霊能バトルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 霊能バトルの意味・解説 

霊能バトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 03:56 UTC 版)

霊能バトル』(れいのうバトル)は、小山田いくによる日本漫画作品。単行本は全3巻。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて連載された。主人公・芹多実男は、かつて会った初恋の少女を探しながら、いとこで霊能者である五行 彩と共に霊の起こす怪事件や怪現象を解決していく。


  1. ^ 彩がトシに掛けられた催眠術で垣間見た過去生らしきもの(あくまでも催眠術の結果であるため、事実かどうかは不明)では、彩は古代の雨乞いの生贄、タミーは呪術師か神官らしい立場だった。
  2. ^ 幽体離脱で身体は生きているのに霊体の状態で彷徨っていた。
  3. ^ 研究中に偶然できたアルカロイド物質。会社にとっては失敗作であり「タダのゴミ」だったが、飛火組は覚醒剤の代わりに利用するつもりだったらしい。


「霊能バトル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霊能バトル」の関連用語

霊能バトルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



霊能バトルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霊能バトル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS