大学COC事業とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 大学COC事業の意味・解説 

大学COC事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/08 09:49 UTC 版)

大学COC事業(だいがくCOCじぎょう)は、日本文部科学省が国内の大学を対象として、「地域社会との連携強化による地域の課題解決」や「地域振興策の立案・実施を視野に入れた取り組み」をバックアップする施策。"COC"は"Center of Community"の頭文字を取った略語で、「地(知)の拠点整備事業」とも称される[1]。2013年度より開始され、補助期間は最大5年間とされた。


  1. ^ 地(知)の拠点整備事業について - 文部科学省パンフレット(2013年、PDFファイル)
  2. ^ 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)事業説明会資料 - 文部科学省資料(2015年、PDFファイル)


「大学COC事業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大学COC事業」の関連用語

大学COC事業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大学COC事業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大学COC事業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS