ベックウィズ‐ヴィーデマン症候群とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > ベックウィズ‐ヴィーデマン症候群の意味・解説 

ベックウィズ‐ヴィーデマン症候群

【仮名】べっくうぃず-ヴぃーでまんしょうこうぐん
原文Beckwith-Wiedemann syndrome

過剰成長起こすまれな障害で、新生児段階体格大きく、さらに低血糖になる場合もある。この他にも巨舌症内臓の腫大、臍付近腹壁欠損などの症状がよくみられる。ベックウィズ‐ヴィーデマン症候群の患者では、特定のがん、特にウィルムス腫瘍発生リスクが高くなる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベックウィズ‐ヴィーデマン症候群」の関連用語

ベックウィズ‐ヴィーデマン症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヘッセア・ゼリヘリ

河骨図鐔

山口線のSL

井口 豊秀

WS004SH

ホンドギツネ

USBメモリ

磐城小川江筋





ベックウィズ‐ヴィーデマン症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2018 Weblio RSS