もうひとりのシェイクスピア 製作

もうひとりのシェイクスピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 06:54 UTC 版)

製作

企画

脚本家のジョン・オーロフは1990年代後半に脚本を書いたが、1998年に『恋におちたシェイクスピア』が公開されたため、この企画は棚上げされた[2]。それは約3000万から3500万ドルの予算で、2005年の公開を目指して "The Soul of the Age" として製作にゴーサインが出ていた。しかしローランド・エメリッヒ監督は、資金調達に難航していることを『スクリーン・デイリー英語版』に語った。2009年10月、エメリッヒは2010年3月22日より撮影を開始すると述べた[3]

2010年4月29日のスタジオ・バーベルスベルクでの記者会見にて、エメリッヒは、自分の映画の商業的成功により本企画が可能となり、自分の望んだキャスティングが出来たと述べた[4]

撮影

撮影のため、スタジオ・バーベルスベルクにてエリザベス時代のロンドンを再現する手作りのセットが70以上作られた。これらには、ローズ座の本格的なレプリカが含まれている。このほかに、CGIによってセットが強化されている[5]

関連項目

外部リンク




  1. ^ a b Anonymous (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2014年1月24日閲覧。
  2. ^ “Emmerich vs. Shakespeare! Independence Day Meets St. Crispin's Day”. Screen Daily. (2004年5月11日). http://au.movies.ign.com/articles/513/513322p1.html 2010年5月17日閲覧。 
  3. ^ “Roland Emmerich on His Shakespeare Film”. Screen Crave. (2009年10月9日). オリジナルの2011年7月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110726072737/http://screencrave.com/2009-10-09/roland-emmerich-on-his-shakespeare-film/ 2010年5月17日閲覧。 
  4. ^ Segment of April 2010 press conference
  5. ^ de Semlyen, Phil (2010年2月25日). “Roland Emmerich's Next Is 'Anonymous' About Shakespeare”. Bauer Consumer Media (Empire Online). http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=27133 2010年5月12日閲覧。 


「もうひとりのシェイクスピア」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

すべての辞書の索引



Weblioのサービス

「もうひとりのシェイクスピア」の関連用語





5
34% |||||






もうひとりのシェイクスピアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もうひとりのシェイクスピアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのもうひとりのシェイクスピア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS