汁谷町とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 地名 > 汁谷町の意味・解説 

汁谷町

読み方:シルタニチョウ(shirutanichou)

所在 愛知県名古屋市千種区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒464-0013  愛知県名古屋市千種区汁谷町

汁谷町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/05 07:35 UTC 版)

汁谷町(しるたにちょう)は、愛知県名古屋市千種区地名。丁目は設定されていない[2]住居表示未実施[6]




  1. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 729.
  2. ^ a b 愛知県名古屋市千種区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2016年1月29日閲覧。
  3. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  6. ^ 名古屋市役所市民経済局地域振興部住民課町名表示係 (2015年10月21日). “千種区の町名一覧” (日本語). 名古屋市. 2016年1月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1466.
  8. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 105.
  9. ^ 名古屋市計画局 1992, p. 730.
  10. ^ a b 名古屋市総務局統計課 1977, p. 41.
  11. ^ a b 名古屋市総務局統計課 1986, p. 14.
  12. ^ 名古屋市総務局企画部統計課 1991, p. 6.
  13. ^ 名古屋市総務局企画部統計課 1996, p. 7.
  14. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2005年7月1日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成12年国勢調査) (8)千種区(第1表から第3表) (xls)” (日本語). 2015年10月15日閲覧。
  15. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2007年6月27日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成17年国勢調査) (8)千種区(第1表から第3表) (xls)” (日本語). 2015年10月15日閲覧。
  16. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2012年4月22日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成22年国勢調査) (8)千種区(第1表から第3表) (xls)” (日本語). 2015年10月15日閲覧。
  17. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2017年7月7日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成27年国勢調査) (1)千種区(第1表から第3表) (xls)” (日本語). 2018年3月7日閲覧。
  18. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  19. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  20. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)


「汁谷町」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「汁谷町」の関連用語

汁谷町のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



汁谷町のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2020 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの汁谷町 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS