千葉真一 来歴

千葉真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 16:41 UTC 版)

来歴

オリンピックを目指して

福岡県福岡市博多区雑餉隈で二男三女の長男(第二子)として生誕[2]。父親は大刀洗町に在った陸軍飛行戦隊に所属する軍人で、母親は熊本県出身で学生時代に陸上競技をしていた[2]。4歳の時、千葉県君津市へ転居[24]。(⇒ #家族

中学生から器械体操を始め[25]オリンピック日の丸を掲げたいという夢を抱くようになり[12][19]千葉県立木更津一高へ入学後、1年生で全国大会上位入賞、3年生で全国大会優勝を成し遂げた[12][26]1957年日本体育大学体育学部体育学科に進学[6][23][27][28]。2年生の時に[注釈 5]跳馬を練習中に着地で失敗し、腰・両膝を痛めてしまう[6][23][29][30]。練習とアルバイトの掛け持ちで身体を酷使していたことも加わり悪化し、医者から「1年間運動禁止」と宣告された[6][28]。1週間も練習を休めば差がつくこの時期に、選手を続けることが困難となる[6][23][28]休学も検討したが、学費を工面できないので余儀なく退学した[注釈 6]

将来を模索し始めた千葉は実家に帰る途中の代々木駅で「東映第6期ニューフェイス募集!」のポスターを偶然見かける[33]。地元に戻り、相談した親友も賛成してくれたことや[33]、かつてミスタースポーツウエア・コンテストに入賞し[34]東映ニューフェイスを受験するよう勧められていたことから応募した[33][34]。日本体育大学で器械体操をしていた経歴を珍しがられたが、2万6千人の応募からトップの成績で合格を果たす[33]。(⇒ #器械体操

アクションスター

1959年大学中退して[注釈 6]東映へ入社。男性6名・女性14名の同期生には亀石征一郎新井茂子茅島成美太地喜和子真山知子都築克子らがおり、俳優座で6か月の研修を受けた[35]1960年1月7日テレビドラマ新 七色仮面』の二代目・蘭光太郎として主演デビューし、続けてテレビドラマ『アラーの使者』にも主演した。(⇒ #変身ヒーロー

1961年中山昭二の代役で映画『警視庁物語 不在証明(ありばい)』に出演後[36]深作欣二の初監督映画『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』に主演して、2期先輩の曽根晴美と「拳銃コンビ」のキャッチコピーで売り出された[37]吹き替えなしでスタントをこなすことから[38]、「アクションができる素材に演技の磨きを増せば」と期待される新人であった[39]。(⇒ #アクション映画

1962年は映画『事件記者シリーズ』の第1作『恐怖の魔女』に主演したほか、1963年には映画『八州遊侠伝 男の盃』で時代劇初出演や『事件記者シリーズ』の第2作『殺人鬼の誘惑』と『柔道一代シリーズ』第一作に主演。シングル男一匹生きるなら」をリリースして歌手デビューも果たした。(⇒ #音楽

1966年、映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』(合作)、映画『海底大戦争』(日合作)にそれぞれ主演し、国際的にも活動し始め、後に『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』(1973年、日合作)、『激殺! 邪道拳』(1977年、日香泰合作)、『ゴルゴ13 九竜の首』(1977年、日香合作)など、諸外国との共同作品に主演するきっかけになった。その合間に前年のテレビドラマ『くらやみ五段』、遠藤実の自伝を映画化した『太陽に突っ走れ』、『子守唄シリーズ』、『河内遊侠伝』、『陸軍諜報33』など次々と主演していた。(⇒ #アクション映画

1968年からテレビドラマ『キイハンター』に主演。これまで誰も見たことのないスーパーアクションで人気をさらい、千葉ちゃんの愛称で一躍国民的アイドルとして親しまれた[12][40][41][42][注釈 7]。(⇒ #キイハンター#ファン

転機

1969年オールスターキャスト映画日本暗殺秘録』で小沼正に扮して主演。同年の京都市民映画祭では主演男優賞を受賞した[43]。(⇒ #キイハンター

1970年、アクション・擬斗を演じる相手やスタントマンの不足に悩み[注釈 8]アメリカ映画で活躍するような俳優・スタントマンの育成、若年層の教育に関心を持っていたことから、ジャパンアクションクラブ (JAC ) を設立。(⇒ #JAC

1973年の映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』で演じた大友勝利はシリーズ中1, 2を争う名キャラクターとして人気をつかんでおり[41][45][46]、後のヤクザ映画でも「『仁義なき戦い』の千葉真一さんがやった大友勝利のような」と影響を与え続け、ヤクザ役のひな型となっている[47]。『広島死闘篇』と同時進行で『柔道一代シリーズ』以来、10年ぶりの格闘映画となる主演作品『ボディガード牙シリーズ』(1973年)の撮影に入り、続けて主演映画『殺人拳シリーズ』もクランクインしたため、『仁義なき戦いシリーズ』の再出演は実現しなかった[48]。これ以降は格闘映画で主演作品が製作されていき、学生時代から極真カラテを修行して、黒帯を允許された技量が生かされることとなった。(⇒ #ヤクザ映画#空手道

Sonny Chiba

1973年に封切公開された映画ボディガード牙シリーズ[49]』を皮切りに、『殺人拳シリーズ[16]』(1974年 - 1976年)、『地獄拳シリーズ[16]』(1974年)、『少林寺拳法』(1975年)、『けんか空手シリーズ[50]』(1975年 - 1977年)、『激殺! 邪道拳』(1977年)と、前後して『やくざ刑事シリーズ[51]』(1970年 - 1971年)、『狼やくざシリーズ[49][52]』(1971年 - 1972年)、『麻薬売春Gメンシリーズ[49]』(1972年)や、小説劇画を映画化した『ウルフガイ 燃えろ狼男』(1975年)、1977年は『空手バカ一代』、『ドーベルマン刑事』、『ゴルゴ13 九竜の首[20]』など数々の映画主演テレビドラマキイハンター』と同様のスタントに、空手道拳法器械体操などが加わり、アクロバティックでスリリングとシャープな演技は好評を博した[12][16][19][20][49][50][51][52][53][54]

とりわけカラテをメインにした格闘映画は世界的に大ヒットし[13][55][56][57][58]、海外の著名人ファンが多い[16][59][60][61][62][63]。この頃から海外ではSonny Chiba (サニー ちば)という名前で認知されるようになる[注釈 4][9][10][16]アメリカ合衆国では最も権威のある総合情報週刊誌「Variety 」の1974年12月18日付にもこの出来事が掲載され、同誌が初めて日本映画を取り上げるという快挙を成し遂げた[64][65]。(⇒ #格闘映画#ファン

上記以外の映画やテレビドラマザ・ボディガード』、『ザ★ゴリラ7』、『燃える捜査網』、『大非常線』にも主演し、若手の育成に追われる日々となったが、1976年の映画『沖縄やくざ戦争』では京都市民映画祭の主演男優賞を受賞した。1977年4月ハワイで開催された「日本代表極真会館チーム対ハワイ代表チーム」というフルコンタクト空手の対抗戦に参戦[12][66]。「前アメリカ東海岸空手チャンピオンのグレッグ・カーフマン」という180cm以上ある黒人で対戦相手を、第2ラウンドに二段蹴りKO勝ちを収めた[12][67][68]。(⇒ #空手道

ジャンルを越えた活躍

名実共に日本を代表するアクションスターとして活躍していたが[12][20][53][54]1978年から本格的に時代劇へ進出する。主演映画柳生一族の陰謀』は興行収入30億円以上の記録的大ヒットし[69][70][71][72]1979年第2回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞した。柳生但馬守宗矩若山富三郎)・宮本武蔵緒形拳)と華麗で凄みのある一騎討ちを披露した主演映画『魔界転生』(1981年)は観客動員数200万人・配給収入10.5億円を超し[73][74]、映画『赤穂城断絶』(1978年)、『里見八犬伝』(1983年)などにも出演。特に『柳生一族の陰謀』、『魔界転生』、テレビドラマ柳生あばれ旅シリーズ』(1980年 - 1983年)の柳生十兵衛三厳[75][76][77][78][79]、傑作と評価されている『影の軍団シリーズ[80]』(1980年 - 1985年)の服部半蔵[81][82]十八番である[75][76][77][78][79][81][82]。(⇒ #時代劇

1979年には芸能生活20周年記念作品である映画『戦国自衛隊』で[83]、主演と日本映画初のアクション監督を兼務し[13]配給収入で13.5億円のヒットをした[84]。その演出が評価され、1980年にブルーリボン賞のスタッフ賞を受賞した。1981年の主演映画『冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE- 』は自ら企画し[85]、前年の『忍者武芸帖 百地三太夫』と『吼えろ鉄拳』(1981年)は俳優とアクション監督を兼ね、『燃える勇者』ではアクション監督に専念。1989年の『将軍家光の乱心 激突』では再びアクション監督と俳優を兼務したが、この作品は第39回ベルリン国際映画祭に招待された。1990年にはプロデューサーと初の監督を兼ねた映画『リメインズ 美しき勇者たち』を手がけ、アクション映画の全盛期を牽引していた。(⇒ #アクション映画

この頃は演劇にも進出し、3年間にわたって満員御礼となる記録的な成功を収めたミュージカルゆかいな海賊大冒険』(1982年 - 1984年[86]、『酔いどれ公爵』(1985年)など複数の作品を企画・演出・主演し、JAC ミュージカルとして定期的に公演した。(⇒ #演劇

1970年代から1980年代にかけて、テレビドラマ『七色とんがらし』(1976年)や『十字路』(1978年)、『深夜にようこそ』(1986年)、『夢に見た日々』(1989年)のホームドラマにも主演。1982年には楽曲「誓い(JACのテーマ)」を作詞、1985年には10年ぶりに歌手としてリリースした「曠野」の作曲も手がけ、俳優・歌手に留まらない映画監督・映画プロデューサー・作詞家作曲家など、その活躍ぶりはジャンルを越えて幅広いものであった。(⇒ #音楽

海外進出

日本諸外国との合作映画カミカゼ野郎 真昼の決斗』、『海底大戦争』、『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』、『激殺! 邪道拳』、『ゴルゴ13 九竜の首』などに主演し、『武士道ブレード』(1981年合作)にも出演していたが、既述のとおり本格的な海外作品への出演を認めてもらえず、関係者に「あきらめた」と思われていた[22]。しかし水面下のアピールや主演映画の評判などで、1990年頃からアメリカ映画の出演依頼が届き始めていた[22]。折しもロサンゼルスでは映画『激突! 殺人拳』(1974年)、『子連れ殺人拳』(1976年)など、14本の主演格闘映画がリバイバル公開されていた[87]。(⇒ #格闘映画

1991年ジャパンアクションクラブ (JAC ) の売却を経て、1992年にアメリカ映画『エイセス / 大空の誓い』に出演。これを機に拠点をロサンゼルスへ移して、アメリカでも俳優活動をするようになり、グリーンカードも取得した[88]日本未公開作品のアクション映画もあるが、長年の経験で培ったそのアクションは高く評価されている[15][89]。(⇒ #ハリウッド

1998年に出演した香港映画風雲 ストームライダーズ』では、ラスボス“雄覇(ホンパ / ホンファ)”を演じた。原作のイメージを彷彿とさせるその演技は話題に上り、翌年の第18回香港電影金像奨では、外国人として初めて優秀主演男優賞にもノミネートされた。2001年には台湾でも連続ドラマ化された。

2003年、友人でもあるクエンティン・タランティーノのアメリカ映画『キル・ビル』シリーズでは出演と、ユマ・サーマンルーシー・リューらハリウッドスターへ剣術指導をした[90]第30回サターン賞では『キル・ビル』で助演男優賞にノミネートされた。(⇒ #ハリウッド

2005年10月29日に開催されたハワイ国際映画祭では、これまでの功績を讃えた「MAVERICK AWARD 」を受賞した。2006年3月福島県会津若松市にある會津藩校 日新館を運営する会社の取締役に就任し、9月には映画撮影所「日新館会津撮影所 武士乃陣」をオープンさせた。

2007年には英国放送協会 (BBC )製作の、日本をテーマにしたドキュメンタリー番組Japanorama 』に出演。「Densetsu (Legends )」(伝説)をテーマにした回で取り上げられ、4月9日に放送された。同年の大河ドラマ『風林火山』に板垣信方役で出演。 11月には海外通称としていたJJ Sonny Chiba (JJ サニー チバ)を日本でも使うようになり[11][注釈 4]和千永 倫道(わちなが りんどう)の名で、映画監督業への進出を表明した[91]。母親の旧姓・和智永(わちなが)と千葉を併せ、「人の道」を由来としたものである[91]11月26日には厚生労働省から「健康大使」にも任命された[92]

2008年10月から2009年3月まで京都造形芸術大学教授を務めた。

2010年以降

2010年10月22日には東京グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。もともとはアントニオ猪木池谷幸雄石田純一市川亀治郎今井雅之内野聖陽梅宮辰夫岡崎二朗ガッツ石松川地民夫神取忍樹木希林北の湖敏満京本政樹具志堅用高郷田勇三小林幸子コロッケ高橋英樹竹本直一田中好子谷村新司津川雅彦十朱幸代夏八木勲白竜張本勲布施明風吹ジュン松井章圭松坂慶子美川憲一三田佳子やまさき十三山本KID徳郁横峯良郎ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された[93][94][95][96][97][98][99]。前半の披露宴には家族でキャンドル点灯のほか、長男の俳優真剣佑と次男からも千葉夫妻へスピーチが行われた。後半の記念式典では出演した260本の映画テレビドラマなどが順に紹介され、息子達と空手道の演武でと杉板の試割りを、まな娘の女優真瀬樹里とは殺陣を披露した。勝野洋小堺一機夏樹陽子らは花環を贈呈し、出席者に上記発起人ほか、太田昭宏北島三郎関根勤高岡早紀高橋和也デヴィ・スカルノ南部虎弾ビリー・ブランクス堀田眞三魔裟斗松木安太郎ら、多数の芸能人を含む各界から約600人がお祝いに集まった。千葉は「あっという間の50年だった。まだまだ、やり残したことがあるので精進したいと思う。ハリウッドで日本の俳優を育てたい」と新たな目標を掲げた[93][94][95][96][97][98][99]

2011年以降、芸名を日本のみ千葉 真一に戻し、海外ではJJ Sonny Chiba としている[5][注釈 4]。同年9月29日から10月2日にロサンゼルス・ウエストウッドビッグフット・クレスト・シアターにて開催された、アジア・アメリカ映画を祝す国際フィルムフェスティバル「SINGAFEST 2011 」(ビッグフット・エンターテインメント主催)では、LIFETIME ACHIEVEMENT AWARD を受賞し、代表作の一つである『魔界転生』が上映された[55][100]。授賞式には長女の真瀬樹里、長男・真剣佑、次男も駆けつけ、息子たちは空手を、千葉と真瀬は殺陣を披露し、集まった多くのファンをわかせた[100]。同年11月、徳島県鳴門市で生産・販売されている「本格焼き芋焼酎“斬”」の監修をした[101]。(⇒ #ハリウッド

2013年3月10日日本体育大学から正式に卒業を授与され、これにより最終学歴は「日本体育大学体育学部体育学科卒業」となり、学校教育法第104条および学位規則第2条の規定に従って「学士(体育学)」の学位が与えられた[注釈 6]

2014年テレビドラマおわこんTV』に主演し、テレビ業界のウラのウラまで知り尽くす名物社長を[102]、存在感醸し出しながらも軽いタッチで演じた[102][103]。同ドラマは文化庁芸術祭参加作品となっている[104]




  1. ^ 母は野際陽子
  2. ^ a b 母は一般人。
  3. ^ a b 1969年近代映画の『千葉真一特集号』では東映東京撮影所の所長である山崎真一郎が「千葉県出身ということで千葉、そして仕事を忠実に真心込めて」という意味で命名したと紹介しているが[7]、千葉自身は「山崎所長から『千葉から来たから名字を千葉、名前はオレの名前をとって真一にしろ』と言われた」と述べている[8]
  4. ^ a b c d e ニュー・ライン・シネマアメリカで『激突! 殺人拳』を『The Street Fighter 』のタイトルで封切公開した際に、同社の社長が命名して千葉をアメリカに紹介した[9][10]。それが他国に広まり、世界での通称となったが、英語圏Sonny (サニー)は男性の名前に使われるほか、口語で「兄ちゃん・坊や」という意味があり、愛称の“千葉ちゃん”を欧米風に訳した。その後、JJ Sonny Chiba と改名したが、JJJustice Japan (正義の日本)の略である[9][10][11]
  5. ^ a b c 出典により、夏または秋としている。
  6. ^ a b c 日本体育大学は「3年以上の在籍で100単位以上の取得。その後の社会的な活躍や貢献によって、特別卒業認定証を授与する」という新たな規約を設け、千葉を特別卒業認定証第1号とし、2013年3月10日卒業を認定[6][23][27][30][31]。在学時の成績は優が多く、教授会でも満場一致で同規約の適用を認めていた[6][32]
  7. ^ 1970年から放送されていたトヨタ・カリーナCM でも、「決まってるね、千葉ちゃん!」が使われていた。
  8. ^ a b c 自分の役でもないのに「投げ飛ばされる」、「板にぶつかる」、「海に放り込まれる」など数々のスタントを引き受けて演じていたが[44]、人材不足を憂いていたこともJAC 設立へ繋がっていく。(⇒ #JAC
  9. ^ 2013年現在、千葉真一自身は座右の銘を「肉体は永遠の言葉である」としている[6][32]
  10. ^ 当時のハイスピードカメラは今と比べると遥かに重たく、外見もかさばっていた。
  11. ^ 特にアメリカ州[13][55]・ヨーロッパ[13][55]東南アジア[56]香港など[57]
  12. ^ 2年後にギャラは千葉のほうが上になった[136]
  13. ^ 北大路欣也は戦前からの大スターで東映の役員を兼務していた市川右太衛門の御曹司であることから、東映は北大路の意向を幾度となく受け入れてきた[47]
  14. ^ 大石代悟二宮城光はケガのため、対抗戦を欠場した[176]
  15. ^ テレビドラマおわこんTV』の発表会見で小泉は、2014年6月14日サッカーW杯・日本 vs コートジボワールに交代出場して試合の流れを変えたドログバに、千葉をなぞらえた[185]
  16. ^ 千葉真一は映画の撮影で、真樹日佐夫梶原一騎と共に極真会館の北米支部長会議に出席する大山倍達の随行で、それぞれニューヨークを訪れていた[187]
  17. ^ a b 柳生十兵衛光厳の「光厳」だが、「三厳」ではなく「光厳」とパンフレット魔界転生』の登場人物・キャスト一覧に表記されているため、当該記事もこれに則った[220][221]
  18. ^ 「芸能人のおしどり夫婦がCMで共演」という流れの始まりだった。
  1. ^ a b c 「君津のガキ大将時代」、38 - 39頁。
  2. ^ a b c d e 「気骨ある明治生まれの軍人、子供心に誇らしかった飛行機姿の親父」、81 - 82頁。
  3. ^ a b c 「千葉真一特集」、144 - 145頁。
  4. ^ a b 千葉真一 - プロフィール”. YAHOO! JAPAN 人物名鑑. 日本タレント名鑑. 2013年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  5. ^ a b c 千葉真一”. プロフィール. アストライア. 2017年10月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l “千葉真一 53年ぶりに母校・日体大を“卒業”し「もうひと花」とさらなる意欲”. 映画.com. (2013年3月10日). http://eiga.com/news/20130310/7/ 2012年3月12日閲覧。 
  7. ^ 「千葉真一特集」、148頁。
  8. ^ 「オリンピックで金メダルを目指した学生時代、味わった栄光と挫折」、101頁。
  9. ^ a b c d 「序章」、11頁。
  10. ^ a b c d 「全米でブルース・リーを超える興行収入、サニー千葉の名を広めた空手映画」、51頁。
  11. ^ a b 特典映像 「劇場初日舞台挨拶」
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 「とっておきの『先生』特集」『SPORTS CITY』第1巻第2号、鎌倉書房、1981年6月25日、 32頁。
  13. ^ a b c d e f 「プロフィール」、30頁。
  14. ^ 橋本与志夫 「出演者陣の“酔いどれ講釈”」、32頁。
  15. ^ a b c 「極真空手三段 千葉真一」、173, 179, 182 - 183頁。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 高平哲郎 (2011年5月18日). “JJサニーちば、真面目さと優しさに溢れ…”. ZAKZAK. 産業経済新聞社. 2012年9月27日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g 春日太一 (2013年4月29日). “世界的アクションスター・千葉真一に劣らぬ夏八木勲の筋肉美”. 週刊ポスト 2013年5月3・10日号. NEWSポストセブン. 2013年5月4日閲覧。
  18. ^ a b 「国際空手道連盟 極真会館 - 年度別昇段登録簿(国内)」、64頁。
  19. ^ a b c d e f g h i 脇田巧彦、「アクションに賭ける男・千葉真一」、21頁。
  20. ^ a b c d ゴルゴ13 九竜の首」 (グラビア) 『KINEJUN キネマ旬報』第1532巻第718号、キネマ旬報社、1977年10月1日、 42 - 44頁。
  21. ^ a b 「トムソーヤ企画メンバー ■プロフィール / コメント」 (パンフレット) 『せんせい』、松竹、1989年4月8日、 17頁。
  22. ^ a b c d e f g h i “インタビュー <日曜のヒーロー> 第355回 千葉真一”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2003年3月30日). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2003/sun030330.html 2009年6月26日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f g h i “千葉真一 日体大から半世紀ぶり卒業証書 体操で五輪目指すも中退”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2013年1月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/01/26/kiji/K20130126005063800.html 2013年1月31日閲覧。 
  24. ^ a b 「君津のガキ大将時代」、38頁。
  25. ^ a b c 「厳しくも愛情ある指導、体操を始めるきっかけを作ってくれた松本先生」、89頁。
  26. ^ a b c 「オリンピックで金メダルを目指した学生時代、味わった栄光と挫折」、95 - 96頁。
  27. ^ a b c “千葉真一が日体大から特別卒業認定”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年3月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130310-1095776.html 2013年3月12日閲覧。 
  28. ^ a b c d e f “千葉真一 半世紀がかりで日体大卒業”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2013年3月11日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/03/10/0005803043.shtml 2013年3月12日閲覧。 
  29. ^ a b c 『近代映画』、近代映画社、1970年11月、 123 - 126頁。
  30. ^ a b c “千葉真一、57年がかりで日体大を卒業”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年3月11日). オリジナルの2013年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130312032223/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130311-OHT1T00033.htm 2013年3月12日閲覧。 
  31. ^ “千葉真一 半世紀がかりで日体大卒業 (Page 2)”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2013年3月11日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/03/10/1p_0005803043.shtml 2013年3月12日閲覧。 
  32. ^ a b “千葉真一 日体大卒業「人生最高の喜び」” (紙面). 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年3月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130311-1096009.html 2013年3月12日閲覧。 
  33. ^ a b c d e オリンピックで金メダルを目指した学生時代、味わった栄光と挫折」、100 - 101頁。
  34. ^ a b 「千葉真一特集」、140頁。
  35. ^ 「そして、千葉真一になった」、60頁。
  36. ^ a b c 「20人が証言する裸の千葉真一」、111頁。
  37. ^ 『東映の友』 1961年東京国立近代美術館フイルムセンター4階図書室所蔵。
  38. ^ a b 「世界に通じるアクションスター育成」、61 - 62頁。
  39. ^ a b 「東映城に羽ばたく」『週刊実話特報』第3巻第8号、双葉社、1961年2月23日、 3 - 6頁。
  40. ^ a b c d e f 千葉真一、深作欣二の初監督の怒号に驚いた”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月27日). 2012年12月3日閲覧。
  41. ^ a b c d e f g h i j 壬生智裕 (2013年1月13日). “千葉真一、『仁義なき戦い』の野獣系ヤクザ・大友勝利は役者としての転機と明かす”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0049211 2012年1月31日閲覧。 
  42. ^ a b c d e f g h “千葉真一「仁義なき戦い」秘話披露 深作欣二監督の命日に”. 映画.com. (2013年1月12日). http://eiga.com/news/20130112/12/ 2012年1月31日閲覧。 
  43. ^ a b c d e 「」テロリストの苛烈な生涯を演じた大作『日本暗殺秘録』、33 - 35頁。
  44. ^ 「千葉真一さん 森末慎二さんの若さと元気のヒミツ“年齢に負けない鮫肝油のサラサラパワー”」『テレビショッピング』 2013年、エバーライフ
  45. ^ a b c 「仁義なき戦い」40年目の壮絶秘話 (1)「顔のシワ作り」に励んだ松方”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月28日). 2012年11月29日閲覧。
  46. ^ a b 仁義なき戦い PERFECT BOOK」『別冊宝島』第833号、宝島社、2003年、 12, 30 - 31頁。
  47. ^ a b c d e 千葉真一、深作欣二の初時代劇の教えに感謝”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月28日). 2012年11月29日閲覧。
  48. ^ a b 「狂犬のようなヤクザを演じ、悪役の妙味を知った『仁義なき戦い 広島死闘篇』、48 - 49頁。
  49. ^ a b c d ボディガード牙”. 日本映画製作者連盟. 2011年8月11日閲覧。
  50. ^ a b c d 「『新幹線』も海外で人気」、68頁。
  51. ^ a b c d e f g h 【今だから明かす あの映画のウラ舞台】香港で出会った大スター 「千葉空手」生んだブルース・リーの死 (1/2ページ)”. ZAKZAK. 産業経済新聞社. p. 1 (2016年3月18日). 2016年6月27日閲覧。
  52. ^ a b 「直営劇場を100館へ」、26頁。
  53. ^ a b 「解説」、7頁。
  54. ^ a b 「かいせつ」、16頁。
  55. ^ a b c d Lifetime Achievement Award Tribute: Sonny Chiba” (英語). Singafest 2011: LA's Newest International Asian Film Festival (2011年8月31日). 2015年7月29日閲覧。
  56. ^ a b c d 『ザ・レイド』最強格闘家たちが新宿でガチバトル!Berryz工房ももちも、必殺技で参戦!?”. シネマトリビューン (2012年9月27日). 2012年11月5日閲覧。
  57. ^ a b 「“ゴルゴ13”香港ロケ 千葉真一」『週刊明星』、集英社、1977年9月11日。
  58. ^ a b 親父 - 映画作品紹介”. シネマトッピクスオンライン. 2011年11月27日閲覧。
  59. ^ a b 「極真空手三段 千葉真一」、173, 179, 183頁。
  60. ^ a b c d e f g 「アベンジャーズ」サミュエル・L.ジャクソン、役作りの参考はソニー千葉(千葉真一)”. ニュース. 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル (2012年4月26日). 2012年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月27日閲覧。
  61. ^ a b c d 町山智浩 「クエンティン・タランティーノ」、17 - 18頁。
  62. ^ a b c d 桜井美和 (2013年12月18日). “スリムボディーが復活 キアヌ・リーブス”. 読売新聞 (YOMIURI ONLINE). オリジナルの2016年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160623191254/http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/celeb/20131218-OYT8T00409.html 2016年6月24日閲覧。 
  63. ^ a b c d e “千葉真一初対面でキアヌ大興奮、熱いリアクションに「かわいい」の声。”. ナリナリドットコム. ZIP! (Narinari.com). (2015年10月6日). http://www.narinari.com/Nd/20151034070.html 2015年10月6日閲覧。 
  64. ^ a b c d e f “本家ブルース・リーをしのぐ千葉真一”. 報知新聞 (報知新聞社). (1974年12月27日) 
  65. ^ a b c (英語)バラエティ. (1974-12-18). 
  66. ^ a b 「“極真”だけがなぜ勝つのか」、83 - 84頁。
  67. ^ a b c 「極真空手三段 千葉真一」、174 - 176頁。
  68. ^ a b c 「“極真”だけがなぜ勝つのか」、84 - 87頁。
  69. ^ 西郷輝彦、深作欣二作品の萬屋錦之介に身震い”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年12月12日). 2013年1月31日閲覧。
  70. ^ 柳生一族の陰謀”. 日本映画製作者連盟. 2011年12月6日閲覧。
  71. ^ 関根忠郎、山根貞男山田宏一『惹句術:映画のこころ』講談社、1986年、90頁。ISBN 406202005X
  72. ^ 柳生一族の陰謀 (2008)”. 東映チャンネル. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月6日閲覧。
  73. ^ 深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月29日). 2012年12月8日閲覧。
  74. ^ 1981年(1月~12月)”. 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組). 日本映画製作者連盟. 2014年6月24日閲覧。
  75. ^ a b 的田也寸志. “商品の説明「Amazonレビュー」”. 柳生一族の陰謀 (DVD). Amazon.co.jp. 2017年6月27日閲覧。
  76. ^ a b 佐藤雅夫 「プロダクション・ノート 魔界に祟られたスタジオ」、24 - 25頁。
  77. ^ a b ペリー荻野 (2008年5月30日). “『柳生十兵衛あばれ旅』 JJサニー千葉、十八番の十兵衛が大暴れ! 志穂美悦子、真田広之など充実の顔ぶれ。”. ペリーのちょんまげ. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日閲覧。
  78. ^ a b ペリー荻野 (2009年7月31日). “『徳川無頼帳』 西城秀樹の十兵衛とJJサニー千葉が握手! 強力コンビが吉原を根城に大暴れ。”. ペリーのちょんまげ. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日閲覧。
  79. ^ a b 柳生十兵衛七番勝負”. 放送作品一覧. 時代劇専門チャンネル. 2012年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
  80. ^ 「ウーマンパワーの席捲」、256頁。
  81. ^ a b c 服部半蔵 影の軍団”. 放送作品一覧. 時代劇専門チャンネル. 2012年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月14日閲覧。
  82. ^ a b c 7月1日 あなたの思い出と共にあの時代劇が甦る!”. どらく. 朝日新聞デジタル. 2013年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月14日閲覧。
  83. ^ a b 「プロダクションノート」、26頁。
  84. ^ 1980年(1月~12月)”. 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組). 日本映画製作者連盟. 2014年6月24日閲覧。
  85. ^ a b 保科幸雄、「高鳴る!冒険者たちのメロディ 燃える夢喰い男・千葉真一」、3 - 5頁。
  86. ^ a b 「ごあいさつ 株式会社コマ・スタジアム専務取締役・酒井肇」、35頁。
  87. ^ “「カラテのチバ」15年ぶりリバイバルで脚光 ハリウッド映画主演 千葉真一 再び旋風だ”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (1991年3月26日) 
  88. ^ 「苦しかったアメリカ移住後の最初の数年間」、246頁。
  89. ^ 「SONNY CHIBA プロフィール」、27頁。
  90. ^ a b 「INTRODUCTION」、11頁。
  91. ^ a b 「千葉真一、引退宣言の真相」、12頁。
  92. ^ 「健康大使」の任命について”. 健康局総務課生活習慣病対策室. 厚生労働省 (2007年11月26日). 2010年10月9日閲覧。
  93. ^ a b “千葉真一が結婚披露宴&芸能生活50周年式典”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2010年10月22日). オリジナルの2010年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024215817/http://www.daily.co.jp/newsflash/2010/10/22/0003551224.shtml 2010年11月1日閲覧。 
  94. ^ a b “千葉真一が子供と披露宴&50周年式典”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2010年10月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101023-693233.html 2010年11月1日閲覧。 
  95. ^ a b c “千葉真一 家族初お披露目 結婚15年目の披露宴”. 中日スポーツ (CHUNICHI Web). (2010年10月23日). オリジナルの2010年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024205329/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010102302000097.html 2010年11月1日閲覧。 
  96. ^ a b c “千葉真一、嫁さんLOVE! 結婚披露宴”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2010年10月23日). オリジナルの2010年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024202254/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/10/23/0003551597.shtml 2010年11月1日閲覧。 
  97. ^ a b c “千葉真一 芸能生活50周年式典で結婚披露宴”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2010年10月23日). オリジナルの2010年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024095722/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/10/23/11.html 2010年11月1日閲覧。 
  98. ^ a b c “千葉真一Jr. お披露目…結婚披露宴に600人が出席”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年10月23日). オリジナルの2010年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024151559/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101023-OHT1T00013.htm 2010年11月1日閲覧。 
  99. ^ a b "JJサニー千葉 結婚披露宴 将来のハリウッドスター!? 息子たちの素顔". 情報ライブ ミヤネ屋. NNS. ytv. 2010年10月25日放送. 該当時間:14:32 - 14:41
  100. ^ a b 千歳香奈子 (2011年10月4日). “千葉真一の夢...真の日本映画をアメリカから世界へ”. ハリウッド直送便 (nikkansports.com). http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/chitose/archives/22158.html 2011年10月31日閲覧。 
  101. ^ “うずしお”だけじゃない!鳴門の新観光スポットを探索”. ZAKZAK. 産業経済新聞社 (2011年11月11日). 2012年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月27日閲覧。
  102. ^ a b 千葉真一&小泉孝太郎がタッグ!業界ドラマ『おわこんTV』は7月1日からスタート”. テレビ関連ニュース. テレビドカッチ (2014年6月17日). 2014年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月4日閲覧。
  103. ^ テリー伊藤対談「千葉真一」(1) 新ドラマでは“過去の千葉”像を捨ててみた”. アサ芸+. 徳間書店 (2014年7月29日). 2014年10月4日閲覧。
  104. ^ a b おわこんTV【お知らせ】”. プレミアムよるドラマ. NHK (2014年10月2日). 2014年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月4日閲覧。
  105. ^ 京本政樹『京本政樹のHERO考証学』バンダイ、1992年6月、144頁。ISBN 489189234X
  106. ^ a b 全怪獣怪人』上巻、勁文社、1990年3月24日、48 - 49頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  107. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房 / イオン編、竹書房、1995年11月30日、42頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  108. ^ 「七色仮面 / 新 七色仮面」、42頁。
  109. ^ 「アラーの使者」、48頁。
  110. ^ 「宇宙快速船」、53頁。
  111. ^ a b 「世界に通じるアクションスター育成」、62頁。
  112. ^ ファンキーハットの快男児”. 日本映画製作者連盟. 2012年2月1日閲覧。
  113. ^ a b c 「世界に通じるアクションスター育成」、63頁。
  114. ^ a b c d e 「20人が証言する裸の千葉真一」、113頁。
  115. ^ a b c d 「●空中滑降撮影中、地面にたたきつけられる 本誌カメラマンの目の前で千葉真一が 『キイハンター』 左足首を骨折! 2ヶ月の重傷!!」『週刊平凡』4月3日号、マガジンハウス、1969年。
  116. ^ 「革命的手法をもたらした『戦国自衛隊』」、73 - 74頁。
  117. ^ a b 「受け継がれる武士道」、184頁。
  118. ^ a b c 黒田邦雄「ザ・インタビュー 千葉真一」『KINEJUN キネマ旬報』第1655巻第841号、キネマ旬報社、1982年8月1日、 130 - 133頁。
  119. ^ a b c 「チバシンのモーレツ24時間」、81頁。
  120. ^ a b c 「千葉真一とザ・サタンズ誕生」『GS グループ・サウンズ 1965~1970』NEW SOUNDS GROUP、辻幸多郎、近代映画社(原著2013年12月25日)、111頁。ISBN 476482390X
  121. ^ 小沢茂弘、高橋聡『困った奴ちゃ - 東映ヤクザ監督の波乱万丈生』ワイズ出版(原著1996年11月10日)、初版第一刷、91 - 92頁。ISBN 9784948735576
  122. ^ 「千葉真一の躍進とカラテ映画」、345頁。
  123. ^ a b 「極真空手三段 千葉真一」、173, 179頁。
  124. ^ a b c 佐藤結「『ベテラン』 対談 リュ・スンワン[監督]× 千葉真一 韓国・日本 両国の映画を愛する漢たちの語らい」『キネマ旬報 2015年12月下旬号 No.1705』通巻2519号、キネマ旬報、2015年12月4日、 70頁、2015年12月19日閲覧。
  125. ^ 谷川貞治 (1992年1月24日). HAKEN 覇拳 ふりむけば修羅 推薦文 (VHS). タキ・コーポレーション. 
  126. ^ a b 「千葉の空手は断然強い」、66頁。
  127. ^ a b 「『新幹線』も海外で人気」、67頁。
  128. ^ 「海を渡る気概」、242頁。
  129. ^ ギンディ小林 「山口和彦 INTERVIEW」、27頁。
  130. ^ a b c d e 「毎回新しいアクションにチャレンジ、大人気となった『キイハンター』」、28頁。
  131. ^ 「毎回新しいアクションにチャレンジ、大人気となった『キイハンター』」、20頁。
  132. ^ 「毎回新しいアクションにチャレンジ、大人気となった『キイハンター』」、25 - 26頁。
  133. ^ 「死と隣り合わせのアクションシーン」、65 - 66頁。
  134. ^ a b c 堀田眞三 (2006年7月30日). “千葉真一さんの職業病”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2011年1月5日閲覧。
  135. ^ 「『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』」、324頁。
  136. ^ 出会いは『キイハンター』・野際陽子、92頁。
  137. ^ a b c 「20人が証言する裸の千葉真一」、112頁。
  138. ^ a b 1秒でも長く映っていたい!!”. 宮内洋(俳優) - ほろ苦インタビュー. 週刊ジョージア (2016年11月15日). 2016年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月23日閲覧。
  139. ^ とことん! 石ノ森章太郎・最終章 仮面ライダーシリーズよ永遠に. NHK. BS2. 2008年3月29日放送.
  140. ^ "銀幕にかける情熱 夢・ロマン そて挑戦". 本格報道 INsideOUT. 2013年3月20日放送. 該当時間:21:00 - 21:54
  141. ^ a b 夏八木勲「親友・千葉真一が明かした骨太“名脇役人生”」”. アサ芸+. 徳間書店 (2013年5月29日). 2013年7月1日閲覧。
  142. ^ a b 「アクションをやるならJACへ来いよ!」、106頁。
  143. ^ 「JACの創設」、40 - 41頁。
  144. ^ ギンディ小林 「橋本新一 インタビュー」、24頁。
  145. ^ a b c d e 「狂犬のようなヤクザを演じ、悪役の妙味を知った『仁義なき戦い 広島死闘篇』、39 - 43頁。
  146. ^ 「『日本の仁義』」、474頁。
  147. ^ 「【突然引退】 千葉真一が酸素ボンベ闘病」『週刊アサヒ芸能』8月2日号、徳間書店、2007年、 204 - 207頁。
  148. ^ 「狂犬のようなヤクザを演じ、悪役の妙味を知った『仁義なき戦い 広島死闘篇』、43 - 45頁。
  149. ^ 「狂犬のようなヤクザを演じ、悪役の妙味を知った『仁義なき戦い 広島死闘篇』、48頁。
  150. ^ 小林信彦『映画を夢見て』筑摩書房、1991年、177 - 185頁。
  151. ^ 俊藤浩滋山根貞男「第十二章 夢とロマンを求めて」『任侠映画伝』講談社(原著1999年2月1日)、第一刷、265 - 266頁。C0095。ISBN 4062095947
  152. ^ 関口裕子「千葉真一インタビュー」『映画監督 深作欣二の軌跡』キネマ旬報社、2003年、22 - 27頁。
  153. ^ 「『柳生一族の陰謀』」、358頁。
  154. ^ 「柳生十兵衛の殺陣」、46頁。
  155. ^ 裏YAGYU”. 第1回公演. Project JAX. 2013年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月16日閲覧。
  156. ^ 「不確実性の時代劇」、245頁。
  157. ^ ペリー荻野 (2010年12月17日). “『影の軍団Ⅲ』 打倒、紀州!!千葉・真田・志穂美ら影の軍団。石橋蓮司も女装の刺客で登場。”. ペリーのちょんまげ. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日閲覧。
  158. ^ a b 「ジャンボも唱える影の軍団「天魔覆滅」」『週刊ゴルフダイジェスト』第36巻9月24号、ゴルフダイジェスト、2013年9月24日、 126頁。
  159. ^ a b “「千葉真一の柳生十兵衛だな」/ 秋山監督” (紙面). 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年2月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp1-20130216-1085854.html 2013年2月16日閲覧。 
  160. ^ 「悲願の柳生十兵衛役を演じ、テレビでの連載にもつながった『柳生一族の陰謀』」、68頁。
  161. ^ 『別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマ 風林火山KADOKAWA(原著2006年12月)、初版、40頁。ISBN 4048944800
  162. ^ 奥野史子. “【内野聖陽さんインタビュー】 その生き様に感動!内野聖陽が大河ドラマ「風林火山」の魅力を語る。”. 銀河☆ナビ > 7月のおすすめ番組. チャンネル銀河. 2010年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月9日閲覧。
  163. ^ 「千葉真一 対談 石崎勝久(映画評論家)」、27 - 31頁。
  164. ^ a b c d 「極真空手三段 千葉真一」、179頁。
  165. ^ a b c 島村幸恵 (2011年11月10日). “千葉真一が米ドラマで主演!タイトルは「ブシドー」!72歳にして米アクション・ドラマ初主演作に”. シネマトゥデイ. 2012年4月13日閲覧。
  166. ^ 森山京子 「ユマ・サーマン インタビュー」、21頁。
  167. ^ 小西未来 「ルーシー・リュー インタビュー」、26頁。
  168. ^ a b c d 「厳しくも愛情ある指導、体操を始めるきっかけを作ってくれた松本先生」、90 - 91頁。
  169. ^ a b c d e f 「20人が証言する裸の千葉真一」、110頁。
  170. ^ a b 「極真空手三段 千葉真一」、173頁。
  171. ^ 『蘇る伝説“大山道場”読本』日本スポーツ出版社(原著2000年1月14日)、初刷、178 - 179頁。ISBN 4930943272
  172. ^ 「『けんか空手 極真拳』の撮影で初めて会う」、104 - 105頁。
  173. ^ 「国際空手道連盟 極真会館 - 年度別昇段登録簿(国内)」、62頁。
  174. ^ 「国際空手道連盟 極真会館 - 年度別昇段登録簿(国内)」、63頁。
  175. ^ “千葉真一三段がデスマッチ”. スポーツニッポン (毎日新聞社). (1977年3月16日) 
  176. ^ a b 「“極真”だけがなぜ勝つのか」、86頁。
  177. ^ 「速報!! アデミール・ダ・コスタが連覇 ブラジル支部設立10周年記念大会」『月刊パワー空手』第7巻第11号、パワー空手出版社、1984年11月1日、 3 - 13頁。
  178. ^ 特典映像 「高野八誠インタビュー」
  179. ^ a b 堀田眞三 (2010年10月23日). “千葉真一先輩 記念パーティー”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2010年11月6日閲覧。
  180. ^ 堀田眞三 (2006年7月10日). ““親父”衣装合わせなどの打ち合わせ。”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2012年3月30日閲覧。
  181. ^ 堀田眞三 (2006年7月21日). “親父 - 撮影 快調!”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2012年3月30日閲覧。
  182. ^ 堀田眞三 (2006年7月26日). “いよいよ“親父”の撮影”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2012年3月30日閲覧。
  183. ^ あさ美 (2012年10月12日). “かっこよすぎで”. あさ美のMaybe☆めいビー. アメーバブログ. 2012年11月25日閲覧。
  184. ^ 大木凡人 (2012年11月24日). “千葉真一と大木凡人 2時間トーク ディナークルーズ”. 凡ちゃんブログ. アメーバブログ. 2012年12月6日閲覧。
  185. ^ a b “小泉孝太郎、千葉真一「ドログバのよう」”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2014年6月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140616-1318794.html 2014年10月4日閲覧。 
  186. ^ 「『けんか空手 極真拳』の撮影で初めて会う」、106頁。
  187. ^ a b 「いくら飲んでも崩れを見せぬ見事な酒品だった」、106 - 108頁。
  188. ^ 平松伸二「結婚してください!」『そしてボクは外道マンになる』2 第7話、集英社(原著2017年9月19日)、初版。ISBN 4088907574
  189. ^ a b 「表紙のおしゃべり」、232頁。
  190. ^ 今井雅之 (2010年10月24日). “大先輩”. 今井雅之の押忍!. アメーバブログ. 2012年9月28日閲覧。
  191. ^ 今井雅之 (2011年6月28日). “千葉先輩!!!”. 今井雅之の押忍!. アメーバブログ. 2012年9月28日閲覧。
  192. ^ a b “吉川晃司、大ファンの千葉真一と倉田保昭が共演するアクション映画の楽曲を担当”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2006年5月6日). オリジナルの2016年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161203035713/http://eigamiru.link/archives/26444 2006年5月6日閲覧。 
  193. ^ a b 音楽も壮絶バトル!吉川晃司VS大槻ケンヂ率いる特撮”. プロダクションノート. マスター・オブ・サンダー 決戦!! 封魔竜虎伝 (2017年10月26日). 2017年10月26日閲覧。
  194. ^ “園子温監督 芸人デビュー「たけしさんに肉薄したい」”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2013年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/05/01/kiji/K20130501005717300.html 2013年5月13日閲覧。 
  195. ^ スクープ! 今井雅之さん、幻の「戦国自衛隊」遺していた 20年前に続編の脚本執筆(2/2ページ)”. ZAKZAK. 産業経済新聞社. p. 2 (2015年7月16日). 2015年7月18日閲覧。
  196. ^ 平井景 (2012年1月20日). “30年ぶりにギャバンを演じた大葉健二「50代の女性がセーラー服を着る恥ずかしさが判りました」”. クランクイン. 2017年10月25日閲覧。
  197. ^ 「前人未踏!15Mのダイビング」、150頁。
  198. ^ 「可能性に最大限挑戦したい!」、141頁。
  199. ^ くれい響 (2013年12月22日). “27年ぶりのテレビ出演で再注目 元女優・志穂美悦子のスゴさ1”. クランクイン. 2013年12月24日閲覧。
  200. ^ “長渕悦子さんが27年ぶりテレビ出演”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年12月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131218-1232885.html 2017年10月25日閲覧。 
  201. ^ 「インタビュー 関根大学」、67頁。
  202. ^ 「インタビュー 山田一善」、127頁。
  203. ^ 『宇宙刑事大全』双葉社、2000年、128 - 130頁。ISBN 4-575-29080-7
  204. ^ a b 『ウェストワールド』シーズン2:将軍ワールドのエピソードは日本語で描かれる”. IGN Japan. 映画・ドラマ. 産経デジタル (2018年4月12日). 2018年4月19日閲覧。
  205. ^ a b Westworld creators break silence on 'spectacular' Shogun World plans” (英語). エンターテインメント・ウィークリー. TV. タイム・ワーナー (2018年4月12日). 2018年4月19日閲覧。
  206. ^ a b “フェルナンデス、千葉真一引退にショック”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2007年7月23日). オリジナルの2010年1月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100106064204/http://hiroshima.nikkansports.com/baseball/professional/carp/p-rp-tp0-20070723-231158.html 2010年1月6日閲覧。 
  207. ^ 「第4章 現代日本のサムライ三傑 - 深作欣二、高倉健、大山倍達」、131頁。
  208. ^ 千葉真一 高倉健から東映解雇を救ってもらった体験を明かす”. ザ・トップ5. TBSラジオ&コミュニケーションズ (2011年12月14日). 2014年11月24日閲覧。
  209. ^ a b c “千葉真一 夏八木勲さんへの思い語る”. 東京スポーツ. (2013年5月14日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/142369/ 2013年5月21日閲覧。 
  210. ^ 「20人が証言する裸の千葉真一」、111 - 112頁。
  211. ^ a b c d 「モーレツ体操教師と生徒 千葉真一 + 中尾彬」『週刊明星』第23巻、集英社、1970年6月14日。
  212. ^ a b ロビン前田、杉作J太郎植地毅「ピラニア軍団」『東映スピード・アクション浪漫アルバム』杉作J太郎・植地毅、徳間書店〈浪漫アルバム〉(原著2015年9月30日)、第一刷、231頁。ISBN 978-4-19-864003-3
  213. ^ “今度はスポーツカーに替える”. サンデー交毎. (1964年9月13日). p. 1。 
  214. ^ 「チバシンのモーレツ24時間」、78頁。
  215. ^ 「パイロットだった親父」、34頁。
  216. ^ 「オリンピックで金メダルを目指した学生時代、味わった栄光と挫折」、103頁。
  217. ^ 「「気骨ある明治生まれの軍人、子供心に誇らしかった飛行機姿の親父」」、85頁。
  218. ^ a b 「樹里が生まれた日」、113 - 114頁。
  219. ^ “千葉真一が離婚 調停中の28歳下の夫人と昨年”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1586737.html 2016年1月1日閲覧。 
  220. ^ 「登場人物」、11頁。
  221. ^ 「キャスト」、26頁。
  222. ^ 「おとこ達よ 野性の切れ味を忘れるな」『週刊宝石』第2巻第23号、光文社、1982年6月5日、 2頁。
  223. ^ 千葉真一; 本間千代子・小林裕子・小川守・三田佳子. “歌う東映スター”. 別冊歌謡コダマ;KY-1001. コダマプレス. 2014年11月26日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千葉真一」の関連用語

千葉真一のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



千葉真一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千葉真一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS