DoPaとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > DoPaの意味・解説 

ドーパ [1] 【DOPA】 〔dihydroxyphenylalanine〕


DOPA


L‐ドーパ

分子式C9H11NO4
その他の名称:レボドパレボドーパ、Levodopa、(-)-3-Hydroxy-L-tyrosine、ドパルル、ドパール、ラロドパ、ドパストン、Dopasol、Larodopa、Dopaston、Doparl、ドパソール、ドパゾール、ビオドパ、ベンドパ、(-)-ドーパ、L-ドーパ、デアドーパ、ブロカドパ、Insulamina、Helfo dopa、ドパリナ、L-Dopa、Dopa、Dopar、Dopaflex、Dopalina、(-)-Dopa、Eldopal、Deadopa、DA、インスラミナ、エルドパール、ラロドーパ、Brocadopa、Biodopa、Bendopa、Doprin、Dopastral、ドパフレックス、ドーパ、ドパルキン、ドパストラール、ヘルホドーパ、ドプリン、レドーパ、パルドーパ、ベルドーパ、Pardopa、Levopa、Leodopa、Ledopa、Ro-4-6316、Veldopa、(-)-3,4-Dihydroxy-L-phenylalanine、(-)-3-(3,4-Dihydroxyphenyl)-L-alanine、3,4-Dihydroxy-L-Phe-OH、3,4-Dihydroxy-L-phenylalanine、3,4-Dihydroxyphenylalanine、3-Hydroxy-L-tyrosine、DOPA、ドパイダン、Dopaidan、L-DOPA、ジヒドロキシフェニルアラニン、Dihydroxyphenylalanine、3-Hydroxytyrosine、(2S)-2-Amino-3-(3,4-dihydroxyphenyl)propanoic acid、Doparkine
体系名:(S)-2-アミノ-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)プロパン酸、3,4-ジヒドロキシ-L-Phe-OH、(2S)-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-アミノプロパン酸、(S)-α-アミノ-3,4-ジヒドロキシベンゼンプロパン酸、(S)-2-アミノ-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)プロピオン酸、3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-L-アラニン(-)-3-ヒドロキシ-L-チロシン(-)-3,4-ジヒドロキシ-L-フェニルアラニン(-)-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-L-アラニン、3,4-ジヒドロキシ-L-フェニルアラニン、3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン、3-ヒドロキシ-L-チロシン、3-ヒドロキシチロシン、(2S)-2-アミノ-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)プロパン酸


ドーパ


DoPa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/17 00:34 UTC 版)

DoPa(ドゥーパ)は、かつて日本携帯電話会社NTTドコモが提供していた第2世代の携帯電話を使った通信である、PDC (Personal Digital Cellular) 方式のパケット通信の名称である。Docomo Packetの略。






「DoPa」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

DoPaに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DoPa」の関連用語

DoPaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

北村桂香

シマウシノシタ

バナナプラグ

PC-9821V7/V10

クズレ沢斜路工

ハリアー ハイブリッド

松か井の水

W65T





DoPaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDoPa (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS