phencyclidineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > phencyclidineの意味・解説 

フェンシクリジン

分子式C17H25N
その他の名称:エンゼルダスト、フェンシクリジン、HOG、CI-395、PCPanesthetic】、Angel dust、Phencyclidine、1-(1-Phenylcyclohexyl)piperidine、CL-395、PCP麻酔薬】、1-Phenyl-1-piperidinocyclohexane、フェンサイクリジン、フェンシクリン、Phencycline
体系名:1-(ピペリジン-1-イル)-1-(フェニル)シクロヘキサン、1-(1-フェニルシクロヘキシル)ピペリジン、1-フェニル-1-ピペリジノシクロヘキサン


フェンシクリジン

薬物フェンシクリジン
英名phencyclidine
化合物名or商品名
分子式C17H25N
分子データ
用途麻酔剤鎮痛剤
副作用
胎,授乳児への影響安全度
備考人及び家畜に用いる
融点46~46.5
沸点135137
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

フェンサイクリジン

(phencyclidine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/10 20:56 UTC 版)

フェンサイクリジン(フェンシクリジン、英語: Phencyclidine略称: PCP)は、ベンゼンシクロヘキサンピペリジンが結合したアリルシクロヘキシルアミン系の静脈注射することによって作用を発揮する解離性麻酔薬である。俗にエンジェルダストと呼ばれる。


  1. ^ “Chapter 15: Reinforcement and Addictive Disorders”. Molecular Neuropharmacology: A Foundation for Clinical Neuroscience (2nd ed.). New York: McGraw-Hill Medical. (2009). pp. 374–375. ISBN 9780071481274. "Phencyclidine (PCP or angel dust) and ketamine (also known as special K) are structurally related drugs that are classified as dissociative anesthetics. These drugs are distinguished from other psychotomimetic agents, such as hallucinogens, by their distinct spectrum of pharmacologic effects, including their reinforcing properties and risks related to compulsive abuse ... The reinforcing properties of PCP and ketamine are mediated by the binding of these drugs to specific sites in the channel of the NMDA glutamate receptor, where they act as noncompetitive antagonists. PCP is self-administered directly into the NAc, where its reinforcing effects are believed to result from the blockade of excitatory glutamatergic input to the same medium spiny NAc neurons inhibited by opioids and dopamine" 
  2. ^ a b Riviello, Ralph J. (2010). Manual of forensic emergency medicine : a guide for clinicians. Sudbury, Mass.: Jones and Bartlett Publishers. pp. 41–42. ISBN 9780763744625. https://books.google.ca/books?id=keng9ELAE2IC&pg=PA41. 
  3. ^ a b c d レスター・グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ-向精神物質の科学と文化』 杵渕幸子訳、妙木浩之訳、工作舎、2000年。ISBN 978-4875023210。62-65頁。Psychedelic Drugs Reconsidered, 1979
  4. ^ 麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令(平成二年八月一日政令第二百三十八号) 総務省
  5. ^ a b c Seeman P, et al. (2005-9). “Dopamine receptor contribution to the action of PCP, LSD and ketamine psychotomimetics.”. en:Molecular Psychiatry. 10 (9): 877-83. doi:10.1038/sj.mp.4001682. PMID 15852061. http://www.nature.com/mp/journal/v10/n9/full/4001682a.html. 
  6. ^ Seeman P, et al. (2009-8). “Dopamine D2High receptors stimulated by phencyclidines, lysergic acid diethylamide, salvinorin A, and modafinil.”. en:Synapse. 63 (8): 698-704. doi:10.1002/syn.20647. PMID 19391150. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/syn.20647/abstract. 
  7. ^ 薬物依存の神経機序の発見:幻覚剤のドーパミン神経への作用は、慢性投与の結果、抑制から興奮に転換する(2014年2月21日) 自治医科大学医学部 - 2016年12月13日閲覧
  8. ^ a b Petersen RC, Stillman RC., ed (1978-8). “The phencyclidine psychosis: phenomenology and treatment.”. Phencyclidine (PCP) Abuse: An Appraisal. (Rockville, Maryland.: en:National Institute on Drug Abuse.). https://archives.drugabuse.gov/pdf/monographs/21.pdf. 
  9. ^ a b フェンサイクリジン作用機序におけるGluN2Dサブユニットの役割 東京都精神医学総合研究所 - 2016年12月13日閲覧
  10. ^ 統合失調症様行動の評価法(2007) 日本薬理学雑誌 - 2016年12月13日閲覧
  11. ^ フェンシクリジン誘発精神分裂病陰性症状動物モデルの神経精神薬理学的研究 日本薬学会 - 2016年12月25日閲覧
  12. ^ 精神分裂病モデル動物としてのフェンサイクリジン投与ラット脳の超微形態 日本学術振興会(JSPS) - 2016年12月25日閲覧
  13. ^ 統合失調症モデル動物:陰性症状の評価法(2013-4) 日本神経精神薬理学会 - 2016年12月25日閲覧
  14. ^ 薬効薬理試験 » 中枢神経系関連 » 統合失調症 日本バイオリサーチセンター - 2016年12月25日閲覧


「フェンサイクリジン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

phencyclidineに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「phencyclidine」の関連用語

phencyclidineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山国川

W62K

アオハダ

キビナゴ

ターボ符号誤り訂正LSI

2000形

LR-1

軌道用モーターカー





phencyclidineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェンサイクリジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS