地球温暖化 用語

地球温暖化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/09 00:45 UTC 版)

用語

1980年代以前は、温室効果ガスの増加による温暖化効果が、大気汚染に含まれる空気中の微粒子による冷却効果よりも強いかどうかが不明であったため、科学者たちは、気候に対する人為的な影響を指すために、不注意による気候変動という用語を使用していた[37]

1980年代には、地球温暖化と気候変動という用語がより一般的になった。この2つの用語は互換的に使われることもあるが[37]、科学的には、地球温暖化は地表の温暖化の増加のみを指し、気候変動は地球の気候システムの変化の総体を表す[37]。地球温暖化(Global Warming)は1975年には使われていたが[38]、NASAの気候科学者であるジェームズ・ハンセンが1988年の米国上院での証言で使用した後、より一般的な用語となった[39]

様々な科学者、政治家、メディアは現在、気候変動について話すために気候危機や気候緊急事態という言葉を使い、異常気象による気候変動の代わりに地球温暖化という言葉を使う[40]

現在の状況

世界の年平均気温偏差の経年変化(1891~2020年)[41]

地球表面の大気海洋の平均温度は「地球の平均気温」または「地上平均気温」と呼ばれ、地球全体の気候の変化を表す指標として用いられており、19世紀から始まった科学的な気温の観測をもとに統計が取られている。地球の平均気温は1906年から2005年の100年間で0.74(誤差は±0.18°C)上昇しており、長期的に上昇傾向にある事は「疑う余地が無い」と評価されている[42][43]。上昇のペースは20世紀後半以降、加速する傾向が観測されている[42]。これに起因すると見られる、海水面(海面水位)の上昇や気象の変化が観測され、生態系人類の活動への悪影響が懸念されている[42]

この地球温暖化は自然由来の要因と人為的な要因に分けられる[注釈 1]。20世紀後半の温暖化に関しては、人間の産業活動等に伴って排出された人為的な温室効果ガスが主因とみられ、2007年2月に国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が発行した第4次評価報告書(AR4)によって膨大な量の学術的(科学的)知見が集約された結果、人為的な温室効果ガスが温暖化の原因である確率は9割を超えると評価されている[注釈 2]。このAR4の主要な結論は変わっておらず、より多くのデータを加えた第5次評価報告書の作成が進められている[44]

AR4によれば、2100年には平均気温が最良推定値で1.8–4°C(最大推計6.4°C)上昇すると予測される[注釈 3]。地球温暖化の影響要因としては、「人為的な温室効果ガスの放出、なかでも二酸化炭素メタンの影響が大きい」とされる[注釈 4]。その一方で太陽放射等の自然要因による変化の寄与量は人為的な要因の数%程度でしかなく、自然要因だけでは現在の気温の上昇は説明できないことが指摘されている[注釈 4]。一度環境中に増えた二酸化炭素などの長寿命な温室効果ガスは、能動的に固定しない限り、約100年間(5年–200年[45])にわたって地球全体の気候や海水に影響を及ぼし続けるため、今後20–30年以内の対策が温暖化による悪影響の大小を大きく左右することになる[注釈 5]

理解度が比較的低い要因や専門家の間でも意見が分かれる部分もあり、こうした不確実性を批判する意見も一部に存在する。ただし、AR4においてはそのような不確実性も考慮した上で結論を出しており、信頼性に関する情報として意見の一致度等も記載されている[注釈 6]

地球温暖化は、気温や水温を変化させ、海面上昇降水量(あるいは降雪量)の変化やそのパターン変化を引き起こすと考えられている[注釈 7]洪水旱魃酷暑ハリケーンなどの激しい異常気象を増加・増強させる可能性や、生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘されている[注釈 7]。大局的には地球全体の気候生態系に大きく影響すると予測されている[注釈 7]。ただし、個々の特定の現象を温暖化と直接結びつけるのは現在のところ非常に難しい。

こうした自然環境の変化は人間の社会にも大きな影響を及ぼすと考えられている。真水資源の枯渇、農業漁業などへの影響、生物相の変化による影響などが懸念されている[注釈 7]。2–3°Cを超える平均気温の上昇が起きると、全ての地域で利益が減少またはコストが増大する可能性がかなり高いと予測されている[注釈 8]。温暖化を放置した場合、今世紀末に5–6°Cの温暖化が発生し、「世界のGDPの約20%に相当する損失を被るリスクがある」とされる(スターン報告)。

既に温暖化の影響と見られる変化が、世界各地で観測され始めている[注釈 9]

このように地球温暖化のリスクが巨大であることが示される一方、その抑制(緩和)に必要な技術や費用の予測も行われている。スターン報告AR4 WG III、IEA等[46]の報告によれば、人類は有効な緩和策を有しており、温室効果ガスの排出量を現状よりも大幅に削減することは経済的に可能であり、経済学的にみても強固な緩和策を実施することが妥当であるとされる。

同時に、今後10–30年間程度の間の緩和努力が決定的に大きな影響力を持つと予測されており[注釈 10][46]、緊急かつ現状よりも大規模な対策の必要性が指摘されている[46]

このような予測に基づき、地球温暖化の対策として様々な対策(緩和策)が進められているが、現在のところ、その効果は温暖化を抑制するには全く足りず、現在も温室効果ガスの排出量は増え続けている[46]。これらの対策に要するコスト等から、このような緩和策に後ろ向きの国や勢力も少なくない。

対策としては京都議定書が現時点で最も大規模な削減義務を伴った枠組みとなっている。現行の議定書は、議定書目標達成に成功した国々もある一方、離脱・失敗した国々もあるなど、削減義務達成の状況は国により大きく異なり、議定書の内容に関する議論も多い。しかし温暖化が危険であり、対策が必要であることは、既におおむね国際的な合意(コンセンサス)となっている[47]。対策費用増加を含めた今後の被害を抑制するため、現状よりもさらに強固な緩和策が必要であると指摘されている[46]

歴史的経過

地球の気候に関しては、1970年代には「地球寒冷化」の可能性が取りざたされたこともあった。しかしこの寒冷化説は根拠に乏しく[48]、科学的に調べていく過程で、実は地球が温暖化していることが明らかとなっていった。

一般の間でも寒冷化説が広まっていたが、1988年アメリカ上院の公聴会におけるJ.ハンセンの「最近の異常気象、とりわけ暑い気象が地球温暖化と関係していることは99%の確率で正しい」という発言が、「地球温暖化による猛暑説」と報道され、これを契機として地球温暖化説が一般にも広まり始めた。国際政治の場においても、1992年6月の環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)にて気候変動枠組条約が採択され、定期的な会合(気候変動枠組条約締約国会議、COP)の開催が規定された。

研究が進むにつれ、地球は温暖化しつつあり、人類の排出した温室効果ガスがそれに重要な役割を果たしているということは、議論や研究が進む中で科学的な合意(コンセンサス)となっていった。このコンセンサスは2001年のIPCC第3次評価報告書(TAR)、2006年のスターン報告、2007年のIPCC第4次評価報告書(AR4)などによって集約された。

温暖化の主因と見られる[注釈 11]人為的な温室効果ガスの排出量を削減するため、京都議定書が1997年に議決され2005年に発効し、議定書の目標達成を目処に削減が行われてきた。欧州では順調に削減が進み、目標達成の目処が立っている。

しかし主要排出国の米国が参加しておらず、また先進国のカナダが目標達成をあきらめたり、福島第一原子力発電所事故後に石炭ガス火力発電比率を高めた日本が削減義務達成に失敗しそうな情勢になっている。

二酸化炭素排出量の多い中国やインドなど途上国の排出量を抑制する道程も定まっていない。その一方で、温暖化の被害を最小にするには、京都議定書より一桁多い温室効果ガスの排出量削減率が必要とされる。2007年のハイリゲンダムサミットにおいては「温室効果ガスを2050年までに半減する」という目標が掲げられた。

しかし具体的な各国の削減方法や負担割合については調整がつかず、2007年12月の温暖化防止バリ会議(COP13)においても、さらには最近の2019年マドリードでのCOP25においても各国の数値目標を定めるには至らなかった。


注釈

  1. ^ IPCC第4次評価報告書#人為起源及び自然起源の気候変化要因を参照
  2. ^ IPCC第4次評価報告書#気候変化の理解と原因解析を参照
  3. ^ 地球温暖化の影響#気温への影響を参照
  4. ^ a b IPCC第4次評価報告書#第一作業部会報告書:自然科学的根拠を参照
  5. ^ IPCC第4次評価報告書#長期的な緩和策(2030年以降)を参照
  6. ^ IPCC第4次評価報告書#使われている表記を参照
  7. ^ a b c d 地球温暖化の影響を参照
  8. ^ IPCC第4次評価報告書#第二作業部会報告書:影響・適応・脆弱性を参照
  9. ^ 地球温暖化の影響#既に発生している影響の例を参照
  10. ^ IPCC第4次評価報告書#長期的な緩和策(2030年以降)
  11. ^ IPCC第4次評価報告書#人為起源及び自然起源の気候変化要因を参照
  12. ^ 過去の気温変化も参照
  13. ^ 過去の気温変化#観測精度に関する議論
  14. ^ IPCC第4次評価報告書#近年の気候変化の直接観測の結果を参照
  15. ^ en:List of scientists opposing the mainstream scientific assessment of global warming
  16. ^ 地球温暖化の影響#日本における予測内容を参照
  17. ^ 北極海の氷は海に浮いているため、融解しても海面上昇に影響しない。
  18. ^ 海面上昇も参照
  19. ^ 例えば、脱炭素社会を目指す「カーボンニュートラル」が挙げられる。 化石燃料の消費は地球温暖化だけではなく、資源が徐々に枯渇する中無理な採掘をすると環境に大きな負荷をかけることも問題である[67]
  20. ^ 例えば、地球温暖化と気象異常について研究する気候学、気象学の研究者、農業や生態系、治水への影響を検討する農学、生態学、土木工学、技術開発を行う工学など。 また、これら理系の研究者だけでなく、法整備や財政処理、経営、経済、社会などへの影響を予測、対応する文系の研究者との協力による「学際研究」も必要である[73]

出典

  1. ^ a b Global Annual Mean Surface Air Temperature Change”. NASA. 2020年2月23日閲覧。
  2. ^ IPCC AR5 SYR Glossary 2014.
  3. ^ USGCRP Chapter 3 2017, p. 119.
  4. ^ IPCC第6次評価報告書(AR6) 政策決定者向け要約(SPM)”. www.data.jma.go.jp. 気象庁 Japan Meteorological Agency. 2022年8月21日閲覧。
  5. ^ 寒冷期と温暖期の繰り返し”. 国立研究開発法人 国立環境研究所. 2021年5月22日閲覧。
  6. ^ 地球温暖化の原因”. 気象庁. 2021年5月22日閲覧。
  7. ^ 地球温暖化の原因は人間の活動と初めて断定 国連IPCCが報告書 2021年8月9日
  8. ^ 温暖化は人間が原因=IPCC報告 「人類への赤信号」と国連事務総長
  9. ^ IPCC AR5 WG1 Summary for Policymakers 2013, p. 4; EPA 2016
  10. ^ IPCC AR5 SYR Glossary 2014; IPCC SR15 Ch1 2018, p. 51: "Global warming is defined in this report as an increase in combined surface air and sea surface temperatures averaged over the globe and over a 30-year period. Unless otherwise specified, warming is expressed relative to the period 1850–1900, used as an approximation of pre-industrial temperatures in AR5.".
  11. ^ Shaftel 2016; Associated Press, 22 September 2015: "The terms global warming and climate change can be used interchangeably. Climate change is more accurate scientifically to describe the various effects of greenhouse gases on the world because it includes extreme weather, storms and changes in rainfall patterns, ocean acidification and sea level.".
  12. ^ IPCC AR5 WG1 Ch5 2013
  13. ^ IPCC AR5 WG1 Summary for Policymakers 2013, p. 4; IPCC SR15 Ch1 2018, p. 54
  14. ^ a b Lynas, Mark; Houlton, Benjamin Z; Perry, Simon (2021). “Greater than 99% consensus on human caused climate change in the peer-reviewed scientific literature”. Environmental Research Letters 16 (11): 114005. Bibcode2021ERL....16k4005L. doi:10.1088/1748-9326/ac2966. ISSN 1748-9326. https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1748-9326/ac2966. 
  15. ^ 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書第3作業部会報告書の公表について』(プレスリリース)環境省、2022年4月5日https://www.env.go.jp/content/900505393.pdf2022年7月3日閲覧 
  16. ^ a b 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第 6 次評価報告書第 1 作業部会報告書(自然科学的根拠)と従来の IPCC 報告書の政策決定者向け要約(SPM)における主な評価 (PDF)』(レポート)、気象庁(訳)、IPCC、2021年8月9日。2022年6月26日閲覧
  17. ^ US EPA 2019.
  18. ^ Scientific consensus: Earth's climate is warming”. Climate Change: Vital Signs of the Planet prevent dangerous anthropogenic climate change. NASA. 2018年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月7日閲覧。
  19. ^ List of Organizations”. The Governor's Office of Planning & Research, State of California. 2017年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月7日閲覧。
  20. ^ 大気汚染と気候変化の新たな関係:地球温暖化のもうひとつの原因”. 国立環境研究所. 2012年12月28日閲覧。
  21. ^ 春季東アジア域におけるブラックカーボンの約9割は化石燃料由来”. 国立研究開発法人海洋研究開発機構. 2021年7月22日閲覧。
  22. ^ IPCC AR5 WG2 Technical Summary 2014, pp. 44–46; D'Odorico et al. 2013.
  23. ^ a b 「温暖化で沈む国」は本当か?ツバルの意外な内情”. 東洋経済ONLINE (2021年7月27日). 2022年6月26日閲覧。
  24. ^ 吉岡政徳 (2010). “ツバルにおける海面上昇問題”. 国際文化学研究 : 神戸大学大学院国際文化学研究科紀要 (神戸大学大学院国際文化学研究科) 34 (2): 47-70. doi:10.24546/81002553. NAID 110007666941. 
  25. ^ National Geographic 2019; NPR 2010.
  26. ^ Campbella et al. 2016; National Research Council 2012, pp. 26–27.
  27. ^ 海面上昇とゼロメートル地帯 2015年10月
  28. ^ EPA (2017年1月19日). “Climate Impacts on Ecosystems”. 2018年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月5日閲覧。
  29. ^ Met Office 2016.
  30. ^ UNFCCC 1992, Article 2, "Objective".
  31. ^ Decision 1/CP.16, paragraph 4, in UNFCCC: Cancun 2010: "deep cuts in global greenhouse gas emissions are required according to science, and as documented in the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change, with a view to reducing global greenhouse gas emissions so as to hold the increase in global average temperature below 2 °C above preindustrial levels".
  32. ^ CNN, 12 December 2015; The Guardian, 12 December 2015; Paris Agreement 2015, Article 2, Section 1(a).
  33. ^ IPCC SR15 Ch1 2018, p. 51,
  34. ^ Climate Action Tracker 2019, p. 1; United Nations Environment Programme 2019, p. 27.
  35. ^ IPCC SR15 Summary for Policymakers 2018, p. 7:Future climate-related risks (...) are larger if global warming exceeds 1.5°C before returning to that level by 2100 than if global warming gradually stabilizes at 1.5°C. (...) Some impacts may be long-lasting or irreversible, such as the loss of some ecosystems (high confidence).
  36. ^ Mercator Institute 2020; IPCC SR15 Ch2 2018, p. 96: This assessment suggests a remaining budget of about 420 GtCO2 for a twothirds chance of limiting warming to 1.5°C, and of about 580 GtCO2 for an even chance (medium confidence).
  37. ^ a b c National Aeronautics and Space Administration (NASA), SAGE Publications, Inc., (2008), https://doi.org/10.4135/9781412963893.n445 2023年8月7日閲覧。 
  38. ^ Broecker, Wallace S. (1975-08-08). “Climatic Change: Are We on the Brink of a Pronounced Global Warming?”. Science 189 (4201): 460–463. doi:10.1126/science.189.4201.460. ISSN 0036-8075. https://doi.org/10.1126/science.189.4201.460. 
  39. ^ Weart, S. (2015), CLIMATE AND CLIMATE CHANGE | History of Scientific Work on Climate Change, Elsevier, pp. 87–89, https://doi.org/10.1016/b978-0-12-382225-3.00491-6 2023年8月7日閲覧。 
  40. ^ BBC debunks a viral image from Ireland’s The Sun”. dx.doi.org. 2023年8月7日閲覧。
  41. ^ 世界の年平均気温”. 気象庁. 2021年5月22日閲覧。
  42. ^ a b c IPCC第4次評価報告書 統合報告書 概要 日本語訳
  43. ^ Climate Change 2007: Synthesis Report
  44. ^ Intergovernmental Panel on Climate Change
  45. ^ 温室効果ガスに関する基礎知識 気象庁。
  46. ^ a b c d e IEA, World Energy Outlook 2011 日本語エグゼクティブサマリー
  47. ^ 第15回気候変動枠組条約締約国会議#コペンハーゲン合意を参照
  48. ^ Peterson, Thomas & Connolley, William. “The Myth of the 1970s Global Cooling Scientific Consensus(1970年代の地球寒冷化の科学的な一致に関する伝説)”. American Meteorological Society. 2008年4月12日閲覧。
  49. ^ Neukom et al. 2019b.
  50. ^ 2018年の気温、過去4番目の高さ WMO「温暖化進行の証拠」”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2019年2月7日). 2019年2月7日閲覧。
  51. ^ 2015〜18年の世界気温は観測史上最高 国連WMOが報告”. www.afpbb.com. AFP (2019年2月7日). 2019年2月7日閲覧。
  52. ^ a b c ipcc (2021年2月8日). SPECIAL REPORT: SPECIAL REPORT ON CLIMATE CHANGE AND LAND -CH05 Food Security- (Report).
  53. ^ “[https://www.fao.org/3/i3437e/i3437e.pdf TACKLING CLIMATE CHANGE THROUGH LIVESTOCK]”. FAO. 20211226閲覧。
  54. ^ “[https://www.nies.go.jp/whatsnew/20200806/20200806.html 世界のメタン放出量は過去20年間に10%近く増加 主要発生源は、農業及び廃棄物管理、化石燃料の生産と消費に関する部門の人間活動]”. 国立研究開発法人国立環境研究所. 20211226閲覧。
  55. ^ Key facts and findings”. FAO. 20211226閲覧。
  56. ^ Stern Review Archived 2006年12月9日, at the Wayback Machine.
  57. ^ IPCC SREX Summary for Policymakers, IPCC, 2011 CLIMATE EXTREMES AND IMPACTS
  58. ^ “世界で異常気象深刻”報告書、NHK、2011年11月19日
  59. ^ 温暖化影響総合予測プロジェクト報告書”地球温暖化 日本への影響-最新の科学的知見-”国立環境研究所など14機関、2008年5月29日(温暖化影響総合予測プロジェクト(環境省)の前期三年間の成果報告書)
  60. ^ 海面上昇とゼロメートル地帯”. 国立研究開発法人 国立環境研究所. 2021年8月10日閲覧。
  61. ^ 日本沿岸の海面水位の長期変化傾向、気象庁、2007年2月13日
  62. ^ Table10.7, Figure 10.33
  63. ^ A new view on sea level rise,Stefan Rahmstorf,6 April 2010
  64. ^ 地球温暖化の健康への影響”. 京都大学大学院. 2022年6月26日閲覧。
  65. ^ 温暖化、子どもの健康直撃 栄養不良や感染症拡大”. 日本経済新聞. 2022年7月9日閲覧。
  66. ^ 中塚 2022, pp. 17–18, 何が問題になっているのか 緩和と適応.
  67. ^ 中塚, 2022 & 17.
  68. ^ UNEP, Bloomberg, Frankfurt School, Global Trends in Renewable Energy Investment 2011(要登録)、Figure 24.
  69. ^ 国連環境計画(UNEP) (2020年). ENHANCING NDCS FOR FOOD SYSTEMS RECOMMENDATIONS FOR DECISION-MAKERS (PDF) (Report).
  70. ^ 一ノ瀬友博 著、一ノ瀬友博 編『生態系減災 Eco-DRR 自然を賢く活かした防災・減災』慶應義塾大学出版会、2021年1月23日。ISBN 978-4766427172 
  71. ^ 中塚 2022, p. 18.
  72. ^ 中塚 2022, pp. 18–19.
  73. ^ 中塚 2022, pp. 19–20.
  74. ^ Stover 2014.
  75. ^ Dunlap & McCright 2011, pp. 144, 155; Björnberg et al. 2017
  76. ^ Oreskes & Conway 2010; Björnberg et al. 2017
  77. ^ O’Neill & Boykoff 2010; Björnberg et al. 2017
  78. ^ a b c Björnberg et al. 2017
  79. ^ a b Dunlap & McCright 2015, p. 308.
  80. ^ Dunlap & McCright 2011, p. 146.
  81. ^ Harvey et al. 2018
  82. ^ Public perceptions on climate change”. PERITIA Trust EU - The Policy Institute of Kings College London. p. 4 (2022年6月). 2022年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  83. ^ Powell, James (20 November 2019). “Scientists Reach 100% Consensus on Anthropogenic Global Warming”. Bulletin of Science, Technology & Society 37 (4): 183–184. doi:10.1177/0270467619886266. https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0270467619886266?journalCode=bsta. 
  84. ^ Lynas, Mark; Houlton, Benjamin Z.; Perry, Simon (19 October 2021). “Greater than 99% consensus on human caused climate change in the peer-reviewed scientific literature”. Environmental Research Letters 16 (11): 114005. Bibcode2021ERL....16k4005L. doi:10.1088/1748-9326/ac2966. https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1748-9326/ac2966. 
  85. ^ Myers, Krista F.; Doran, Peter T.; Cook, John; Kotcher, John E.; Myers, Teresa A. (20 October 2021). “Consensus revisited: quantifying scientific agreement on climate change and climate expertise among Earth scientists 10 years later”. Environmental Research Letters 16 (10): 104030. Bibcode2021ERL....16j4030M. doi:10.1088/1748-9326/ac2774. https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1748-9326/ac2774/meta. 
  86. ^ a b Weart "The Public and Climate Change (since 1980)"
  87. ^ Newell 2006, p. 80; Yale Climate Connections, 2 November 2010
  88. ^ Pew 2015, p. 10.
  89. ^ a b Pew 2020.
  90. ^ a b Yale 2021, p. 7.
  91. ^ Yale 2021, p. 9; UNDP 2021, p. 15.
  92. ^ Smith & Leiserowitz 2013, p. 943.
  93. ^ Gunningham 2018.
  94. ^ a b The Guardian, 19 March 2019; Boulianne, Lalancette & Ilkiw 2020.
  95. ^ Deutsche Welle, 22 June 2019.
  96. ^ Connolly (2021年4月29日). “'Historic' German ruling says climate goals not tough enough”. The Guardian. 2021年5月1日閲覧。
  97. ^ Setzer & Byrnes 2019.
  98. ^ “Coal Consumption Affecting Climate”. Rodney and Otamatea Times, Waitemata and Kaipara Gazette (Warkworth, New Zealand): p. 7. (1912年8月14日). https://paperspast.natlib.govt.nz/newspapers/ROTWKG19120814.2.56.5  Text was earlier published in Popular Mechanics, March 1912, p. 341.
  99. ^ Archer & Pierrehumbert 2013, pp. 10–14
  100. ^ Foote, Eunice (November 1856). Circumstances affecting the Heat of the Sun's Rays. 22. pp. 382–383. https://books.google.com/books?id=6xhFAQAAMAAJ&pg=PA382 2016年1月31日閲覧。 
  101. ^ Happy 200th birthday to Eunice Foote, hidden climate science pioneer | NOAA Climate.gov” (us-EN). www.climate.gov. 2022年8月21日閲覧。
  102. ^ Tyndall 1861.
  103. ^ The warming papers : the scientific foundation for the climate change forecast. David Archer, Raymond T. Pierrehumbert. Chichester, West Sussex, UK: Wiley-Blackwell. (2011). ISBN 1-118-68733-7. OCLC 842883052. https://www.worldcat.org/oclc/842883052 
  104. ^ a b Weart "The Carbon Dioxide Greenhouse Effect"; Fleming 2008, Arrhenius
  105. ^ Callendar 1938; Fleming 2007.
  106. ^ Powell, James Lawrence (20 November 2019). “Scientists Reach 100% Consensus on Anthropogenic Global Warming”. Bulletin of Science, Technology & Society 37 (4): 183–184. doi:10.1177/0270467619886266. https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0270467619886266?journalCode=bsta 2020年11月15日閲覧。. 
  107. ^ a b Lynas, Mark; Houlton, Benjamin Z; Perry, Simon (2021). “Greater than 99% consensus on human caused climate change in the peer-reviewed scientific literature”. Environmental Research Letters 16 (11): 114005. Bibcode2021ERL....16k4005L. doi:10.1088/1748-9326/ac2966. ISSN 1748-9326. https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1748-9326/ac2966. 
  108. ^ Cook et al. 2016
  109. ^ The Early Keeling Curve | Scripps CO2 Program”. scrippsco2.ucsd.edu. 2022年8月21日閲覧。
  110. ^ Weart "Suspicions of a Human-Caused Greenhouse (1956–1969)"
  111. ^ The Public and Climate, cont.”. history.aip.org. 2022年8月21日閲覧。
  112. ^ Weart, Spencer (2013-02-26). “Rise of interdisciplinary research on climate” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 110 (supplement_1): 3657–3664. doi:10.1073/pnas.1107482109. ISSN 0027-8424. PMC 3586608. PMID 22778431. https://pnas.org/doi/full/10.1073/pnas.1107482109. 
  113. ^ Powell, James (20 November 2019). “Scientists Reach 100% Consensus on Anthropogenic Global Warming”. Bulletin of Science, Technology & Society 37 (4): 183–184. doi:10.1177/0270467619886266. https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0270467619886266?journalCode=bsta 2020年11月15日閲覧。. 
  114. ^ NRC 2008, p. 2; Oreskes 2007, p. 68; Gleick, 7 January 2017
  115. ^ G8+5 Academies' joint statement: Climate change and the transformation of energy technologies for a low carbon future”. www.nationalacademies.org. 2022年8月21日閲覧。
  116. ^ Royal Society 2005.






地球温暖化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地球温暖化」の関連用語

地球温暖化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地球温暖化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球温暖化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS