日経スペシャル カンブリア宮殿 スタッフ

日経スペシャル カンブリア宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/15 16:35 UTC 版)

スタッフ

  • 構成:折戸泰二郎、佐藤公彦、鍋田郁郎、福住敬
  • 美術監督:種田陽平(以前はコンセプトデザイン)
  • スタジオ演出:滝田務、大沢理恵、阿部欣司、俵口和浩、石川巧
  • FD:岩永岳大
  • AP:本橋良子、杉田郁子
  • AD:羽山綾香、青木あゆみ、岩野直人、曽山奈美、小川泰祐、和田晋太郎、吉田たくや(吉田拓也)、久永慎也、金田捷男、竹田貴博、安田伊織、森井夕貴、浅田浩揮、澤田奈央、江藤瞳、森下未季、瀬川哲朗、廣海舞、國貞拓朗、岡本侑大、森口青、足立力也、磯部隼、江刺峻諒
  • ディレクター:宮城達也、松下元、伊セ 徹、江藤正行、柴田芳浩、高瀬綱平、永田純、島田豊、高垣圭介、植木浩美、俵口和浩、柳瀬由紀子、阿部裕、川上智、浅井晃枝、渡邊朝也、加藤健、大島伸司、荒井和彦、池口秀樹(以前は、AD)、東坂卓哉、市丸信也、浜田吉識、若林源太、竹田晋也、矢島靖(プロデューサー兼務)、仁茂田哲郎、鈴木健太、野口智之、橋詰圭太、刈賀雅孝、澤田賢一、原義史、片岡賢蔵、土屋淳、大小田直貴、福田玲音、野口亮太郎、市丸達也、鈴木慶昭、小川泰祐、古井大嗣
  • プロデューサー:内藤陽一、高橋貞彦、こもだ義邦、平林京子、福田晴雄、古市礼子、井上裕次、大野智(以前は、ディレクター)、斉藤直宏、山本充、根本宏行、矢島靖、藤田修平(以前は、AP)、宮崎敬士、小泉哲朗、阿部謙一郎、松井秀裕、徳光崇臣(以前は、ディレクター)、當眞嗣朗、白土朗、加藤正寿、小松澤恭子
  • チーフプロデューサー:大久保直和
  • 技術協力:TXBBテクノマックス映広、グリップアソシエイト、ウインクツー
  • 企画協力:前田章利、村上龍事務所、JMM
  • 制作協力:日経映像トップシーンProtx、アングルライン、シャッフル、ALIVE、ローリング、メディアジャパン、ダイジョブス、メディア・メトル、VlSlON、JlN-NET
  • 協力:日本経済新聞社
  • 製作著作:テレビ東京

過去のスタッフ

  • チーフプロデューサー:平井裕子、鈴木宏昭(共に以前は、プロデューサー)
  • 統括プロデューサー:福田一平、飯田謙二、福田裕昭、深谷守
  • プロデューサー:中川尚嗣、和田佳恵、清水昇、鈴木亨知
  • 演出:和田圭介
  • 企画協力:池上司・井口高志(電通

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 字幕は、村上の声が黄色、小池の声が水色、その他の出演者の声が白で表示される。
  2. ^ 2012年3月1日以降は、次回予告(他の楽曲に差し替えもあり)と、番宣CM、およびガイアの夜明け放送後のスポットCMのみで使用。
  3. ^ これは『日経スペシャル』ではないが、テレビ東京では関連番組として扱っていた。
  4. ^ 第1回作品は『モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語』。ORICON STYLE:テレ東月曜10時にドラマ枠新設
  5. ^ 2011年11月17日放送分は「日本シリーズ第6戦 『中日福岡ソフトバンク』戦」の中継延長の為、22:26 - 23:20の放送。
  6. ^ 2010年4月5日ネット開始。
  7. ^ 当初は不定期放送だったが、2010年9月28日にレギュラー放送開始。2014年3月までの放送時間は火曜 0:58 - 1:58(月曜深夜)であった。
  8. ^ 以前は火曜 15:55- 16:53。
  9. ^ 当初は不定期放送。2015年7月25日から2016年1月16日までは土曜 14:00 - 14:54に放送していたが、再び不定期放送となった。同年10月15日から現在の時間でレギュラー放送を再開した。
  10. ^ 16:00まで放送する場合あり。
  11. ^ 2010年4月3日放送開始、同年9月まで土曜 12:00 - 12:55に放送していた。
  12. ^ かつては水曜 21:00 - 21:54に遅れネットしていた。その後、日曜 20:00 - 20:54に遅れネットしていた。
  13. ^ 2010年11月28日にレギュラー放送開始。それ以前も単発で放送。
  14. ^ 前者はさいさいグループ、後者はエイトワン。
  15. ^ テレビ東京でのオンエア後に突如社長を辞任したため、BSジャパンでは松浦元男(樹研工業社長)氏の分が再放送された。
  16. ^ 小池栄子は欠席。番組内では欠席の理由を「スケジュールの都合」とされた。代理としてテレビ東京アナウンサーの大江麻理子が担当。(放送当時、小池は、ライバル企業であるライオンの「ビトイーンMaxi」のCMに出演していた)
  17. ^ 番組内のVTRの中で新庄市職員の不適切発言が問題になりBSジャパンの再放送では当該部分をカットして放送。
  18. ^ a b 小池栄子は欠席。番組内では欠席の理由を「お仕事の都合」とされた。代理としてテレビ東京アナウンサーの松丸友紀が担当。小池は、ライバル企業であるコジマのイメージキャラクターを務めている。
  19. ^ 小池栄子は当時、ライバル企業であるダイハツ工業タント」のCMに出演していたが、今回は番組に出演した。
  20. ^ a b 2回に分けての放送。小池栄子は欠席。代理としてテレビ東京アナウンサーの松丸友紀が担当。2009年3月2日の放送では欠席の理由を「都合により」とされたが、2009年4月6日の放送では続編ということで欠席の理由の説明はなかった。小池はライバル企業であるダイハツ工業「タント」のCMに出演している(同じく鈴木が出演した12月21日の放送時点ではCM放映がされていない期間だった)。
    また、静岡県内企業ということで、普段ネットしていないテレビ静岡が2009年6月7日と6月14日の14:00 - 放送した。
  21. ^ a b c d 2週連続での放送。
  22. ^ a b 200回記念企画の実質的な第3弾で、孫正義特集の第1弾と第2弾。事前の孫氏への質問募集、番組収録のUstreamでの生中継が実施された。また、これにあわせて、番組公式Twitterが開設された。
  23. ^ 前回は2週連続で放送された孫正義特集の第3弾。
  24. ^ 吉本興業所属タレント・芸人もVTR出演して、大崎との逸話などを話していた。
  25. ^ 岐阜放送では岐阜県内でのライバル銀行である十六銀行とその関連会社が提供していたが、前回11月3日放送分を持って降板し、スポンサードを同時期に開始した『日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜』に移動した。

出典








固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日経スペシャル カンブリア宮殿に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日経スペシャル カンブリア宮殿」の関連用語

日経スペシャル カンブリア宮殿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シオン

ブレイシング

テテドモア

リトル・ピクチャー

伊豆大島

胡麻竹

フラワーライト

モンテカルロ・シミュレーション





日経スペシャル カンブリア宮殿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日経スペシャル カンブリア宮殿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS