ハタガネとは?

ハタガネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/20 03:20 UTC 版)

日本古来木工締め具家具箱作り、ふすまや障子作り使用される。「旗金」とも表記され「締ハタ」とも言われる機構F型クランプ似ているが、F型比べて相当開口幅が広くフトコロが浅い。使用時には木材反り狂いを防ぐ為、奇数丁を表裏互い違い取付ける事が重要である。小型から大型まで豊富なサイズがあるが450ミリメートルサイズ一般的である。

※この「ハタガネ」の解説は、「クランプ (工具)」の解説の一部です。» 「クランプ (工具)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハタガネ」の関連用語

ハタガネのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハタガネのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクランプ (工具) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS