震災倒産とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 震災倒産の意味・解説 

震災倒産

読み方:しんさいとうさん

震災影響を受けて経営破綻陥ること、震災による倒産を意味する通称阪神淡路大震災東日本大震災などの大震災関連して言及されることが多い。

震災倒産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/07 14:06 UTC 版)

震災倒産(しんさいとうさん)とは震災を原因として企業倒産するということ。特に東日本大震災では数多くの企業が震災倒産となっており、2012年3月7日の時点で倒産件数は645件、負債総額は8964億円。阪神大震災発生後の一年後と比較してみれば倒産件数は約3,3倍、負債総額は約15倍に上るとの事。建設製造宿泊での倒産件数が特に多く、今後更に増えていく見込みである[1]


  1. ^ 震災倒産645件、阪神の3.3倍 - 読売新聞 2012年3月9日


「震災倒産」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「震災倒産」の関連用語

震災倒産のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



震災倒産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの震災倒産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS