ペンシルベニア州 歴史

ペンシルベニア州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 05:10 UTC 版)

歴史

主要記事:ペンシルベニア州の歴史

ペンシルベニア州となった地域にヨーロッパ人が入植する以前、この地域にはデラウェア族サスケハノック族、イロコイ族、エリー族、ショーニー族などのインディアンが住んでいた[1]。オランダとイギリスがデラウェア川の両岸をアメリカにおけるそれぞれの植民地の一部と主張していた[2][3][4]。オランダが最初に領有し、ペンシルベニアの歴史に大きく影響した[5]

1631年6月3日、オランダは現在のデラウェア州ルイスの地にツヴァーネンデール植民地を造り、デルマーバ半島への入植を始めた[6]。1638年、スウェーデンが現在のウィルミントンの地に造ったフォートクリスチーナを中心とするニュースウェーデン植民地を設立することで、領有問題が加熱された。ニュースウェーデンはデラウェア川下流域(現在のデラウェア州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州に跨る)の領有を主張し支配したが、植民者の数は少なかった[7][8]

インディアンと結んだペンの条約エドワード・ヒックス

1664年3月12日、イングランド王チャールズ2世ヨーク公ジェームズに、プリマスバージニア会社が当初持っていた勅許地全てに他の土地を含めた土地の勅許を与えた。この勅許は、現在のペンシルベニア州の一部を含むオランダ領ニューネーデルラントの主張する領有権と競合した[9]

1664年6月24日、ヨーク公は現在のニュージャージー州を含む広大な領土の一部を、ジョン・バークレーとジョージ・カートレットに売却し、領主植民地とした。その土地はこのときもイギリス領だったが、デラウェア川の西岸にあるニューネーデルラントの一部と重複した。同年8月29日にイギリスによるニューネーデルラント征服が始まり、ニューヨーク港に浮かぶイギリス艦船の大砲を面前にして、ニューアムステルダムが降伏を強いられた[10][11]。この征服が継続し、同年10月には現在のデラウェア州ニューキャッスルにあったカシミア砦を占領することで、完成した。

1667年7月21日、イギリス、フランスおよびオランダの間に結ばれたブレダの和約により、イギリスの征服が確認されたが[12][13]、一時的な反動も起きた。

1672年9月12日、第三次英蘭戦争の一部として、オランダはニューヨーク植民地とニューアムステルダムを再征服し、現在のデラウェア州とペンシルベニア州に当初の3郡となる郡政府を設立した。後にペンシルベニアに移管された部分がアップランドだった[14]。1674年2月9日、第三次英蘭戦争を終わらせるウェストミンスター条約が結ばれ、政治的な状況を「戦前に元あった状態」に戻された。イギリスはオランダの郡をオランダの名称で保持した[15]。同年6月11日までに、ニューヨーク植民地がアップランドを含め外郭の植民地に対する支配を再度主張したが、その名称は1674年11月11日までにイギリス名に変えられていった[16]。同年11月12日、アップランドが分離し、現在のペンシルベニア州とデラウェア州の州境が概略生みだされた[17]

1681年2月28日、チャールズ2世がウィリアム・ペンの父ウィリアム・ペン提督から借りていた16,000ポンド(2008年のインフレ換算で210万ポンド[18])の借金のかたに[19]ウィリアム・ペンに土地の勅許を与えた[20]。これは史上でも最大級の特定個人に対する勅許だった[21]。その土地はペンシルベニアと呼ばれた。ウィリアム・ペン自身はニューウェールズあるいはシルベニアと呼ぶことを望んだが、この名称変更で人々がペン自身に因んで名付けたと考えることを怖れ当惑した。しかしチャールズ2世は名称を変えようとはしなかった[22]。ペンは郡政委員会と信教の自由という2つの革新的な性格を持つ政府を樹立し、これは新世界の多くの国で真似されることになった[21]

1681年3月4日、ペンシルベニアで植民地政府を作り、ペンシルベニア州とデラウェア州の州境のペンシルベニア側にあったアップランドはチェスター郡と改名された[23][24]。クエーカー教徒の指導者であるウィリアム・ペンは、デラウェア族の指導者タマニーと平和条約を結び、クエーカー教徒とインディアンの長い友好的関係の時代が始まった[25]。クエーカー教徒とは、他の部族との条約も結ばれた。ウィリアム・ペンが結んだ条約は侵犯されることが無かった[26]

18世紀

1730年から通貨法に伴いイギリスの議会によって停止された1764年まで、ペンシルベニア植民地は金や銀の保有量不足に対応して独自の通貨を持っていた。この紙幣は「コロニアル・スクリップ」と呼ばれていた。この植民地では「信用証券」を発行し、その法定通貨としての位置づけ故に、金貨や銀貨と同等だった。政府が発行しており、銀行が発行したものではなかったので、利子が付かず、政府支出の支払に使われたので、大衆の税金だった。政府がその裁量で発行し、インフレを招かないよう大量に発行しなかったので雇用と繁栄を助長した。ベンジャミン・フランクリンがこの通貨創設に関与し、その有用性は決して侵されないと言っており、アダム・スミスの「慎重な承認」にも合致していた[27]

フィラデルフィアのプレジデンツハウスPhiladelphia、このマスターズ・ペン邸宅には1770年代初期にペンシルベニアの総督が入った。1790年から1800年にはフィラデルフィアが暫定首都となり、ジョージ・ワシントンジョン・アダムズの大統領官邸となった

1765年の印紙法会議の後、フィラデルフィアの代議員ジョン・ディキンソンは「権利と抗議の宣言」を書いた。この会議は、マサチューセッツ植民地会議の要請で13植民地が集まった最初の会議だったが、実際には9植民地しか代議員を送らなかった[28]。ディキンソンは続いて、「ペンシルベニアの農民からイギリス領植民地の住人に宛てた手紙」を書き、1767年12月2日から1768年2月15日のペンシルベニア・クロニクルに掲載された[29]

1774年にフィラデルフィアで開催された第一次大陸会議には、12植民地が代表を派遣した[30]。1775年5月、やはりフィラデルフィアで開催された第二次大陸会議では、アメリカ独立宣言を起草し、署名を行った[31]。フィラデルフィア市がイギリス軍に占領されると、大陸会議は1777年9月27日はランカスターの郡庁舎で開催され、その後ヨークに移った。そこでは13植民地が1つの国になるという連合規約が書き上げられた。後にはアメリカ合衆国憲法が起草され、フィラデルフィアは新生アメリカの誕生地に再度選ばれた[32]

ペンシルベニア州は1787年12月12日にアメリカ合衆国憲法を批准し、そのことで第2の州になった[33]。デラウェア州の批准から遅れること5日だった。

カーライルのディキンソン・カレッジは1773年に設立され、国内初のカレッジとなった。このカレッジはパリ条約が批准された5日後の1783年9月9日に批准された。ベンジャミン・ラッシュが設立し、ジョン・ディキンソンに因んで名付けた。

ヒルズキャピトル、1821年から使われたが、1897年に焼失した

ペンシルベニア州議会は半世紀の間フィラデルフィア地域の様々な場所で開催されたが、インディペンデンスホールで定期的に開催されるようになり、63年間続いた[34]。しかしもっと中央に近い場所で開催する必要性が出てきた。例えば1763年のパクストンボーイズ虐殺がそれに気付く機会になった。1799年、州議会はランカスター郡庁舎に移動し、最後は1812年にハリスバーグに移転した[34]

1821年12月までは昔のドーフィン郡庁舎で州議会が開催されていたが[34]、このとき連邦様式のヒルズキャピトル(建設者でランカスターの建築家スティーブン・ヒルズに因む命名)が州政府の本拠のために取って置かれた4エーカー (16,000 m2) の岡の上に建設された。この土地はヨークシャー生まれで、1705年にはサスケハナ川東岸に交易基地を設立し、1733年には渡し船を運航したジョン・ハリス・シニアの息子で先見の明ある事業家が確保していた。ハリスバーグはこのハリスに因む命名である[35]。1897年2月2日、猛吹雪の日にヒルズキャピトルは焼失した。煙道に欠陥があったためと考えられている[34]

新しい州会議事堂が建設されるまで、州議会はステート通りのグレイス・メソジスト教会で開催された。「不正があった」とされる建築家選定競技会の後、シカゴの建築家ヘンリー・アイブス・コブが新しい議事堂の設計と建設にあたった。しかし議会にはその建設に充てる金がなく、おおまかに仕上げられたいくらか実用的な建物が完成した(コブ・キャピトル)。議会はこの建物の使用を拒んだ。1901年には政治と大衆の間に義憤が起こり、ペンシルベニア州の建築家に限った2回目の競技会が行われた。現在のペンシルベニア州会議事堂を設計するためにフィラデルフィアのジョセフ・ミラー・ハストンが選ばれ、コブの建物を壮大な公共建築に取り込んで完成させ、1907年に開所された[34]

ルーズベルト大統領による連邦緊急救済局の失業女性のためのキャンプ、1934年

新しい州会議事堂は激賞を得た[34]。そのドームは、ローマサン・ピエトロ大聖堂アメリカ合衆国議会議事堂からヒントを得ていた[34]セオドア・ルーズベルト大統領は「国内で最も美しい州会議事堂」と呼び、その開所式では「これまで見た中でも最大に威厳のある建物」と言った。1989年、「ニューヨーク・タイムズ」は「偉大で時には畏敬の念を感じるが、動いている建物であり、市民が立ち寄ることができ、...日々の生活の実感と繋がる建物」と褒めた[34]

ペンシルベニア州には国内森林地域の9%がある。1923年、カルビン・クーリッジ大統領が1911年のウィークス法の下に、州北西部のエルクフォレストマッキーンウォーレン各郡に跨るアリゲイニー国立の森を創設し、アレゲニー川流域の木材生産と水域保護を目指した。アリゲイニー国立の森は州内唯一の国有林である。

フランクリン郡出身のジェームズ・ブキャナンは唯一の独身大統領であり[36]、ペンシルベニア州出身としても唯一の大統領である。南北戦争の転換点となったゲティスバーグの戦いは、州内ゲティスバーグの近くで起こった。推計で35万人のペンシルベニア州民が北軍に従軍し、その中には8,600人のアフリカ系アメリカ人志願民兵もいた。

ペンシルベニア州では初めて事業的に成功した油井もあった。1859年、タイタスビル近くで、エドウィン・L・ドレイクが油井を掘り当て、国内最初の石油ブームをもたらした。


  1. ^ Pennsylvania Indian tribes”. Accessgenealogy.com. 2010年7月31日閲覧。
  2. ^ Paullin, Charles O, Edited by John K. Wright (19932). Atlas of the Historical Geography of the United States. New York, New York and Washington, D.C.:: Carnegie Institution of Washington and American Geographical Society. pp. Plate 42 
  3. ^ Swindler, William F., Editor (1973–1979). Sources and Documents of United States Constitutions. 10 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Vol. 10: 17–23 
  4. ^ Van Zandt, Franklin K. (1976). Boundaries of the United States and the Several States; Geological Survey Professional Paper 909.. Washington, D.C.: Government Printing Office. pp. 74; 92 
  5. ^ Van Zandt, Franklin K. (1976). Boundaries of the United States and the Several States; Geological Survey Professional Paper 909.. Washington, D.C.: Government Printing Office. p. 74 
  6. ^ Munroe, John A. (1978). Colonial Delaware: A History.. Millwood, New York: KTO Press. pp. 9–12 
  7. ^ Munroe, John A. (1978). Colonial Delaware: A History.. Millwood, New York: KTO Press. p. 16 
  8. ^ McCormick, Richard P. (1964). New Jersey from Colony to State, 1609—1789. New Jersey Historical Series, Volume 1.. Princeton, New Jersey: D. Van Nostrand Company. p. 12 
  9. ^ Swindler, William F., Editor (1973–1979). Sources and Documents of United States Constitutions. 10 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Vol. 4: 278–280 
  10. ^ Van Zandt, Franklin K. (1976). Boundaries of the United States and the Several States; Geological Survey Professional Paper 909.. Washington, D.C.: Government Printing Office. p. 79 
  11. ^ Swindler, William F., Editor (1973–1979). Sources and Documents of United States Constitutions. 10 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Vol. 6: 375–377 
  12. ^ Farnham, Mary Frances; Compiler. (1901–1902). Farnham Papers (1603–1688). Volumes 7 and 8 of Documentary History of the State of Maine.. Portland, Maine: Collections of the Maine Historical Society, 2nd Series.. pp. Vol. 7: 311, 314 
  13. ^ Parry, Clive (Editor) (1969–1981). Consolidated Treaty Series; 231 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Volume 10: 231 
  14. ^ Fernow, B., Editor (1853–1887). Documents Relative to the Colonial History of the State of New York;Volumes 12–15.. Albany, New York. pp. Vol 12:507–508 
  15. ^ Parry, Clive (Editor) (1969–1981). Consolidated Treaty Series; 231 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Vol. 13: 136. 
  16. ^ Fernow, B., Editor (1853–1887). Documents Relative to the Colonial History of the State of New York;Volumes 12–15.. Albany, New York. pp. Vol 12:515 
  17. ^ Armstrong, Edward; Editor (1860). Record of the Court at Upland, in Pennsylvania, 1676 to 1681. Memoirs of the Historical Society of Pennsylvania Volume 7. pp. 119, 198 
  18. ^ Measuring Worth”. Measuring Worth. 2010年7月31日閲覧。
  19. ^ Pennsylvania Society of Colonial Governors, ed (1916). “Samuel Carpenter”. Pennsylvania Society of Colonial Governors, Volume 1. pp. 180–181. https://books.google.co.jp/books?id=4rQBAAAAMAAJ&redir_esc=y&hl=ja 
  20. ^ Charter for the Province of Pennsylvania-1681. This charter, granted by Charles II (England) to William Penn, constituted him and his heirs proprietors of the province, which, in honor of his father, Admiral William Penn, (whose cash advances and services were thus requited,) was called Pennsylvania. To perfect his title, William Penn purchased, on 1682-08-24, a quit-claim from the Duke of York to the lands west of the Delaware River embraced in his patent of 1664
  21. ^ a b Quakers and the political process”. Pym.org (2006年3月28日). 2008年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  22. ^ . http://www.britannia.com/celtic/wales/facts/facts1.html 
  23. ^ Armstrong, Edward; Editor (1860). Record of the Court at Upland, in Pennsylvania, 1676 to 1681. Memoirs of the Historical Society of Pennsylvania Volume 7. p. 196 
  24. ^ Swindler, William F., Editor (1973–1979). Sources and Documents of United States Constitutions. 10 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Volume 8:243 
  25. ^ David Yount (2007). "How the Quakers invented America". Rowman & Littlefield. p.82. ISBN 0-7425-5833-9
  26. ^ Sydney G. Fisher (2009). "The Quaker Colonies". Echo Library. p.13 ISBN 1-4068-5110-8
  27. ^ Hamilton, Alexander and Syrett, Harold C. The Papers of Alexander Hamilton. 1963, page 240.
  28. ^ Library of Congress timeline 1764–1765”. Memory.loc.gov. 2010年7月31日閲覧。
  29. ^ Dickinson Letters”. 18thcenturyreadingroom.blogspot.com. 2010年7月31日閲覧。
  30. ^ Library of Congress timeline 1773–1774”. Memory.loc.gov. 2010年7月31日閲覧。
  31. ^ Library of Congress: Primary documents – The Declaration of Independence”. Loc.gov (2010年7月20日). 2010年7月31日閲覧。
  32. ^ Nine Capitals of the United States”. Senate.gov (2009年3月26日). 2010年7月31日閲覧。
  33. ^ Pennsylvania ratifies the Constitution of 1787”. Memory.loc.gov. 2010年7月31日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h Pennsylvania's Capitals”. Legis.state.pa.us. 2000年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  35. ^ History of John Harris”. Mrs. Carlyle C. Browne (descendant of Sarah Ann Harris, fifth daughter of Alfred Bingham Harris, and granddaughter of Elisha John Harris of the Mansion, Harrisburg PA, USA) (2001年). 2011年2月14日閲覧。
  36. ^ James Buchanan White House biography”. Whitehouse.gov. 2010年7月31日閲覧。
  37. ^ Pennsylvania geography”. Netstate.com. 2010年7月31日閲覧。
  38. ^ 2006 Statistical Abstract: Geography & Environment: Land and Land Use(2006年10月12日時点のアーカイブ
  39. ^ Pennsylvania Time Zone”. Timetemperature.com. 2010年7月31日閲覧。
  40. ^ Resident Population Data. “Resident Population Data – 2010 Census”. 2010.census.gov. 2012年12月22日閲覧。
  41. ^ a b c d e QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  42. ^ American FactFinder – Results
  43. ^ a b c Pennsylvania Facts 2007 (PDF)”. Pennsylvania State Data Center Penn State Harrisburg (2007年). 2010年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年12月5日閲覧。
  44. ^ FactFinder: Census 2000 Demographic Profile Highlights, Factfinder.census.gov
  45. ^ Population and Population Centers by State – 2000”. United States Census Bureau. 2008年12月3日閲覧。
  46. ^ Pennsylvania QuickFacts from the US Census Bureau”. Quickfacts.census.gov. 2012年6月15日閲覧。
  47. ^ "Americans under age 1 now mostly minorities, but not in Ohio: Statistical Snapshot". The Plain Dealer. June 3, 2012.
  48. ^ Annual Estimates of the Population”. 2013年1月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  49. ^ 2010 Census Data. “2010 Census Data – 2010 Census”. 2010.census.gov. 2011年7月7日閲覧。
  50. ^ American FactFinder, United States Census Bureau. “American Community Survey 3-Year Estimates”. Factfinder.census.gov. 2010年7月31日閲覧。
  51. ^ Puerto Ricans in Pennsylvania”. 2011年11月8日閲覧。
  52. ^ Definition of "dutch"”. Dictionary.reference.com. 2010年7月31日閲覧。
  53. ^ Religion and Politics 2011: Pennsylvania”. U.S. Religious Landscape Study. The Pew Forum on Religion & Public Life (2011年). 2011年1月15日閲覧。
  54. ^ The Arda”. The Arda. 2010年7月31日閲覧。
  55. ^ Webb Design Inc.. “Amish Country | Ohio | Visitor Information”. Visitamishcountry.com. 2010年7月31日閲覧。
  56. ^ Gallup. “Mississippi Is Most Religious U.S. State”. Gallup, Inc.. 2012年9月23日閲覧。
  57. ^ a b c The Pennsylvania Manual, p. 6-3.
  58. ^ a b c d e f Pennsylvania Manual, p. 6-5.
  59. ^ The Pennsylvania Manual, p. 6-46.
  60. ^ Table 16. Population of the 100 Largest Urban Places: 1930. U.S. Bureau of the Census. 1998年6月15日.
  61. ^ a b The Pennsylvania Manual, p. 6-6.
  62. ^ The Pennsylvania Manual, p. 6-22.
  63. ^ Title 302, Pennsylvania Code, Section 23.1–101.
  64. ^ Presidential General Election Results Comparison – Pennsylvania”. Dave Leip's Atlas of United States Presidential Elections (2005年). 2007年7月7日閲覧。
  65. ^ Voter Registration Statistics – Current Voter Registration Statistics (Microsoft Excel)”. Pennsylvania Division of Voter Registration. 2010年7月7日閲覧。
  66. ^ a b Jenkins Law Library. “23 Pennsylvania Law Weekly 324 (March 27, 2000)”. Jenkinslaw.org. 2010年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  67. ^ 1968
  68. ^ Commonwealth of PA - Election Results 2012 Archived 2013年1月19日, at the Wayback Machine.
  69. ^ Pennsylvania State Archives”. Phmc.state.pa.us. 2010年7月31日閲覧。
  70. ^ Pennsylvania Senators”. Legis.state.pa.us. 2010年7月31日閲覧。
  71. ^ Pennsylvania House of Representatives”. Legis.state.pa.us. 2010年7月31日閲覧。
  72. ^ a b c d e f Judicial districts”. Aopc.org. 2010年7月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  73. ^ The facts on Pennsylvania's Tax Climate”. Tax Foundation. 2012年8月22日閲覧。
  74. ^ Shale tax comes up dry for 3d year”. Articles.philly.com (2011年7月3日). 2011年9月19日閲覧。
  75. ^ Gov Rendell says all of Pennsylvania's transit agencies will get I-80 toll $s”. TOLLROADSnews (2010年1月6日). 2012年4月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月19日閲覧。
  76. ^ Revenue Department Releases August Collections (09/01/2006)
  77. ^ Personal Income Tax”. Portal.state.pa.us. 2010年7月31日閲覧。
  78. ^ a b GDP by State”. Greyhill Advisors. 2011年9月16日閲覧。
  79. ^ a b c “Fortune 500”. CNN. (2007年4月30日). http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune500/2007/states/PA.html 2010年7月31日閲覧。 
  80. ^ Department of Numbers”. 2012年5月27日閲覧。
  81. ^ Barnes, Tom; Rotstein, Gary (2009年2月4日). “Rendell wants legal video poker”. Post-gazette.com. http://www.post-gazette.com/pg/09035/946691-85.stm 2010年7月31日閲覧。 
  82. ^ a b "Pennsylvania Department of Transportation Fact Book", p. 7.
  83. ^ "2010 Public Transportation Fact Book", p. 8.
  84. ^ a b c d "Pennsylvania Department of Transportation Fact Book", p. 10.
  85. ^ Waterborne Commerce Statistics Center, p. 5-4.
  86. ^ Santoni, Matthew (2010年9月14日). “Corps shuts Highland Park lock for two weeks of repairs”. Pittsburgh Tribune-Review (Trib Total Media). オリジナルの2012年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120908040557/http://www.pittsburghlive.com/x/pittsburghtrib/business/s_699345.html 2010年9月14日閲覧。 
  87. ^ [1] 'Pennsylvania Department of Education (PDE). Retrieved on December 4, 2009.'
  88. ^ [2] 'National Center for Education Statistics (NCES). Retrieved on December 4, 2009.'
  89. ^ 'NCES.'
  90. ^ 'Pennsylvania Department of Education: Home Education and Private Tutoring. Retrieved on December 4, 2009.'
  91. ^ The Dickinson Story. Dickinson College. 2020年4月18日閲覧.
  92. ^ Pennsylvania State University, Dickinson Law. National Jurist. 2020年4月20日閲覧.
  93. ^ History of the School”. pafa.org. 2011年4月8日閲覧。
  94. ^ About – University of the Sciences”. usciences.edu. 2011年4月8日閲覧。
  95. ^ Best Colleges 2020: National Universities Rankings. U.S. News & World Report. 2019年. 2020年2月20日閲覧.
  96. ^ Best Colleges 2020: National Liberal Arts Colleges Rankings. U.S. News & World Report. 2019年. 2020年2月20日閲覧.
  97. ^ Houdini Harry Houdini attractions magic Scranton Poconos Pocono birthday party show seance School Assembly Programs birthday”. Houdini.org. 2010年7月31日閲覧。
  98. ^ Pa. knack for snacks a Farm Show feature – Pittsburgh Tribune-Review”. Pittsburghlive.com (2008年1月11日). 2009年11月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  99. ^ Directions to Asher’s – About Asher's”. Ashers.com. 2012年11月7日閲覧。
  100. ^ http://news.google.com/newspapers?id=hsQfAAAAIBAJ&sjid=i9gEAAAAIBAJ&pg=1978,4428241&dq=asher%27s-chocolates&hl=en
  101. ^ Company History: Auntie Anne's Pretzels”. Auntie Anne's. 2009年2月6日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペンシルベニア州」の関連用語

ペンシルベニア州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペンシルベニア州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペンシルベニア州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS