リポアトロフィーとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > エイズ用語 > リポアトロフィーの意味・解説 

リポアトロフィー

Lipoatrophy

脂肪萎縮」を参照。

《参照》 脂肪萎縮


リポアトロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/02 15:59 UTC 版)

リポアトロフィー: Lipoatrophy)とは、局所の脂肪組織が失われる病態を指す。糖尿病治療のためにインスリンを皮下注射した部位や、多発性硬化症治療目的にグラチラマーを注射した部位、ヒト成長ホルモンを皮下注射した部位などに見られることがある。グラチラマーの場合、投与部位に小さな凹みが目視できる[1]。リポアトロフィーはHIVのHAART療法副作用として生ずるHIVリポジストロフィー症候群英語版の一症状としても見られる[2]


  1. ^ “Lipodystrophy reactions to insulin: effects of continuous insulin infusion and new insulin analogs”. American journal of clinical dermatology 8 (1): 21–8. (2007). doi:10.2165/00128071-200708010-00003. PMID 17298103. 
  2. ^ Barbaro G (2007). “Visceral fat as target of highly active antiretroviral therapy-associated metabolic syndrome”. Curr. Pharm. Des. 13 (21): 2208–13. doi:10.2174/138161207781039661. PMID 17627554. 


「リポアトロフィー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リポアトロフィー」の関連用語

リポアトロフィーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リポアトロフィーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリポアトロフィー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS