使い料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > > 使い料の意味・解説 

つかい‐りょう〔つかひレウ〕【使い料】

使用するためのもの。「自分の使い料にする」

使用料


つかい‐りょう つかひレウ 【使料・遣料】

〔名〕

使用供するためのもの。しりょう使用(つかいよう)。

② 物や場所の利用代として支払われる金。使用料

政談1727頃)二「其運上は其大名の遣ひ料となり、又は借金の方へ振向て有也」

中世荘園使者派遣に要した費用として、徴収する米銭

高野山文書文永八年(1271)六月一七日神野真国猿川三ケ庄官連署起請文「一、使料事 右称犯過、付使之剋、無実之条、忽雖顕然、号使料勘責




使い料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

使い料のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



使い料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS