毛知比神社とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 大津歴史事典 > 毛知比神社の意味・解説 

毛知比神社

読み方もちひじんじゃ

三丁目にある。祭神日本武尊やまとたけるのみこと)。伝えでは天平宝字元年757)、瀬田建部大社別宮としてまつられたのが始まりという。この時、日本武尊保食神うけもちのかみ)をまつり、地元人々が餅をついて献上したことから、もちいの宮と称されたのが社名由来伝える。

交通アクセス

JR石山駅から帝産湖南バス田上車庫枝下車、徒歩3分

毛知比神社


毛知比神社

読み方:モチヒジンジャ(mochihijinja)

教団 神社本庁

所在 滋賀県大津市

祭神 日本武尊 ほか

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「毛知比神社」の関連用語

毛知比神社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



毛知比神社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS