。

コンピュータの性能は集積回路の微細化(ムーアの法則)を主な原動力に急激に上昇しつづけてきたが、2000年代中頃から半導体産業はリーク電流の増大という量子力学的効果に起因する難問に直面した。集積回路を微細化しても以前ほどの高速化にはつながりにくくなり、コンピュータ技術はSIMDマルチコアなど、並列コンピューティングによる性能向上に舵を切った。またこの頃から回路の微細化が進んでも電力消費と発熱がそれに見合うほど減らなくなった(デナード則の崩壊)ため、回路上で同時稼働させることのできないエリアが増え(ダークシリコン問題)、ヘテロジニアス・コンピューティングや特定アプリケーションに特化した回路 (ASIC) の実装が重要になった[24]。さらに、2016年頃からは集積回路の微細化ペース自体も鈍化しはじめ、ムーアの法則に牽引された従来のコンピュータの性能向上パラダイムは終焉を迎えつつある[25]EUV露光、回路の多層化、3Dチップなどの新たな実装技術を駆使したとしても、2020年代中には集積回路の微細化が限界に達し従来のノイマン型コンピュータの性能向上が頭打ちになるとみられており、量子の性質を利用する量子コンピュータの普及も期待されている。

人工知能 (AI) の利用・応用は2010年代初頭までごく限られていたが、2012年以降のディープラーニングの普及によりその実用性が大幅に増し、IoTにより生成されるビッグデータの利活用(データマイニング)や、画像認識、画像処理・音声処理自然言語の処理意思決定支援自動運転車両など幅広い分野への応用が急激に進みつつある。

電話・移動通信

電話機はこれらをデザインした作品においても、固定端末であることが多かった。しかしすでに2000年代初頭、日本においては、多機能な携帯電話端末は子供や若者が個人用に保有するまでに普及し、「テレビ電話」も同時期に携帯電話や固定電話で実現されている。2000年代末にはiPhoneAndroidの登場を機に、タッチパネルによる直感的な操作性と、パソコン並みの柔軟な機能拡張性をそなえたスマートフォンの普及が一気に進んだ。

2010年代中ごろからは第4世代移動通信システム (4G) の普及によって大容量の通信が低コスト化し、固定回線同様の動画や音楽などの配信が携帯端末でも実用化した。将来的には第5世代移動通信システム (5G)(あるいはその先の第6世代移動通信システム (6G))への移行に伴いさらに高速化・大容量化・低遅延化などが見込まれ、これまでの携帯端末などにおける移動通信用途にとどまらず、IoTや自動運転車両、遠隔医療ロボット支援手術など様々な用途での活用も期待されている。

テレビ・ディスプレイ

テレビの形状も2000年代には、液晶テレビプラズマテレビの普及により薄型テレビが主流になり、従来のブラウン管型から完全に移り変わった。専用の器具を使えば当然、壁に掛けることも可能である。曲げることが可能な有機ELディスプレイも21世紀に実用化された。

また、2010年代に入り4K8Kなどの高解像度化や、120Hzや240Hzなどのリフレッシュレートの向上が進んでいる。また、両眼視差ホログラム技術などによる立体描写可能な3Dテレビ3DディスプレイVRデバイスも開発されている。

照明

21世紀に入ってから、地球温暖化防止・環境保護の観点から消費電力が多く短寿命である白熱電球の使用が控えられるようになり、消費電力が相対的に低い電球型蛍光灯LED照明への置き換えが進んだ。LED照明は当初は誘導灯や常夜灯など比較的低照度の用途での利用が主であったが、2000年代末から一般照明用光源としての普及が始まり、2010年代中ごろには一般用照明の主流となった。今後は有機EL照明の登場・普及も予想されている。

メディアの電子化

20世紀末までに、ほとんどの映像メディアが電子化され、21世紀に入ってからはデジタルカメラやカメラ付き携帯電話の普及により、写真の電子化が急激に進んだ。

2000年代以降、ニュースなどの情報新聞社や個人によってインターネット配信されており、徐々に新聞離れ・雑誌離れが起きている。漫画や小説、その他の出版物のネット配信もされているが、2000年代までは紙の本を置き換えるほどには活用されていなかった。しかし、2010年代に入ると直感的な操作ができるタッチパネルを搭載した端末や、表示中に電力を消費しない電子ペーパーを搭載した端末が注目を集め、出版物のインターネット配信が急激に広がった。2017年には電子版の漫画単行本の売り上げが紙媒体の売り上げを上回り、出版界でも電子化の進展が目覚ましい。

エネルギー・環境

エネルギー分野では、省エネルギーの取り組みと並行して太陽光発電シェールガスなどの非在来型資源の開発が進み、新興国でのモータリゼーションの進行にもかかわらず、石油の戦略性は20世紀と比べ相対的に減少している。

化石燃料の使用による二酸化炭素などの温室効果ガスの世界的な排出増大が続いており、代替エネルギーの開発は前世紀に引き続き重要な問題である。温室効果ガス排出抑制と2003年ごろからの原油価格の高騰に対処するため、世界各国で2006年ごろから脱原発の目標を見直し原子力発電所の新設に舵を切るなど「原子力ルネサンス」と言われる動きが生じていたが、2011年福島第一原子力発電所事故で脱原発が再びブームとなった。しかし、2022年ロシアによるウクライナ侵攻で生じたエネルギー問題により再び原子力が注目されており、右往左往な状態が続いている。

究極のエネルギー技術とされる核融合炉の実用化の目処はまだ立っていないものの、2025年に運用開始が予定される国際熱核融合実験炉ITERの建設と並行して、IFMIFなどの関連技術の開発が進められている。

2020年時点ではまだ(生産活動などで排出される温室効果ガスと森林などに吸収される分が釣り合っていることを示す)「カーボンニュートラル」実現には程遠い。EU、アメリカ合衆国、日本は2050年までのカーボンニュートラル達成を掲げており、再生可能エネルギーである太陽光発電、風力発電などの普及は目覚ましいものがあるが、太陽光、風力とも変動型電源であることから大容量の蓄電設備の整備は欠かせず、スマートグリッド技術を応用した電力供給体制の整備が急がれている。

自動車

21世紀初頭の20年間の日本や欧州の自動車メーカーは、1997年に採択された京都議定書などで温室効果ガス排出の抑制が求められるようになったことに加え、特に2004年から2008年にかけての原油価格の高騰の後押しもあって、低公害型内燃機関自動車の開発にしのぎを削った。日本では軽自動車などの燃費重視型低排気量車両ハイブリッドカーが主流となった。

欧州各国では低公害ディーゼル車やダウンサイズターボを採用したガソリン車へのシフトが進んでいたが、2016年フォルクスワーゲンのディーゼル排出ガス不正問題が発覚し、他メーカーも含めてディーゼル乗用車の販売が激減した。この事件と、カーボンニュートラル達成のために温室効果ガスの排出のさらなる抑制が求められたことを機に、自動車業界は従来の化石燃料を燃料とする内燃機関による駆動から、マイルドハイブリッドプラグインハイブリッド車(PHV)を経て、蓄電池式の電気自動車燃料電池車への転換を目指す「電動化」に舵を切ることになった。EUは3035年までに内燃機関車(ガソリン、ディーゼル車だけでなく、低公害車とされるLPG自動車プラグインハイブリッドカーを含む)の発売禁止を打ち出した。アメリカ合衆国も、2030年までに新車販売の半数を水素自動車などを含むゼロエミッション車にする方針を打ち出している。

情報化の波は自動車も例外でなく、21世紀初頭において乗用車にはカーナビゲーションテレマティクスの装備が一般化した。さらに、高知能自動車(スマートカー)の開発が進み、「高度道路交通システム」(ITS) と連動して、車間距離を保ったり、道路交通情報がリアルタイムで取得可能になるような技術開発が進められた。自動車の自動運転システムについても2010年代に入り開発が活発化しており、自動運転車の「レベル1」「レベル2」に当たる衝突被害軽減ブレーキアダプティブクルーズコントロールの搭載は既に一般化、 自動駐車の搭載も広がりつつある。日本では2021年11月以降に販売される新型車は衝突被害軽減ブレーキの搭載が義務化されるなど、先進国で販売される自動車は先進安全装備の搭載が常識化しつつある。

航空機

eVTOL (ボロコプター2X)

無人航空機は軍事分野を先頭に普及した。前世紀末までは偵察機や標的機としての利用に限られたが、2001年から始まった対テロ戦争には無人攻撃機(UCAV)が実戦投入され、無人機が人間を殺害する時代が到来した。民生分野でも、2010年代にはドローンビジネスとして、土木や観光、警備救難、運送など無人機が幅広い分野で活用されるようになった。

電動化の波は空の乗り物も例外ではなく、電動航空機の開発が活発化してきており、マルチコプター技術などを活用した「有人ドローン」(Passenger drone)や「空飛ぶクルマ」(Flying car)と称されるeVTOLの実用化に向けたプロジェクトが各地で立ち上がっている。しかし、浮上は地上走行に比べて原理的に非効率であり、eVTOLによるエアタクシーが実用化されてもニーズは限られるとする指摘もある[26]。また、航空機の電動化はヘリコプターリージョナルジェットなどの小型機に限られ、それもガスタービンエンジンなどと組み合わせたハイブリッド方式が主流であろうと予想されており、長距離の空の旅はジェット機が主流という状況は当面揺るがないであろうと考えられている[27]

環境と安全性が重視される世相に合わなくなった超音速旅客機であるコンコルドは2003年に終航を迎え、かつて現実のものであった超音速での空の旅は再び「夢」となってしまった。このためソニックブームが少ない超音速旅客機の研究開発が進められている[28]

鉄道

旅客鉄道は、20世紀末より都市部を中心にホームドア自動運転の普及が徐々に進んでいる。非電化鉄道では自動車のハイブリッド技術をフィードバックしたハイブリッドカーが実用化されたほか、実用的な蓄電池式車両が登場し、非電化区間に「電車」を走らせることも可能となった。

貨物鉄道は、エネルギー効率に優れ温室効果ガスの排出が少ない輸送手段であるが、日本における鉄道貨物は20世紀末にトラックとの競争に敗れシェアが激減、トラック運転手の負担軽減やモーダルシフトが叫ばれる中でも回復していない。物流業界は低炭素社会への対応のため、トラックの電動化と並行して、旅客列車での荷物輸送も含めた鉄道輸送の活用を模索している。

高速鉄道は、フランスのTGVは既に1993年に営業最高速度を300km/hに引き上げており、2007年には営業運転速度ではないが鉄輪式鉄道の世界速度記録、574.8km/hを記録した。この速度はすでにリニアモーターカーの最高速度の領域である。日本でも1997年新幹線500系電車の登場により山陽新幹線で300km/h運転を始めている。

2000年代には上海トランスラピッドが運行を開始し、中速交通ではHSST愛知高速交通東部丘陵線で採用)で磁気浮上式リニアモーターカーの営業運転が始まったが、21世紀前半時点では東アジアに数路線程度に留まる。超電導磁気浮上式リニアモーターカーについては、JR東海2027年以降をめどに超電導リニアによる東京名古屋間の営業運転開始を目指す(リニア中央新幹線)。また、新技術としてハイパーループが研究されている。

街並み・建築

世界的には20世紀後期にハイテク建築ポストモダン建築など新奇なデザインへの試みが精力的になされた。21世紀に入ってからは設計にコンピューターを駆使 (CAM) した脱構築主義建築なども登場した。中国やシンガポール、中東を中心に現代建築が各地で建てられ、アジア新興国の中心部では現代建築が林立する景観が見られる。

21世紀に入ってからの建築技術の進歩としては、先述のCAMのほか、CLTの使用により、木造の高層建築が登場していることが特筆される。また、前世紀末からの流れではあるが、特に住宅建築は省エネルギー化の要請により気密性能の強化、断熱構造の高度化が進んだ。1980年代以降、寒冷地から複層ガラスや樹脂サッシ、高性能な断熱材が徐々に広がり、2010年代頃から温暖な地域でも一般化しつつある。気密性の強化により新築住宅では24時間自動換気が標準化(日本では2003年に義務化)し、極寒の地でも、暖房なしでも過ごせるパッシブハウスも現れた。

日本の街並みは全国的には20世紀末期以降から劇的な変化は無いが、家庭の気密化と商業施設の高層化が進み、都市部においては中高層のオフィスビルタワーマンション、現代建築も都市再開発とともに林立するようになった。

宇宙開発

宇宙開発の分野は、20世紀のフィクションと比べて著しく遅れている。これは、冷戦下における超大国同士の競争として莫大な資金をつぎ込まれていた宇宙開発が、米ソ両国の財政状況により1970年代以降鈍化し、冷戦の終結とともに停滞したことや、宇宙速度を振り切って大量の資材を搬送するという宇宙開発の原理的困難が解決される見通しがついていないことが要因に挙げられる。

21世紀に入りアメリカ航空宇宙局 (NASA) は、ブッシュ大統領の宇宙政策に基づき、2020年までに再度月面の有人探査を行い、その後に火星の有人探査も実現するという「コンステレーション計画」を発表したが、計画の遅れや予算の圧迫などを理由に中止となった。この計画では月面基地の建設も構想されていた。一方で、オバマ大統領2030年代半ばの実現に向けた有人火星探査計画を2010年に発表している。月より遠距離に到達可能な新型ロケット2025年までの開発、小惑星の有人探査に続き、2030年代の火星軌道への到達、そして有人火星探査を実現するというものである。その後、次の政権に就いたトランプ大統領は月面開発を足がかりにして火星への有人探査を目指す新たな方針を2017年に表明しており[29]、NASAも2024年までに再び月面への有人着陸を目指す「アルテミス計画」を2019年に発表している[30][31][32](2021年11月時点で有人月面着陸計画は、2025年以降に遅れる見込み[33])。

アメリカ合衆国以外では、中国が月面での有人探査と基地建設を目指している[34]他、ロシア欧州宇宙機関 (ESA) でも有人火星探査計画が構想されている。

宇宙旅行については、ヴァージン・ギャラクティックスペースXなど複数の民間企業が企画・研究開発しており、ヴァージン・ギャラクティックは日本円で1席約5000万円とかなりの高額ではあるが、宇宙旅行チケットを販売している。


  1. ^ 国連による『世界人口予測』 (World Population Prospects) の2022年版では、世界人口が90億人に達するのは2037年と予測されている(中位値)[21]
  2. ^ 国連による『世界人口予測』 (World Population Prospects) の2022年版では、世界人口が100億人に達するのは2058年と予測されているが、その後は増加のペースが鈍化して2086年に約104億人でピークとなり、2100年まで同水準を維持すると予測されている(いずれも中位値)[19][22]
  3. ^ 実際のカブスは、奇しくも映画内の日付と同じ日にリーグ戦の敗退が決まり、映画の再現とはならなかった。
  4. ^ ユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテインメントは2015年10月、実際に『ジョーズ19』のトレーラー映像を制作しYouTube上で公開した。
  1. ^ Moghadam, Assaf (2008). The Globalization of Martyrdom: Al Qaeda, Salafi Jihad, and the Diffusion of Suicide Attacks. Johns Hopkins University. p. 48. ISBN 978-0-8018-9055-0 
  2. ^ Livesey, Bruce (2005年1月25日). “Special Reports – The Salafist Movement: Al Qaeda's New Front”. PBS Frontline. WGBH educational foundation. 2021年5月12日閲覧。Geltzer, Joshua A. (2011). US Counter-Terrorism Strategy and al-Qaeda: Signalling and the Terrorist World-View (Reprint ed.). Routledge. p. 83. ISBN 978-0415664523 
  3. ^ Wright (2006), p. 79.
  4. ^ WHO「緊急事態」を宣言 医療のぜい弱な国への感染拡大懸念(NHKニュース〈NHKオンライン〉 2020年1月31日付、同日閲覧)
  5. ^ 米軍アフガニスタン撤退完了 米最長20年の戦争終結もなお米国人100人残留、協力者ら含めると6万人 東京新聞 (2021年8月31日)
  6. ^ 2013年の自然科学部門のノーベル賞 物理学賞(MSN産経ニュース/産経新聞 2013年10月21日付)[リンク切れ]
  7. ^ フランス、今夏の熱波による死者約1500人  写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
  8. ^ 人口推計(平成21年10月1日現在)1.人口の動向”. 総務省. 2011年4月3日閲覧。 表1 総人口及び日本人人口の推移(平成14年〜21年)を参照。
  9. ^ 新型コロナの感染者 世界全体で6億人超える 最多はアメリカ”. NHKニュース (2022年8月27日). 2022年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月29日閲覧。
  10. ^ 世界のコロナ感染者、累計6億人を突破…日本は国別で10番目の約1800万人”. 読売新聞オンライン (2022年8月27日). 2022年8月29日閲覧。
  11. ^ 新型コロナ 世界の死者数600万人超 WHO「感染対策の徹底を」”. NHKニュース (2022年3月7日). 2022年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月13日閲覧。
  12. ^ 極大期でも低調な太陽活動:長期的活動低下も?WIRED 2013年9月18日)
  13. ^ 太陽活動に異常―黒点や磁極反転に異例の現象ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2013年11月12日)
  14. ^ Sentry: Earth Impact Monitoring: 99942 Apophis (2004 MN4) -- Earth Impact Risk Summary - NASA Jet Propulsion Laboratory (JPL), 2020年11月3日閲覧.
  15. ^ Sentry: Earth Impact Monitoring: 2000 SG344 -- Earth Impact Risk Summary - NASA Jet Propulsion Laboratory (JPL), 2020年11月3日閲覧.
  16. ^ 日本放送協会 (2024年3月29日). “JR東海 リニア中央新幹線の2027年開業断念へ 静岡県着工認めず | NHK”. NHKニュース. 2024年4月1日閲覧。
  17. ^ 財団法人高度情報科学技術研究機構の試算による(海面上昇の現状と予測 (01-08-05-11))。
  18. ^ 今世紀末の平均気温、3度上昇…気象庁予測読売新聞 2013年3月16日[リンク切れ]
  19. ^ a b c d e f 世界人口は今年11月に80億人に:国連が「世界人口推計2022年版」を発表国連人口基金駐日事務所 2022年7月12日、2022年8月7日閲覧)
  20. ^ a b c 図録▽世界と主要国の将来人口推計(社会実情データ図録 2022年8月7日閲覧)
  21. ^ 578. 国連「世界人口予測2022」~2022年11月15日 80億人到達と予測~(国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 2022年7月13日、2022年8月7日閲覧)
  22. ^ 世界の人口増1%割れ 戦後成長の支え、転機に(日本経済新聞 2022年7月12日、2022年8月7日閲覧)
  23. ^ a b 松島倫明 (2017年6月10日). “ピーター・ティールがトランプ支持の本当の意味——テクノロジーが政治を飲み込み始めた”. www.businessinsider.jp. 2021年5月11日閲覧。
  24. ^ モバイルSoCにおけるダークシリコンの呪縛 PC Watch(2012年 7月 26日)2021年1月6日閲覧
  25. ^ 「ムーアの法則は終わった」、NVIDIAのCEOが言及 EEtimes Japan(2017年6月5日)2017年6月5日閲覧
  26. ^ 正しい利用で、空飛ぶクルマが環境に優しい乗り物に(Asahi Kasei AUTOMOTIVE)
  27. ^ 航空機の電動化、ハイブリッドが当面主流に 特集・ロールスロイス スタインCTOに聞く(後編)(Aviation Wire、2019年5月)
  28. ^ 超音速旅客機、JAXAやIHIなど開発 2030年想定 米ボーイングなどと(日本経済新聞 2021年6月16日)
  29. ^ 月を足がかりに火星へ有人探査 大統領令に署名、中国意識「リーダーであり続ける」(産経ニュース 2017年12月12日)
  30. ^ NASA、初の女性飛行士の月面着陸目指す 24年までに(CNN.co.jp 2019年5月14日)
  31. ^ 2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」をNASAが発表、史上初となる女性の月面到達も目指す(GIGAZINE 2019年5月15日)
  32. ^ NASA、有人月面着陸計画「アルテミス」のスケジュール発表(AFPBB News 2019年5月24日)
  33. ^ NASA「アルテミス計画」有人月面着陸は2025年以降に、新型コロナや訴訟も影響 - sorae (2021年11月13日)
  34. ^ 中国、月面基地を「10年以内に」建設へ(AFPBB News 2019年4月25日)
  35. ^ a b 「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で描かれた2015年10月21日が到来 映画と現実の違いは?”. HUFFPOST (2015年10月20日). 2018年9月6日閲覧。
  36. ^ カブスが108年ぶりの世界シリーズ優勝 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の予言とニアミスだとファン歓喜”. ねとらぼ (2016年11月3日). 2018年9月6日閲覧。
  37. ^ スチュアート・カウリー チャールズ・ヘリッジ 『スターライナーズ 23世紀に活躍する宇宙船』 旺文社、1981年、10,28頁。NCID BN06788919
  38. ^ 喜多川信『空飛ぶ卵の右舷砲』小学館、2018年、10,11,52頁。ISBN 978-4-09-451743-9 
  39. ^ 鷹見一幸『宇宙軍士官学校―前哨― 3』早川書房、2013年、277,283-285頁。ISBN 978-4-15-031108-7 
  40. ^ 鷹見一幸『宇宙軍士官学校―前哨― 5』早川書房、2014年、7-111頁。ISBN 978-4-15-031161-2 
  41. ^ ロバート・F・ヤング『ジョナサンと宇宙クジラ』早川書房、2006年、90-92,96頁。ISBN 978-4-15-011584-5 
  42. ^ 小松左京『虚無回廊I』角川春樹事務所、2000年、14,34,75-105頁。ISBN 978-4-89456-690-3 
  43. ^ Rotating cylinders and the possibility of global causality violation - NASA Astrophysics Data System(英語)。2018年3月16日閲覧。
  44. ^ a b 谷甲州『航空宇宙軍史 終わりなき索敵〔下〕』早川書房、1996年、348頁。ISBN 978-4-15-030570-3 
  45. ^ 谷甲州『航空宇宙軍史 エリヌス―戒厳令―』早川書房、1988年、447頁。ISBN 978-4-15-030281-8 
  46. ^ 林譲治『ウロボロスの波動』早川書房、2005年、7,8,16頁。ISBN 978-4-15-030815-5 
  47. ^ 柳内たくみ『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1. 接触編〈上〉』アルファポリス、2013年、5-10頁。ISBN 978-4-434-17474-2 
  48. ^ 山田正紀『神狩り2 リッパー』徳間書店、2010年、12-16,55-69頁。ISBN 978-4-19-893177-3 
  49. ^ 日下一郎『妹戦機デバイシス』PHP研究所、2013年、16,17,51,59,60,254頁。ISBN 978-4-569-67943-3 
  50. ^ 妹戦記デバイシス - PHP研究所公式サイト。2020年8月16日閲覧。
  51. ^ 眉村卓他『SF未来戦記 全艦発進せよ!』徳間書店、1986年、381-383頁。ISBN 978-4-19-578034-3 
  52. ^ 石黒耀『死都日本』講談社、2008年、15,76,126-200頁。ISBN 978-4-06-276195-6 
  53. ^ BANDAI SPIRITS ホビー事業部 @HobbySite (2019年5月8日). ""30 MINUTES MISSIONS"コーナーでは、巨大なアルトの立像が皆様をお出迎え! 初公開となる新商品展示のほか、様々な作例の展示を用意してお待ちしております。". X(旧Twitter)より2020年7月4日閲覧
  54. ^ 『30 MINUTES MISSIONS COMPLETION』ホビージャパン、2021年、7頁。ISBN 978-4-7986-2320-7 
  55. ^ 『THE 宇宙大戦争』パッケージ ディースリー・パブリッシャー、2005年、裏面。
  56. ^ SIMPLE2000シリーズ Vol.78 THE 宇宙大戦争 - ディースリー・パブリッシャー公式サイト。2018年3月16日閲覧。
  57. ^ 『SCITEX』カタログ トミー、1986年、13,14頁。
  58. ^ 世界観 - 『ソラヒメ ACE VIRGIN -銀翼の戦闘姫-』公式サイト。2018年3月20日閲覧。
  59. ^ 『ソラヒメ~ACE VIRGIN~ -銀翼の戦闘姫-』 オープニングムービー - YouTube(ソラヒメ公式チャンネル)。2016年12月13年、2018年3月20日閲覧。
  60. ^ 『地球解放軍ジアース』取扱説明書 ティーアンドイーソフト、1992年、2頁。
  61. ^ 『SUPER E.D.F.』取扱説明書 ジャレコ、1991年、2,3頁。
  62. ^ World[世界観] - 『デスクトップアーミー』公式サイト。2015年11月24日、2020年6月21日閲覧。
  63. ^ 朱川湊人『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』光文社、2013年、255-258頁。ISBN 978-4-334-76663-4 
  64. ^ 眉村卓『幻影の構成』早川書房、1973年、12,18-25,180-193,208,209頁。ISBN 978-4-15-030004-3 
  65. ^ 大槻ケンヂ『ステーシーズ 少女再殺全談』角川書店、2008年、27頁。ISBN 978-4-04-184717-6 
  66. ^ 野尻抱介『ふわふわの泉』早川書房、2012年、7,181-190頁。ISBN 978-4-15-031074-5 
  67. ^ PCエンジン版『ヘビー・ユニット』取扱説明書 タイトー、1989年、3,4,9頁。
  68. ^ 岩本隆雄『星虫』朝日ソノラマ、2000年、16-19,383頁。ISBN 978-4-257-76907-1 
  69. ^ 鷹見一幸『再就職先は宇宙海賊』早川書房、2018年、7-12頁。ISBN 978-4-15-031324-1 
  70. ^ 谷甲州『パンドラ 1』早川書房、2007年、32,57-80,108,235-299,314-321頁。ISBN 978-4-15-030907-7 
  71. ^ 谷甲州『パンドラ 2』早川書房、2007年、22,27-31,47-49,58-62,335-337頁。ISBN 978-4-15-030908-4 
  72. ^ 谷甲州『パンドラ 3』早川書房、2007年、25-36,40-44頁。ISBN 978-4-15-030909-1 
  73. ^ チャールズ・ストロス『シンギュラリティ・スカイ』早川書房、2006年、211-213頁。ISBN 978-4-15-011567-8 
  74. ^ チャールズ・ストロス『アイアン・サンライズ』早川書房、2006年、90-93頁。ISBN 978-4-15-011593-7 
  75. ^ グレッグ・イーガン『ディアスポラ』早川書房、2005年、216-220,485,486頁。ISBN 978-4-15-011531-9 
  76. ^ ラリイ・ニーヴン『ノウンスペース・シリーズ 太陽系辺境空域』早川書房、1979年、140頁。ISBN 978-4-15-010348-4 
  77. ^ ラリイ・ニーヴン『ノウンスペース・シリーズ 地球からの贈り物』早川書房、1979年、9,10頁。ISBN 978-4-15-010359-0 
  78. ^ ラリイ・ニーヴン『ノウンスペース・シリーズ 中性子星』早川書房、1980年、269,270頁。ISBN 978-4-15-010400-9 
  79. ^ メガドライブ版『サイオブレード』取扱説明書 シグマ商事、1990年、5頁。
  80. ^ 堀晃『バビロニア・ウェーブ』東京創元社、2007年、31-33,41-46,88頁。ISBN 978-4-488-72201-2 
  81. ^ Interstellar Vehicle Propelled By Terrestrial Laser Beam - NASA Astrophysics Data System(英語)。2016年10月27日閲覧。
  82. ^ 豊田有恒『遥かなり幻の星』角川書店、1981年、156-162,166-169,176頁。ISBN 978-4-04-137723-9 
  83. ^ 編集 電撃ゲーム書籍編集部『アリス・ギア・アイギス オフィシャル設定資料集』KADOKAWA、2020年、18,444頁。ISBN 978-4-04-912723-2 
  84. ^ 『メガブラスト』チラシ タイトー、1989年、裏面。
  85. ^ 世界SF全集 31 世界のSF(短篇集)古典篇』 早川書房、1971年、341-372頁。全国書誌番号:75009564
  86. ^ アーサー・C・クラークフレデリック・ポール『最終定理』早川書房、2013年、117-119,311-314,427-473,487-491頁。ISBN 978-4-15-011894-5 
  87. ^ 川又千秋『創星記〔上〕』早川書房、1989年、27,30,48,49,62-66頁。ISBN 978-4-15-030290-0 
  88. ^ 川又千秋『創星記〔下〕』早川書房、1989年、170,171頁。ISBN 978-4-15-030291-7 
  89. ^ 大江健三郎『治療塔』講談社、2008年、8,24-30,50-57,219-231頁。ISBN 978-4-06-275981-6 
  90. ^ 小松左京『継ぐのは誰か?』角川春樹事務所、1998年、46,47,59,68-75,89-101,212-226,249,255-263,267-271,282-310,333-335頁。ISBN 978-4-89456-381-0 
  91. ^ 星野之宣『2001夜物語【1】』双葉社、1995年、64,74-85,98,161-195,205,257頁。ISBN 978-4-575-72030-3 
  92. ^ 星野之宣『2001夜物語【2】』双葉社、1995年、4-32,59,60,136,137頁。ISBN 978-4-575-72031-0 
  93. ^ 星野之宣『2001夜物語【3】』双葉社、1995年、221頁。ISBN 978-4-575-72032-7 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「21世紀」の関連用語

21世紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



21世紀のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの21世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS