内村光良 映画製作

内村光良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/12 14:51 UTC 版)

映画製作

若い頃から映画マニアであり映画監督を目指していたが、自ら脚本を書き下ろした『ピーナッツ』でついに映画監督デビューとなった。

出演

テレビ番組

現在の出演番組

コンビとしての出演番組はウッチャンナンチャンの記事を参照。

レギュラー

スペシャル番組

過去の出演番組

コンビでの出演はウッチャンナンチャンの項目を参照。

レギュラー

スペシャル番組

  • 天国か地獄か?不幸家族対抗・はじめてのしあわせ海外旅行(1998年6月、フジテレビ)
  • ウッチャンの今度これやってみよう!(2004年2月1日、フジテレビ)
  • 内村ディレクション 7Days(2004年7月4日、フジテレビ)
  • ウチムラ7(2004年9月28日、フジテレビ)
  • ウチムラSkit(2004年12月28日、フジテレビ)
  • オールスター大集合!一発勝負で賞金ゲット!イライラゲームランド(2006年9月5日、フジテレビ)
  • 怪答紳士 (2007年2月10日、日本テレビ)
  • 2007 史上最大のスポーツ大感謝FESTIVAL(2007年12月25日、TBS)
  • お笑いDynamite!(2007年12月28日・12月29日・2008年12月28日・12月29日・2009年5月3日・12月29日・2011年1月3日・12月29日、TBS)
  • 理由ある太郎(2008年1月1日、フジテレビ)
  • ウチムラセブン 〜内村と7組の芸人たち! (2008年1月2日、TBS)
  • 内村・田中の知られざるハウツー世界正しい空の飛び方(2009年10月9日、フジテレビ)
  • 爆笑ドッキリ検証 イメ×ドキ(2010年3月29日・10月13日、日本テレビ)
  • タベテ100(2010年9月25日、日本テレビ)
  • 内村不動産(2011年4月5日・11月10日、TBS)
  • テンションあげまSHOW(2011年8月28日、フジテレビ)
  • 内村TBS(2011年10月15日・2012年1月3日・3月29日、TBS)
  • 見破れ!!トリックハンター(2011年10月21日・2012年1月27日・9月17日・12月17日・2013年4月1日・9月23日・2014年5月4日、日本テレビ)
  • そうだ旅(どっか)に行こう。(2011年12月24日、テレビ東京)
  • 内村コメディハウス(2011年12月27日、TBS)
  • むちゃぶりカジノ(2012年1月2日、テレビ朝日)
  • 内村写真部(2012年1月20日配信開始、BeeTV
  • ハッピーエンド(2012年5月13日、TBS)
  • 笑神様は突然に…(2012年7月28日、日本テレビ)
  • 芸能界!日本語王トーナメントボキャブ☆ラリー(2012年9月2日、朝日放送
  • ONE AND ONLY THE LIVE!! (2012年9月28日、フジテレビ)
  • 内村オフモード(2013年1月4日・4月2日、TBS)
  • ドリームデュエット(2014年7月5日、TBS)
  • 6人の村人!全員集合(2014年8月20日、TBS)
  • うぷ村(2015年7月8日、TBS)
  • 内村光良も衝撃!全国民の流行を爆笑体験!「み〜んな、やってますヨ!」(2016年1月30日、テレビ東京)
  • FNS27時間テレビフェスティバル!(2016年7月23日・24日、フジテレビ) - MCリレー
  • UWASAのネタ(2017年6月21日・2018年1月6日、日本テレビ)
  • 全国小学生No.1超頭脳決定戦!(2017年9月5日、TBS)
  • 内村と坂上の21世紀職人!!(2017年9月13日、フジテレビ)
  • 内村五輪宣言!(NHK総合)
    • TOKYO2020 開幕1000日前スペシャル(2017年10月28日)
    • TOKYO2020 開幕2年前スペシャル(2018年7月24日)
  • 日本一なら出来るかな!?(2018年4月8日、日本テレビ)
  • THE突破ファイル〜驚きの発想が生んだ突破劇〜(2018年5月13日、日本テレビ)
  • 総決算!平成紅白歌合戦(2019年4月29日、NHK総合)

その他

ラジオ番組

テレビドラマ

テレビアニメ

出演映画

吹き替え

舞台・ライブ

ミュージックビデオ

広告

著書

小説
内村の自伝的小説。『月刊カドカワ』1993年8月号に中学思春期編が、1994年12月から高校時代編が掲載された[59]
映画「ピーナッツ」のノベライズ。
読売新聞夕刊に連載(2016年4月1日 - 2016年6月)後、文庫化
初の書き下ろし長編小説[60]



注釈

  1. ^ 当時流行していたたまの『さよなら人類』を「豚キャベの煮込みはホイコーローだよ~」と歌うなど。
  2. ^ 結果は失敗し100万円獲得ならず。
  3. ^ 日本三大急流球磨川に架かる水の手橋の上からのダイブや、人吉城址で酔拳アクションなど。
  4. ^ 1996年年越しライブ『牛』。
  5. ^ テレビ探偵団』にゲスト出演した際に語られたエピソードでは、ファンレターに使用していたボールペンまで同封して贈ったとのこと。番組内で志穂美本人の書面による返答を頂戴したところ、「(大量のファンレターにより)覚えてない」そうだった。
  6. ^ 1月号と7月号。
  7. ^ 特に、周富徳から教わった鮭レタスチャーハン。
  8. ^ スタジオにセットを組んで撮影するコント。
  9. ^ 内村とは別人という設定。
  10. ^ 倉田プロモーションでアクションを本格的に学んでいる。
  11. ^ 撃たれたあと、「これじゃあもう食べれない~」と叫ぶのが恒例。
  12. ^ 共演者の原田知世長崎県出身であるため、彼らが殉職するとお国言葉で哀悼を示していた。
  13. ^ 初回限定のみ。
  14. ^ テルが途中で消え、奈落からホワイティが飛び上がってくる。
  15. ^ どちらでもホワイティ(内村)は「なんだかなぜか疲れてるのよねぇ」とネタにしていたほどの余裕だった。
  16. ^ Red Angelタバスコ入り、GREEN MAN青汁といった具合。
  17. ^ 変な乗り物に乗って出てくることもある。
  18. ^ くわえている煙草も桃井が愛用しているものと同じにするという徹底ぶりだった。
  19. ^ TV業界用語で「収録を素早くしよう」。
  20. ^ しかし2008年に放送された「笑う犬」スペシャルにて再会する。実は中国マフィアの捜査の為の偽装だった。
  21. ^ ジャルジャル・福徳が演じる何かに困っている人が、悪魔:はんにゃ・金田による悪意的行動、天使:フルーツポンチ・村上による善意的な行動、内村扮する小柳による意味の分からない行動の中から、選択を迫られるところから始まるコント。
  22. ^ 学生(ジャルジャル・福徳)が財布を拾うが、この後どうすれば良いか迷っている。そこに、悪魔(はんにゃ・金田)が「盗ってしまえ」とネコババすることを促すが、天使(フルーツポンチ・村上)が「届けなきゃだめ」と交番に届けることを促す。その後、内村扮する小柳が現れ「その財布を私に預けなさい」と言う。そこからだんだん悪魔・天使・小柳の三人により話が最初とは無関係な方向に行ってしまう。
  23. ^ 紀伊國屋サザンシアターにおいて2011年3月16日 - 3月21日に公演予定であったが、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響で公演中止となったため、振替公演として行われた。
  24. ^ 追加公演千秋楽のスペシャルゲストとして出演した。
  25. ^ 秋吉光一とは映画で内村演じたスポーツライターのキャラクター。

出典

  1. ^ マセキ芸能社によるプロフィール
  2. ^ a b Quick Japan 2005, p. 43.
  3. ^ Quick Japan 2010, p. 30.
  4. ^ Quick Japan 2005, p. 54.
  5. ^ a b c 内村光良、『紅白歌合戦』を救った圧倒的な“父性”」『ORICON NEWS』、2018年1月3日。2019年4月20日閲覧。
  6. ^ 内村光良「人生で1番つらかった仕事」を告白 壮絶な過去にスタジオ騒然」『しらべぇ』、2018年12月16日。2019年4月23日閲覧。
  7. ^ a b c d e ウッチャン“改名封印”の理由 さまぁ~ずが語る底抜けの優しさ」『ORICON NEWS』、2014年12月22日。2019年4月20日閲覧。
  8. ^ 司会者 第68回NHK紅白歌合戦 公式サイト
  9. ^ 『第68回NHK紅白歌合戦』総合司会は内村光良に決定 紅組は有村架純 白組は嵐・二宮和也 オリコン 2017年11月13日
  10. ^ ウッチャンに人吉市民栄誉賞 [熊本県]」『西日本新聞』、2019年2月15日。2019年4月18日閲覧。
  11. ^ ぴあ 2016, p. 113.
  12. ^ a b ぴあ 2016, p. 105.
  13. ^ ぴあ 2016, p. 68.
  14. ^ ぴあ 2016, pp. 8-9.
  15. ^ ぴあ 2016, pp. 10-11.
  16. ^ ぴあ 2016, pp. 18-19.
  17. ^ 岡村隆史が早稲田大、ウッチャンが日芸に? テレビ番組の大学受験企画を振り返る”. exciteニュース (2017年1月26日). 2019年4月21日閲覧。
  18. ^ 内村光良が男泣きした、桑田佳祐の計らいとは? サザン愛を語るCINRA.NET
  19. ^ 内村光良の欅坂46「不協和音」ダンスが「キレ良すぎ」「半端ない」と話題」『モデルプレス』、2017年8月20日。2019年4月21日閲覧。
  20. ^ ぴあ 2016, p. 108.
  21. ^ ぴあ 2016, p. 110.
  22. ^ a b c d e 後進に多大な影響与えた生粋のコント師・内村光良の功績」『ORICON NEWS』、2015年6月7日。2019年4月20日閲覧。
  23. ^ Quick Japan 2005, p. 57.
  24. ^ ウンナンの内村光良 ウド鈴木に大激怒した理由」『exciteニュース』、2016年3月20日。2019年4月20日閲覧。
  25. ^ Quick Japan 2005, p. 59.
  26. ^ Quick Japan 2010, p. 69.
  27. ^ ぴあ 2016, p. 69.
  28. ^ ぴあ 2016, p. 73.
  29. ^ ぴあ 2016, p. 104.
  30. ^ a b 内村光良は語る、「老い」と「家族」と向き合う日常を。”. BuzzFeedNews (2019年4月18日). 2019年4月21日閲覧。
  31. ^ Quick Japan 2005, p. 56.
  32. ^ 内村光良 コント番組「笑う犬」を始めたきっかけは志村けんの助言」『ライブドアニュース』、2017年4月4日。2019年4月22日閲覧。
  33. ^ 行列のできる法律相談所 ウッチャン内村光良VS東野幸治が久々共演&悪事を暴露”. gooテレビ番組 (2016年10月23日). 2018年8月28日閲覧。
  34. ^ a b Quick Japan 2005, p. 39.
  35. ^ 秘話満載の「LIFE!」会見、内村が語るスタジオコント愛』お笑いナタリー、2012年8月17日更新
  36. ^ 内村光良×総合演出・古立氏 コメンタリー収録レポート”. お笑いナタリー. 2019年4月20日閲覧。
  37. ^ テレビ朝日『恋人はスナイパー』2001年10月11日放送、2002年12月24日放送及び『恋人はスナイパー 劇場版』2004年4月17日公開
  38. ^ a b 内村光良「紅白」総合司会引き寄せた3つの力”. 東洋経済 (2017年12月31日). 2019年4月21日閲覧。
  39. ^ ぴあ 2016, p. 92.
  40. ^ ぴあ 2016, p. 94.
  41. ^ 頭部が上に大きく盛り上がっていて、顔が緑色である。
  42. ^ “内村光良の作詞作曲、清野菜名演じるアイドルが歌う「私のサンクチュアリ」配信”. コミックナタリー. (2016年9月14日). http://natalie.mu/owarai/news/201825 2016年9月15日閲覧。 
  43. ^ a b 内村光良、Hey! Say! JUMP知念侑李と二人一役でダブル主演!自身の一人舞台を映画化!”. シネマトゥデイ (2015年9月15日). 2015年9月15日閲覧。
  44. ^ a b 内村光良、約13年ぶりに連ドラ主演!木村多江と夫婦役”. シネマトゥデイ (2015年1月5日). 2015年1月5日閲覧。
  45. ^ “内村光良が悪徳コンサルタント役「最後に心があったまるドラマ」”. お笑いナタリー. (2018年5月7日). https://natalie.mu/owarai/news/281045 2018年5月13日閲覧。 
  46. ^ “内村光良 次期朝ドラ「なつぞら」語り担当! 紅白でサプライズ生発表「まさかの依頼 大仕事」”. Sponichi ANNEX. (2018年12月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/31/kiji/20181231s00041000271000c.html 2019年1月6日閲覧。 
  47. ^ “ウッチャン、『サザエさん』本人役で出演 27時間テレビで『スカッとジャパン』とコラボ”. ORICON STYLE. (2016年7月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2075280/full/ 2016年7月19日閲覧。 
  48. ^ 忍たまと「LIFE!」の右左ヱ門が共演!内村光良、田中直樹、塚地武雅が声で参加”. コミックナタリー. 2018年12月5日閲覧。
  49. ^ “内村光良が「SING/シング」で吹替に挑戦、主人公のコアラ役”. 映画ナタリー. (2017年1月11日). http://natalie.mu/eiga/news/216301 2017年1月11日閲覧。 
  50. ^ “「内村文化祭’18 灼熱」追加公演決定!”. マセキ芸能社. (2018年6月25日). http://www.maseki.co.jp/live/uchimura_live2018 2018年7月14日閲覧。 
  51. ^ 内村光良の「内村文化祭'19」三茶で開催「本当に大好きな街」」『お笑いナタリー』、2019年4月19日。2019年4月24日閲覧。
  52. ^ a b “桑田佳祐「君への手紙」CMで“MV監督”内村光良が号泣”. 音楽ナタリー. (2016年11月16日). http://natalie.mu/music/news/209608 2016年11月17日閲覧。 
  53. ^ 内村光良、就活生とキレキレの踊り披露「昔、社交ダンスやってたもんで…」”. お笑いナタリー (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  54. ^ KIRIN「淡麗プラチナダブル」特設サイト
  55. ^ “内村光良と出川哲朗がCM共演、出川「涙が出そうなくらい感慨深い」”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年9月5日). http://natalie.mu/owarai/news/247392 2017年9月6日閲覧。 
  56. ^ “内村光良、野性爆弾くっきーが中学生に熱い授業、チェチェナちゃん水ビンタも指導”. お笑いナタリー. (2018年3月1日). https://natalie.mu/owarai/news/271560 2018年4月13日閲覧。 
  57. ^ “内村光良が「働き服向上委員会」委員長に、リセッシュCMで渾身ポーズ披露”. お笑いナタリー. (2018年9月12日). https://natalie.mu/owarai/news/299315 2018年10月8日閲覧。 
  58. ^ “内村光良が新入社員にエール「急ぐ必要ない」デビュー当時や飲み会を語る”. お笑いナタリー. (2019年3月27日). https://natalie.mu/owarai/news/325562 2019年4月3日閲覧。 
  59. ^ ウッチャンが執筆した幻の小説「アキオが走る」とは?」『exciteニュース』、2016年11月18日。2019年2月28日閲覧。
  60. ^ 内村光良、初の書き下ろし長編小説を発表「いろいろな想いを込めて書いた群像劇」」『お笑いナタリー』、2019年1月7日。2019年2月28日閲覧。


「内村光良」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内村光良」の関連用語

内村光良のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内村光良のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内村光良 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS