世の常とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(空間) > 世の常の意味・解説 

よ‐の‐つね【世の常】

世間よくあること。「二度あることは三度あるのが世の常だ」

ごく普通であること。

大きさは先(まず)、—のほどでもございましょうか」〈芥川地獄変


よ【世】 の 常(つね)

① 特別ではなく、ごく普通であること。また、そのような時。一とおり世間並み平常平素尋常

万葉(8C後)八・一四四七「尋常(よのつね)に聞く苦しき呼子鳥なつかし時にはなりぬ」

(10C終)三五中納言法師になり給ひにしこそあはれなりしか。などちりぬるも、なほ世のつねなりや」

② (言葉などが平凡すぎて、事態を十分に表現できない意から) …というのでは不十分。…どころではないさま。おろか。

源氏100114頃)「ただ、それなる御有様に、あさましとは、よのつね也」


よ‐の‐つね【世常】

⇒よ(世)の常


世の常

作者那須正幹

収載図書少年ブルース
出版社偕成社
刊行年月1993.1
シリーズ名偕成社文庫




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世の常」の関連用語

世の常のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世の常のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS