毛皮を着たヴィーナスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 毛皮を着たヴィーナスの意味・解説 

毛皮を着たヴィーナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/10 02:53 UTC 版)

毛皮を着たヴィーナス』(原題:Venus im Pelz)は、「小ロシアツルゲーネフ」と謳われた[2]ウクライナ出身の小説家マゾッホが、1871年に書いた中編小説。彼の代表作であり、そこには「マゾヒズム」の開花が見てとれる[3]。ポルノグラフィカルな性愛小説とみなされがちであるが、ドゥルーズは本作を「ポルノロジー」という、より次元の高いジャンルで扱うことを求めた[4]


  1. ^ VP p.16
  2. ^ (ドゥルーズ、1998年)pp.14
  3. ^ (種村、1983年)p.230
  4. ^ (ドゥルーズ、1998年)pp.26-27
  5. ^ VP pp.138-139
  6. ^ (種村、1983年)p.230
  7. ^ (平野、2004年)p.19
  8. ^ (種村、1983年)p.232
  9. ^ (平野、2004年)p.43
  10. ^ 「揺籠の中にいる時分から私は古代美術の複製品に取り囲まれていました」
    VP p.39
  11. ^ (平野、2004年)pp.23-25
  12. ^ (平野、2004年)pp.33
  13. ^ (ドゥルーズ、1998年)pp.44-45
  14. ^ VP p.73
  15. ^ VP p.74
  16. ^ ドゥルーズは本作がサディズム的主題でしめくくられたとする。
    (ドゥルーズ、1998年)p.64
  17. ^ (ドゥルーズ、1998年)p.30
  18. ^ (ドゥルーズ、1998年)p.29
  19. ^ (ドゥルーズ、1998年)p.14
  20. ^ VP p.100
  21. ^ (ドゥルーズ、1998年)pp.60-64
  22. ^ (平野、2004年)p.14


「毛皮を着たヴィーナス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「毛皮を着たヴィーナス」の関連用語

毛皮を着たヴィーナスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



毛皮を着たヴィーナスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの毛皮を着たヴィーナス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS