クラリオン郡 (ペンシルベニア州) 教育

クラリオン郡 (ペンシルベニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/06 07:45 UTC 版)

教育

クラリオン郡教育学区の区分図

高等教育機関

  • クラリオン・ペンシルベニア大学

公共教育学区

  • アレゲニー・クラリオンバレー教育学区
  • アームストロング教育学区
  • クラリオン地域教育学区
  • クラリオン・ライムストーン地域教育学区
  • キーストン教育学区
  • 北クラリオン郡教育学区
  • レッドバンクバレー教育学区
  • ユニオン教育学区

郡内にある8教育学区は児童生徒数が少ない。ペンシルベニア州教育省は2019年まで着実に減り続けると予測している。クラリオン地域教育学区、クラリオン・ライムストーン地域教育学区、北クラリオン郡教育学区を合併した新しい学区でも2,500人となる。ユニオン教育学区、キーストン教育学区さらにペリー・タウンシップとリッチランド・タウンシップを合わせた新しい学区も2,000人以下となる。学区の統合で費用の掛かる事務所と管理官を削ることができる。住民にとっては税金の必要性を制御することで、管理官、雇員、教師の恩給を捻出することができるようになる。

今後10年間で児童生徒数は8%減少すると予測されている。最も減少するのは州西部であり、16%減少の可能性がある。西部の小学校では40%以上が、中等教育校では60%以上がかなりの減少が見込まれ、15%以上となっている[6]。児童生徒数が減少すれば、一人当たりの管理費用が上がり続けることになる。

ペンシルベニア州は教育学区の数が501あり、国内でも多い方の州である。教育学区の80%は児童生徒数が5,000人以下であり、40%は2,000人以下である。2007年時点で1,250人未満の教育学区が95あった[7]。その結果、管理部門が肥大化し、教育の多様化に対応できていない[8]。小さな教育学区の監督官88人を調査し、回答のあった49人の42%が、学区の統合で学校を閉鎖せずに費用を削減できると考えていた[9]

ペンシルベニア州の資産税は全国と比較して高率である。税基金に拠れば、2008年で、住宅価格に対する資産税の課税率が1.34%で国内第11位、収入に対する比率では3.55%で国内第12位だった[10]

中間管理機関

郡内の公共教育学区と私立学校は、特殊教育と職業開発を担当するリバービュー中間管理機関6号の支援を受けている。

職業訓練校

  • クラリオン郡職業訓練校、シッペンビル

私立学校

  • アレクサンダー・アーミッシュ学校 - ビーナス
  • ベアラン学校 - ノックス
  • クライスツ・ドミニオン・アカデミー - サマービル
  • クラリオン中央学校 - クライオン
  • カウンティ・コーナー - ノックス
  • ディアビュー学校 - メイポート
  • イマキュレイト・コンセプション学校 - クラリオン
  • リトルバード・プレスクール - ニューベスレヘム
  • メドウビュー・アーミッシュ学校 - ノックス
  • ニューベスレヘム・メノナイト学校 - ニューベスレヘム
  • シャディヌーク・アーミッシュ学校 - スライゴ
  • セントジョセフス学校 - ルシンダ
  • ザケラル・アーミッシュ学校 - ビーナス



  1. ^ Quickfacts.census.gov - Clarion County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Clarion, Pennsylvania - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ http://factfinder2.census.gov
  5. ^ http://mapserver.lib.virginia.edu/
  6. ^ "Research Analyzes Rural School District Enrollment and Building Capacity", The Center for Rural Pennsylvania. October 2009
  7. ^ Pennsylvania Legislative Budget and Finance Committee, Study of the Cost Effectiveness of Consolidating Pennsylvania School Districts, 2007.
  8. ^ Rendell, E. & Soderberg, M. (2009). Pennsylvania school district consolidation. 2009-10 Executive Budget Fast Facts. Pennsylvania Office of the Governor.
  9. ^ Study of the cost-effectiveness of consolidating Pennsylvania districts. New York: Standard & Poor’s School Evaluation Services. 2007, p. 6.
  10. ^ New Census Data on Property Taxes on Homeowners, Tax Foundation, September 22, 2009.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラリオン郡 (ペンシルベニア州)」の関連用語

クラリオン郡 (ペンシルベニア州)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クラリオン郡 (ペンシルベニア州)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラリオン郡 (ペンシルベニア州) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS