膝行とは?

しっ‐こう〔‐カウ〕【膝行】

[名](スル)神前貴人の前などでひざまずき、ひざがしらをついて進退すること。


い‐ざり〔ゐ‐〕【×躄/膝行】

動詞「いざ(躄)る」の連用形から》

ひざや尻を地につけたままで進むこと。膝行(しっこう)。

足が不自由で立てない人。


い‐ざり ゐ‥ 【膝行・躄】

〔名〕 (動詞「いざる(膝行)」の連用形名詞化

① ひざやしりを地につけて、手を使って進むこと。膝行(しっこう)。

兼盛集(990頃)「あふことのかたゐざりする緑子のたたむ月にもあはじとやする」

② 足が不自由で、立って歩けない人をいった語。躄者(へきしゃ)。

*虎明本狂言三人片輪室町末‐近世初)「まづたて、いやいざりでござる


しっ‐こう ‥カウ 【膝行】

〔名〕 足を曲げ、膝をついて進退する室内作法神前または高官前に進行する膝進退座する膝退総称する。

三代実録元慶六年(882正月二日「是日天皇加元服〈略〉太政大臣進執御冠再拝膝行、跪奉天皇、膝行退本所」〔史記項羽本紀


い‐ざ・る ゐ‥ 【膝行・躄】

〔自ラ五(四)〕 (「居さる」の意。「居」はすわる、腰をおろす。「さる」は移動する)

① すわったままで移動する。ひざをついたり、しりを地につけたままの姿勢で進む。膝行(しっこう)する。

宇津保(970‐999頃)楼上下「そちの君三尺几帳ひきそへていざりいでたり」

たまきはる(1219)「御障子(さうじ)の御あとへいでさせおはしますとて、やをらいさりて」

② すわる。坐す。〔物類称呼(1775)〕

③ 船が、浅瀬船底をすらせながら、のろのろ進む。

土左(935頃)承平五年二月九日「ふねをひきつつのぼれども、かはのみづなければ、ゐざりにのみぞゐざる」

④ 物が、置かれた場所からずれて動く。

俳諧崑山集(1651)五「むつき過春はいざるや夏木立

俳諧炭俵(1694)冬「干物日向(ひなた)の方へいざらせて〈利牛〉」


膝行

読み方:イザリ(izari)

膝や尻をついて移動すること


膝行

読み方:シッコウ(shikkou)

神前貴人の前で、ひざまずいて進退すること




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「膝行」の関連用語

膝行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



膝行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS