カツブシとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 東京方言 > カツブシの意味・解説 

かつ‐ぶし【×鰹節】


カツブシ

東京方言意味・用例
カツブシ鰹節

鰹節

(カツブシ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 17:54 UTC 版)

鰹節(かつおぶし)は、カツオを煮熟してから乾燥させた日本保存食品。なお、おかかは鰹節または削り節のことを指す[3]


  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ 三省堂. “おかか”. 大辞林 第三版. エキサイト. 2015年8月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an 第5節ふし類”. 鹿児島県水産技術開発センター. 2020年11月25日閲覧。
  5. ^ 第15回 平成28年度 遺跡調査報告会資料是川縄文館 2017年10月25日閲覧
  6. ^ a b 伝統食材“鰹節””. www.katsuobushi.or.jp. 一般社団法人日本鰹節協会. 2020年6月2日閲覧。
  7. ^ 宮下章 『鰹節』 法政大学出版局
  8. ^ “発酵”. 東京人 (都市出版) 321. (2013-02-03). 
  9. ^ a b 屋久島は実際は薩摩国ではなく、大隅国に属する。
  10. ^ 山本おさむそばもん ニッポン蕎麦行脚 第8巻』小学館、2011年。ISBN 978-4-09-184273-2 より「出汁のあれこれ」。
  11. ^ a b c かつおぶし・削りぶしの製造における多環芳香族炭化水素類(PAHs) の低減ガイドライン (第1版) 全国削節工業協会 かつお節安全委員会 2015-12-03閲覧 (PDF)
  12. ^ a b c 笠根岳、岡田美緒、遠藤英明、任恵峰、活性炭によるかつお節加工残滓熱水抽出液中の多環芳香族炭化水素類(PAHs)の除去 日本水産学会誌 Vol.81 (2015) No.5 p.826-835, doi:10.2331/suisan.81.826
  13. ^ “時事ドットコム:EUに「万博特例」要請=かつお節、フグ持ち込めず-ミラノ博の和食提供・政府”. 時事ドットコム (時事通信社). (2014年12月9日). オリジナルの2014年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/l564e 2015年12月3日閲覧。 
  14. ^ “仏で初のかつお節工場操業 鹿児島・枕崎の組合”. 日本経済新聞. (2016年9月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01HFU_S6A900C1CR0000/ 
  15. ^ “焼津の新丸正、EUにかつお節輸出”. 日本経済新聞地域ニュース(東海). (2017年2月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB15HDG_V10C17A2L61000/ 
  16. ^ “ヤマキ、インドネシアからかつお節独占調達 年500トン”. 日本経済新聞地域ニュース(四国). (2016年7月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05297440W6A720C1LA0000/ 
  17. ^ 韓国に初の削り節製造子会社を設立”. ヤマキ(プレスリリース). 2017年5月10日閲覧。
  18. ^ a b 五百藏良、西念幸江、三舟隆之. “古代の調味料としての鰹色利”. 東京医療保健大学. 2020年11月27日閲覧。
  19. ^ 軟水と硬水について株式会社コスモライフ
  20. ^ 硬水・軟水で料理の味が変わる 味博士の研究所
  21. ^ 軟水、硬水はどのように使い分けされているのでしょうか。 日本ミネラルウォーター協会


「鰹節」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カツブシ」の関連用語

カツブシのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カツブシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鰹節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS