ビル・ネルソン ビル・ネルソンの概要

ビル・ネルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 09:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ビル・ネルソン
アメリカ合衆国上院議員
フロリダ州選出
就任
2001年1月3日-2019年1月3日
マルコ・ルビオとサービング
前任者コニー・マック3世
後任者リック・スコット
フロリダ州財務・保険長官
消防管理官
任期
1995-2000
知事ロートン・チャイルズ 1995-1998
バディ・マッカイ 1998-1999
ジェブ・ブッシュ 1999-2000
前任者トム・ギャラガー
後任者トム・ギャラガー
アメリカ合衆国下院議員
フロリダ州第11区選出
任期
1983年1月3日 – 1991年1月3日
前任者ダニエル・A・ミカ
後任者ジム・マッカス
アメリカ合衆国下院議員
フロリダ州第9区選出
任期
1979年1月3日 – 1983年1月3日
前任者ルイス・フレイ
後任者マイケル・ビリラキス
フロリダ州下院議員
任期
1972年 – 1979年
個人情報
国籍 アメリカ合衆国
政党民主党
配偶者グレース・ケヴァート・ネルソン
子供ビル・ネルソン・ジュニア
ナン・エレン・ネルソン
住居フロリダ州オーランド
出身校イェール大学,
バージニア大学,
フロリダ大学
宗教米国聖公会
クラレンス・ウィリアム「ビル」ネルソン
NASA所属 ペイロードスペシャリスト
国籍 アメリカ合衆国
生誕 1942年9月29日
フロリダ州マイアミ
現職業 上院議員
過去の職業 下院議員
宇宙滞在期間 6d 02h 03m
選抜試験 1985
ミッション STS-61-C
記章

生い立ちおよび初期の経歴

ネルソンはマイアミで、クラレンス・ネルソンおよびナニー・メール・ネルソン夫妻の一人息子として生まれる[1]。幼少期をフロリダ州メルボルンで過ごし、メルボルン高校に入学した[2]。高校ではキー・クラブの会長を務めた[1]。高校卒業後フロリダ大学に進学し、その後イェール大学に転籍、1965年に学位を取得した。1968年にはバージニア大学で法学位を取得した[3]

在学中にネルソンは予備役将校訓練課程に登録される。1965年、陸軍予備役部隊に入隊する。1968年から70年まで現役勤務し、大尉に昇進した[3]。ネルソンは1971年まで陸軍に留まった[2]

ネルソンは1968年に法曹界入りし、1970年にメルボルンで弁護士を開業した。1971年にはルービン・アスキュー知事の法律アシスタントを務めた[4]

1972年にネルソンはグレース・カヴァートと結婚した。夫妻は二人の子供、ビル・ネルソン・ジュニア、ナン・エレン・ネルソンをもうけた[2]。一家はオーランド近郊のボールドウィン・パークに居住する[5]

航空宇宙局長官

2021年3月19日、ジョー・バイデンアメリカ合衆国大統領より、アメリカ航空宇宙局長官に指名される[6]


  1. ^ a b "Senator Bill Nelson" Archived 2012年3月1日, at the Wayback Machine.. Florida 4-H Hall of Fame. Retrieved 2009-12-15.
  2. ^ a b c "Biography". U.S. Senator Bill Nelson - Florida (official U.S. Senate website). Retrieved 2009-12-16.
  3. ^ a b "Bill Nelson (D-Fla.)". WhoRunsGov.com. Retrieved 2009-12-15.
  4. ^ "Bill Nelson". Washington Post:U.S. Congress Votes Database. Retrieved 2009-12-16.
  5. ^ "Florida's senior senator praises Martinez, stays quiet about possible candidates in 2010". U.S. Senator Bill Nelson - Florida (official U.S. Senate website). Retrieved 2009-12-16.
  6. ^ バイデン氏、NASA長官にネルソン氏指名 議員時代に宇宙飛行経験AFPBB News 2021年3月21日


「ビル・ネルソン」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビル・ネルソン」の関連用語

ビル・ネルソンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビル・ネルソンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビル・ネルソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS