腫瘍免疫とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 免疫 > 腫瘍免疫の意味・解説 

腫瘍免疫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/03 19:28 UTC 版)

腫瘍免疫(しゅようめんえき、英:Tumor Immunity)とは細胞に対する免疫機構である。癌細胞は自己の細胞の遺伝子に変異が生じることによりできたものであるにもかかわらず、宿主の免疫機構による認識を受け、排除される。腫瘍免疫には自然免疫系と獲得免疫系の両方が関与しており、腫瘍の成長を抑制する。


  1. ^ Shankaran V, Ikeda H, Bruce AT, White JM, Swanson PE, Old LJ and Schreiber RD.(2001)"IFNgamma and lymphocytes prevent primary tumour development and shape tumour immunogenicity."Nature. 410,1107-11. PMID 11323675


「腫瘍免疫」の続きの解説一覧



腫瘍免疫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「腫瘍免疫」の関連用語

腫瘍免疫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



腫瘍免疫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの腫瘍免疫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS