汗取りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > 下着 > 汗取りの意味・解説 

あせ‐とり【汗取り】

汗を吸い取らせるために着ける肌着。《 夏》「—や弓に肩ぬぐ袖のうち/太祇


あせ‐とり【汗取】

〔名〕

直接につけて着て、上衣に汗のしみるのを防ぐ肌着。汗取りの帷(かたびら)、汗襦袢(あせジュバン)、汗はじき、四つ手の類。近世には、白い紙縒(こより)を編んだものも用いた。《季・夏

大鏡(12C前)四「何をもおしやりて、あせとりばかりにてさぶらはせ給ひけるこそ」

② =あせてぬぐい汗手拭

雑俳柳多留‐三(1768)「汗とりで頭をつつむやかたもの


あせと(汗取)り

汗取り
馬の太目残り解消するため、日が昇ってから馬に毛布をかけ、その上に鞍を置いて調教をすること。かく汗の量が増え、太目の解消効果がある。また、騎手減量するためにサウナ風呂調教ルーム内にある)に入ること、という意味もある。



汗取りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「汗取り」の関連用語

汗取りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



汗取りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2022 Japan Racing Association.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS