一倡三歎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 一倡三歎の意味・解説 

いっしょう‐さんたん〔イツシヤウ‐〕【一唱三嘆/一×倡三×歎】

礼記「楽記」から。一人が歌うと三人がこれに和して歌う意》一度詩文を読んで、何度も感嘆すること。すぐれた詩文などをほめるのに用いる。一読三嘆


一倡三歎

読み方:イッショウサンタン(isshousantan)

詩文をほめるときのことば。

別名 一唱三嘆




一倡三歎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一倡三歎」の関連用語

一倡三歎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一倡三歎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 Weblio RSS