資金吸収オペとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 資金吸収オペの意味・解説 

資金吸収オペ

読み方:しきんきゅうしゅうオペ
別名:資金吸収オペレーション

日本銀行金融機関国債などを売却すること。公開市場操作1つ

資金吸収オペの主な目的は、金融市場余剰資金回収することとされている。いわゆる金融引き締め策』を実施する際に行われることが多い。

資金吸収オペには、『国債売現先オペ』、『短国売却オペ』、『手形売出オペ』などがある。

なお、公開市場操作には、『資金吸収オペ』の他に『資金供給オペ』がある。

吸収オペ

読み方:きゅうしゅうオペ
別名:資金吸収オペレーション、資金吸収オペ、売りオペレーション売りオペ
英語:fund absorption operation

各国中央銀行が、市場から資金吸収すること。公開市場操作1つで、インフレの際の金融引締め政策として行われることが多い。

吸収オペでは、中央銀行民間銀行などの金融機関債券手形売却するとされる。これにより市場通貨量が減少するため、金利上がるという効果がある。

吸収オペには、国債売現先オペ手形売出オペ短国売却オペなどがある。

ちなみに市場へ資金供給することを供給オペ資金供給オペ)という。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「資金吸収オペ」の関連用語

資金吸収オペのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



資金吸収オペのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS