園田多祐とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 園田多祐の意味・解説 

園田多祐

読み方そのだ たすけ

幕末明治名士地方功労者丹波生。名は定業、字は成功、抱甕と号す。家は代々大庄屋篠山藩用達を奉じた。維新後区長県会議員等を歴任公共事業尽力丹波多紀・氷上両郡を結ぶ坂随道開通など多く功績を残した。藍綬褒章受章明治32年(1899)歿、70才。

園田多祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/26 10:57 UTC 版)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「園田多祐」の関連用語

園田多祐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



園田多祐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの園田多祐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS