文部大臣_(日本)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 文部大臣_(日本)の意味・解説 

文部大臣 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/10 05:33 UTC 版)

文部大臣(もんぶだいじん)および前身の文部卿(もんぶきょう)は、教育行政を担う日本の行政機関として設置されていた文部省明治4年7月18日1871年9月2日〉から2001年〈平成13年〉1月5日まで)の長である。略称は文相(ぶんしょう)。大臣の職掌、文部省については、文部省の記事を参照のこと。


[ヘルプ]
  1. ^ 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. ^ 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. ^ 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。日本国憲法施行前は任命によって1代と数え、施行後は組閣ごとに1代と数える。ただし、内閣改造を経て留任する場合は1代と数えない。なお、文部科学省のサイトとは数え方が異なる。
  4. ^ 田中の文部大輔在任期間は、1874年9月27日 - 1880年3月15日。
  5. ^ 『官報』第1688号、明治22年2月18日。


「文部大臣 (日本)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文部大臣_(日本)」の関連用語

文部大臣_(日本)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



文部大臣_(日本)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文部大臣 (日本) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS